まんまるののんびり日記

ピアノレッスン6年目に突入しました~。大人のピアノなのでのんびり楽しく練習しています。

Entries

本日のコード・ブルーもツッコミどころ満載♪


今日も私の勝手な感想書いちゃいます。
色々な内容てんこ盛りのコード・ブルーでしたね。

まずはいきなり藤川先生&冴島ナース結婚!
あっさり結婚しちゃった。
あんなに仕事にこだわって子供を産むか迷っていた冴島ナースも「現場やお腹の子供のことも考えてヘリを降りることにしました」と笑顔でみんなにご挨拶。

それはいいんだけど…
前回シアン化合物中毒になって意識不明状態だった妊娠初期の冴島さん!
お腹の赤ちゃんへの影響は大丈夫なんですか~~~!


そこ誰も考えないの?なんで?と思っていたら次回予告でぶっ倒れてる冴島ナースの姿が。
流産フラグなんだろうか・・・。嫌な展開だな。(←勝手な私の予想です)

とにかくいろんなエピソードがてんこ盛りで忙しいのですが…。
よかったのは橘先生&三井先生と息子さんのお話かな。
心臓移植を待つ息子さんのことを思いながらすれ違ってるように見える夫婦。
でもどちらも子供を思っていて、3人で花火を見ているシーンは泣きそうになりました。

やっぱり橘先生こと、椎名桔平はカッコイイわ~。

救急のシーンで若手ナースで1人生意気そうな子がいるけど、とにかくやたらつんけんしていて、自分は優秀だと言わんばかりの態度。
一体どういうナースになりたいのだろう?
子供が大けがして動揺している母親に思いっきり冷たい視線で何も言わないし…。
なんでナースになりたいって思ったのかなあ?

そして、1番のツッコミどころは脳腫瘍のオペを拒否しているピアニスト志望の10代の女の子の患者に対して藍沢先生、「後遺症が出てもリハビリをすればいい。君ならきっと元のようにピアノを弾けるようになる」と説得。

ちょっと待って~!
そんな保証のないことを言ったら怒られますよ。
リスクをきちんと説明しないと!


って思ってたらあとで脳外の同僚の新海先生がそこ突っ込んでた。
そしたら「あとで嘘つきとののしられても代償を払うことになっても、命を救える方法があるならそれで患者の命が助かる方がいい」って。
う~ん。そこまでの覚悟があって確信的に言ったのねえ。でもやっぱまずいよ、期待を持たせるようなことを言うのは。
脳外のオペの後遺症で手に障害が残ればピアニストになれる可能性はほぼ0でしょう。
だからこそその女の子もオペを嫌がってたわけで。
新海先生、藍沢先生の言葉を聞いて「いつから医者は患者に大丈夫ですって言えなくなったんだろうな」
そうね、今は安易に「大丈夫」なんて言えないし、「私、失敗しませんから」とか、うまく手術が終わったって直後に「成功しました」なんて言う医者はいないと思います。
術後の合併症や後遺症が出る可能性もあるし、術後はどんなトラブルが起こるか分かりません。
リスクを説明しておかないとあとで患者さんや家族に不信感を持たれたり、トラブルになるので。

それに「先生が手術して」と藍沢先生をご指名してたけど、今は救命にいる藍沢が他の脳外の医者を差し置いて執刀できるのかなあ?普通はないな。

今回はそこそこ緊迫した医療シーンがありました。
でもやっぱり違和感。
首にBBQの串が刺さった子供のオペしてるシーンとか、若い人だけでやってるし。
主演の山Pはじめ、同期の医者もまだ若いし、もう少し中堅の医者がいないと現実味が…。

それに、フェローの3人の存在感が薄い。
これからまだ出てくるのかもしれないけど、正直どうでもいい存在なのよね、今のところ。
あまりにも医者っぽくなさ過ぎて。
医学生レベルだよね。過去シーズンのフェローも未熟だったけど、それに比べてもひどすぎ。

それにしても緋山先生といい雰囲気になってた頚髄損傷の患者さん、まさかの奥さん登場!
独身だと思ってたのに。
緋山先生、彼に惹かれてるみたいだったのにな。

なんかいろんな話が混在してて取っ散らかってる感じもしないでもないけど、海外のERとかシカゴメッドとかもそんな感じで展開してたしな~と思ったり。

今までとはちょっと雰囲気違うドラマだけど、まあツッコミを入れつつ、美男美女を沢山みられることだし、娯楽としてこれからも楽しもうと思います。

片手から


さて、先週色々心残りはありますが発表会も終わり、気持ちを切り替えて新曲に取り組んでいます。

前に書いた通り、「HANABI」を練習しています。
昨日もNHKの「SONGS」という番組で夏の名曲特集をやっていて、みんなが夏によく聴く曲を流していて。その中には「HANABI」も入っていました。
ちなみに2年目に発表会で弾いた「少年時代 /井上陽水」も入ってました。思えばいい曲だったなあ~。

いつもいけないなと思いつつ、片手練習はざっとしかやらないで、最初から両手で練習するっていうパターンが多かったんです。
でも!今回はきちんと片手練習を徹底してから両手で弾くようにしたいと思っています。

毎回そうですが、ミスをして片手が落ちるともう片方もおぼつかなくなってしまいます。
片手での暗譜が出来てないからなのかなと思います。
両手だと弾けて片手だと弾けない…。

でもそれではダメだと思うんです。
片手が落ちたら、ミスしたら反対側だけでもつなぐ。

そのためにはもっと片手で音を覚えないとダメだなあと。
それと片手練習の時からちゃんと曲想をつけた演奏をしたいなあと。

今回の曲は思いっきり歌いたいですしね。

それと楽譜に運指を書き込んでるんですが、どうも難しいところがあって…。
次回のレッスンで難しいところは先生に考えてもらおうと思ってます。
最初に自分の考えた運指で頑張ってしまうと、先生にあとでもっといい運指に変えてもらった時に直すのが大変で…。
なので難しいところは自分で決めずに先生と相談します。

やっぱり今年の本番は弾き込みが足りなかったし、最初から本番はこの曲、と決めて練習したものではなかったのでちょっと勝手が違いました。
その為かやっぱりレコを聴いてもミスは別にしてなんだかスッキリしなくて。

次は曲を変更したりしないで、もう自分でも「飽きたよ!」ってなるギリギリまで練習して本番に臨みたいです。
それでもそんなに変わらないのかもしれないけど…。
好きな曲を思いっきり1年間楽しみたいと思います♪
*CommentList

ドラマの感想

※ドラマ コード・ブルーを見てる人にしか分からない内容になるかと思いますが。

あくまでも私個人の感想です。
やっぱりコード・ブルー、今回はちょっと今までのものと作風が違う感じがします。

今回は薬物自殺を図った患者をドクターヘリで搬送中、吐しゃ物によって汚染されるっていう設定でした。
ヘリに乗っていた白石(新垣)、フライトナース冴島(比嘉)、フェロー(成田)の3人も薬物中毒になってしまうという・・・。
どうせならもっとその時の処置とか細かく時間を取ってやってほしかったかなあ。
前のシリーズに比べるとサクサクと終わってしまう印象があって、ちょっと緊迫感に欠けるなと。

それからフライトナースの冴島はシリーズ1の時からバリバリのしっかりしたナース。
なのに、今回、同棲している藤川(浅利)との子供を妊娠していて、しかも今仕事が面白い時だから生むのを迷っているっていう!

ちょっと待て~~!
冴島は家が医者一家で自分だけ医者になれなくて、ナースの道を選んだという設定で、しかもシーズン2で医者で過去に家庭教師をしてくれた彼をASLで亡くしているんです。
そんな冴島が、不用意な妊娠をしたり、しかもせっかく授かった命と仕事を天秤にかけて悩むのかなあ???
ちょっと冴島のキャラからすると私には納得しづらかったです。

結局薬物中毒騒ぎで意識不明になり、その後藤川から改めてプロポーズされて一件落着って感じだったけど、ちょっと安易な感じがしてしまって。

どうも今回脚本家が変わったのが物足りなさの一因な気がしてます。

それに脳外科の藍沢(山P)のライバルである深海がエレベーターで山Pの目の前でガッキーを食事に誘う、っていう設定もいらない。

コードブルーにそういう恋愛はいらんわ~。
藤川と冴島は前のシリーズからのいきさつがあるので、結婚するとかってのはまあいいんですけど、山Pとガッキーの恋愛いらないいらない。

もっとガチな救急シーン満載の緊迫したドラマになってほしいな~。

ってこれはあくまでも私の私見です。
それと、前のように助けられない患者さんのエピソードも是非。
助かる患者ばかりじゃないですから。
助けられない患者だって多いんです。シーズン1なんかはそれで葛藤したり涙するフェローの姿がすごくよかったなあ。

次回の予告を見てるとさらに厳しい内容にはなりそうだけど。
おそらく子供の臓器移植問題が描かれると思います。
サラッと流れていかないといいのですが。

ま~、あとはこれを言うのは野暮かもしれませんが、処置する時は医療従事者はとりあえずマスクはしましょう。
あと、オペではゴーグルもした方がいいと思います。
もし血が吹いたら顔にかかるよ~。
帽子もお願いしたい。髪の毛が落ちます。

私も山Pの顔がよく見えるに越したことはないけど、術野に唾が飛ぶ、って気になるし現実的じゃないので…。

たかがドラマ、なんですけどね。でも楽しんでますよ。
来週も楽しみです。


*CommentList

6回目の発表会 


今日は予定通り、発表会に参加してきました~!
お昼まで仕事でしたが、まあお昼前には落ち着き、予定の時間くらいには上がることができました。

急いで家に帰り、とりあえずお昼をかっ込んで、ちょっとピアノの練習。
練習ではまずまず弾けたのであまり深追いせず終了。

着替えて夫に頼んで車で送ってもらい、定刻に会場に到着。暑いのでドアtoドアで送ってもらえるのは助かりました。

私は9番目。毎年の事とはいえ、やっぱり緊張します。
私の教室からは他に2名高校生が参加していました。私より順番が前だったので先生はその生徒さんについて先に舞台袖へ。

待っている間に手がものすごく冷たくなってきました。
冷房が効いているのもあるけど、緊張のせいで交感神経が興奮してるからか、血管が縮こまってるようで、血行が悪くなってるのかな?と思って手をグーパーグーパしていました。

舞台袖に行く時間になっていつものように1番前の席の足元にレコーダーをセット。

舞台袖で待っているとあっという間に私の順番。
先生に「落ち着いて」と声をかけられ舞台に。

やっぱり緊張してしまいましたね。
最初はそうでもなかったけど途中から手が震えてました。
旅立ちの風、やっぱり自信のなさからなのか一瞬迷ったり左手のベース音を間違えてしまって、何度か一瞬弾き直しする感じで進みました。
後半少し落ち着いてきて、また最後のほうミスって音が分からなくなったけど何とか完全に止まることだけは回避して、恐れていたように迷子になって進めなくなったりどこ弾いてるか分からなくなることはなく、ま~~~なんとか~~~~最後まで弾けました。
「茂のテーマ」の方はまだましで、それでもやっぱり間違えて、左手なしで右手だけでつないで何とかこっちも止まらないで最後までいけたかなって感じでした。

去年と違って2曲とも最後の和音間違えなかったのはよかったです。

今回はとにかく、途中で曲を変更しましたし(もともとはショパンを弾く予定だった)最初から発表会を想定していた曲でもなかったのでちょっと仕上げるのが難しい部分もありました。
最後まで自信を持てないまま来てしまいました。
なので目標は「完全に止まらない!」という一点に絞っていました。
その部分は成功だったかな?
それから今日は自分の音がよく聴こえていました。それはよかったと思います。
私より先に弾いた人の中で何人か音がぼやけてしまっていた人がいたので、音をクリアに聴かせたいなと思っていました。
レコの感じではメロディーがよく分からない、という感じではなかったかな?

来年は1年間しっかり時間をかけて丁寧に仕上げられるように、途中で曲を替えなくてもいいように段階を踏んで練習したいと思っています。
両手合わせるのは後にして、左右それぞれしっかり弾けるように、って考えてます。

発表会の後、いつもの通り先生とお食事をして帰りました。
その時に次の曲、Mr.childrenの「HANABI」の楽譜のコピーを先生にお渡ししました。
「家で弾いてみますね」とおっしゃってました。
「1年続けられそうですか?」と聞かれたので「この曲は大好きでずっと何年も弾いてるので大丈夫です!」と言いました。

来年はもっともっと歌えるように、聴いている人が楽しめるように・・・頑張ります。

そういえば今回の発表会はとにかく若者ばかりでした。10~20代がほとんどで、私のようなおばさんは2人だけ。
いつも参加されてる年配の男性も今回はいませんでした。
大人の…と言いながら何だか自分の子供以下の年齢の人ばかりでちょっと恥ずかしかったです。
来年はもっと大人の人も出てほしいな~~。

では最後に本日の演奏を。ほんと、色々細かくミスってて先生きっと聴いてて心臓に悪かっただろうな~。





*CommentList

レッスン137回目~そして次の曲は!


今日はレッスンでした。
いよいよ本番前の最後のレッスンでした。

不安は払しょくできないままここまで来ちゃいましたからね~。
まあ、自信満々でミスると本当にびっくりしちゃいそうですけど、今は想定内なので、精神的な影響は少ないかもしれません。

まず通して弾きましたが、1曲目である「旅立ちの風」がどうしてもミスが多くなってしまいます。
本番も仕事を終えて会場に行く予定なので、今日も仕事が終わってから家で1度も弾かずにぶっつけでレッスンに行ったんですよ。

でもやっぱり細かいところミスるし、左手のベース音を間違えると右手が分からなくなって…。

先生からも「左手が間違えても右手をそのまま続けられるといいんですけどね」と。

それで、発表会直前ですが、最後のレッスンは「ペダルなしでゆ~~っくり音を確認しながら弾く」でした。
いつも勢いで弾いてるけど、テンポ落としてペダルもなしだと自分の演奏のアラもバレバレだし、暗譜が実は曖昧になって適当に弾いているところが浮き彫りに…。

先生がいくつかのポイントに星印をつけられて、その部分から弾く練習をしました。
4か所くらいつけて、後ろの星印から最後まで。それが出来たら後ろから2番目の星印から最後まで…と、後ろからだんだん前に弾く部分を増やして練習です。

もし途中で分からなくなっても星印のポイントから弾くように、という意味もありますし、暗譜を確実にするための方法でもあります。

通し練習は最後の1回くらいにして、星印から弾く練習、ペダルなしのゆっくり練習をあと2日やっておくようにと言われました。
「茂のテーマ」も同じように練習してみると旅立ちの風ほどではなくてもやっぱり自信ない部分が少しありました。

レッスンの後最後に通しで弾きましたが、2曲ともほぼノーミスできちんと弾き切ることができました。
2曲目を弾いているところで次のレッスンの女の子が入ってきた気配がしました。
それでも集中は切れずに弾くことができ、終わって後ろを振り返るとお母さんも!拍手していただきました。
人の気配は感じてもちゃんと最後まで弾けたことは少し自信になりました。

あと2日だし、本番がどうなるか自分でも分かりませんが、できることは頑張ろうと思います。
明日の朝と夜の仕事の間の時間には集中して練習できるようにしようと思います。

それから最後に次の曲をどうするか聞かれたので、考えた結果、私が弾きたい曲を伝えました。

前に記事で書いていた候補の曲、内緒にしていましたが、ロシアの作曲家って書いてましたよね。
実はハチャトゥリアンの「仮面舞踏会」がその曲でした。
何人かの方にも「これじゃないですか?」って当てられてたんです。
是非、その曲やって下さいと応援して下さった方もあります。

でも決めかねてたんです。1年かけて弾くのに飽きずに楽しんで練習できる曲…。
この曲では1年は難しいかもしれないなって。

で、結局何の曲にしたかというと…。
これです。



この曲の楽譜は、ピアノを習い始めた頃からずっと持っていて、自主練習してほぼ通せるようになっては放置、また思い出しては弾いて、を繰り返してきました。
イントロが好きなのと、途中で転調してラストまでの盛り上がりも好きです。

ミスチルのファンってわけではないんです。でもこの曲は前からすごく好きで、いつかはちゃんと弾けるようになりたいなって思っていました。
ずっと好きな曲を弾くっていうのが私の元々のピアノを始めたきっかけですし、その中で少しでもうまく弾けるようになればなと思いますが、私としては今からストイックに上達のための練習、っていうのはちょっと厳しいかなって。

だから楽しむ事第一で、好きな曲を弾きます!

ただ、前に持っていた楽譜は曲の雰囲気は出てるんですけど、音域の幅が割と狭く、弾きやすいんですけどちょっと単調で地味な印象。
それで別のアレンジがないかと探して、ちょっと難しいんですけどもっと聴き映えしそうな楽譜がありましたので、今回はそれで練習しようと思っています。

またしてもポピュラーになりますが、大好きな曲を楽しく弾くことでモチベーションを保って行きたいと思います。
私には「もっと上達するにはこんな曲も弾かなくちゃ」ってストイックにやれる根性はないんですね。

音楽だから、楽しむことが1番かなって今は思っています。
上手にはなれないかもだけど、私なりの音楽を長く継続していきますね。
ではでは、本番、うまくいくように祈って下さい!
がんばりま~~~す

*CommentList

ご案内

プロフィール

まんまるお月

Author:まんまるお月
40代の主婦です。
夫と3人の息子と暮らしています。
趣味はバイクでツーリング(たまに)、キルトがありますが、最近1番ハマっているのはピアノです♪

限定記事についてはブログ上でやり取りをさせていただいている方でしたらパスワード、お気軽にお問い合わせ下さい。

●今レッスン中の曲
「HANABI」
 ハノン
 こっそり譜読みしている曲
 ベトソナ19番 第1楽章



●今までレッスンした曲
リンクにあります。

●ピアノ歴 
2011年11月からレッスンを受け始めました。
それまではオルガン・おもちゃのようなキーボードなど自分で勝手に遊び半分で鍵盤さわってました。最初はカワイのCA13というデジピで練習していましたが、2014年4月にアップライトピアノを譲っていただきますますピアノ熱が上がっています!

最新記事

全記事表示リンク

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

FC2カウンター