まんまるののんびり日記

ピアノレッスン6年目に突入しました~。大人のピアノなのでのんびり楽しく練習しています。

Entries

一周忌


今日は父の日・・・ですが、私の地域は雨でした。
去年の6月22日に父が亡くなり、今日は一周忌の法要をしました。

・・・と言っても菩提寺も墓もないわが実家。
父のきょうだいも高齢で、今年になって親類でも2人亡くなっているので、親類も誰もお呼びせず、母・私・夫・弟の4人で済ませました。
お寺さんがないのでいつものようにネットで手配。
京都はこういうネットに登録してるお寺さんってあまりないのかなあ。京都ではこういうシステムには入りにくいかな~。
事前に予約しましたが、来て下さったのは大阪のお寺さん。

いいんです、どちらであっても。
今回は若いお坊さんでした。
少し早めに来られて、30分弱の読経をしてちょこっとお話をして帰られました。
よく声の通るお坊さんで、アパートなのでお隣さんはうるさくないかなとちょっと心配になりました。日曜の午前中だしね^^;

お坊さんが帰られてから4人で父のお骨が安置してある市の共同墓地へ。あいにくの雨でしたが久しぶりに行ってきました。

母は毎月月命日の少し前に行ってるんですよ。仲良くなかったのに律儀っていうか。
私は滅多に行かないので、まあ年に数回は行かなきゃね。

父もその辺は実生活優先でマメな人ではなかったので「忙しいんやったら別にかまへん。わしはわしでやっとく」と言ってる気がします。

付き合いのあるお寺もないし、親類への手前・・・とかも気にしなくていいからこうして形式のある法事はもうしないと思います。
3回忌、7回忌、などには母と仏壇で手を合わせてまた墓地を参ろうかなと思っています。

父の後で叔母・伯父が亡くなりましたが、父のように大勢のお見送りはなく、本当に参列者の少ない葬儀だったみたいです。
そう思うと父はホント、家族には亭主関白で勝手な父でしたが、周りには感謝されたり慕われる人だったのですね。そしてどこか憎めないところがあったんでしょうね。
父の兄・姉である兄弟は本当に悲しんでいましたし、かわいい弟だったようです。

私が死んだら、そうやって悲しんでくれる人ってどのくらいいるのかな。
今ならそりゃあそれなりに友人知人もいるし、そこそこ大勢が早すぎる死を悼んでくれるでしょうけど、今の母くらいの歳になってからだったらどうなのかな~。せめて子供には悲しんでもらえるだろ~か?
関連記事

Comment

NoTitle 

お父様が亡くなられてもう1年ですか。本当に月日の経つのは速いです、
あの頃はまんまるさんも連日大変でしたよね。

>父はホント、家族には亭主関白で勝手な父でしたが、周りには感謝されたり慕われる人だったのですね。そしてどこか憎めないところがあったんでしょうね。
→大物芸能人に、そういう人、よくいそうですね。
でも昭和(あるいはそれ以前)の父親には、意外とよくあるタイプだったような気もします。
いずれにせよ多くの人たちが本気で悲しんでくれるというのは、やはりそれだけの魅力があったからでしょうね。

>今の母くらいの歳になってからだったらどうなのかな~。せめて子供には悲しんでもらえるだろ~か?
→そんなこと言うまでもないじゃないですか~ 大往生と言われる歳まで生きたって、別れは悲しいのに決まってます。日頃の日記からも息子くんたちが皆まんまるさんが大好きなのが伝わってきます、だからその時には号泣するんじゃないかな。

私の理想の形です。 

おはようございます。

あれからもう1年たったのですね。早いものですね・・・・。
いろいろあっても親を見送った後はしみじみと感じることもおありかと思います。
お父様の法要もご家族だけで淡々と穏やかに執り行う。
私の理想の姿です。

>「忙しいんやったら別にかまへん。わしはわしでやっとく」と言ってる気がします。

素晴らしいお父様です。

先日は私も遠方の義母の1周忌に行ってきましたが、田舎は本当にもう・・・・という感じです。
なんでここまでやる!?という感じです。
(それだけお金も動くわけで・・・長男の我が家はお金を出さねばなりません。)
でも、親のことも見れてない、準備も何も参加してないできない田舎の事情を知らない私は文句は言えません"(-""-)"
これから、3回忌・7回忌etc そして今後義父が旅立ったら同じように繰り返す。

これからのいろいろと財政的・金銭的にますます厳しい現代の日本に、
こんな風に必要以上に個人の冠婚葬祭に振り回される必要があるのだろうか?と、
特に旅立っていなくなった人に対してのしきたりに振り回される必要がどこにある?と、怒りすらわいてきます。

まぁ、それでも田舎はそうでないと義妹夫婦たちも生きていけない世界だし
冠婚葬祭がひとつの産業?になっているのだから仕方がないのかもしれませんね。
今が過渡期で、今後はこういうのもだんだんすたれていくとは思うのですが。

都会的。現代的な考え方のまんまるさんご一家が心の底から羨ましくもあります。
あ~。ながながと愚痴ってしまいました。すみません・・・。
  • posted by ちこpia 
  • URL 
  • 2016.06/20 07:58分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

まんまるさん 
お父様1周忌 月日が経つには本当に早いですね
つい最近義姉を見送りましたが 家族葬で 兄妹だけで済ませました

私が死んだら悲しんでくる人はいるのかな??
こんな事ってお知らせしなければわからないですよね
義姉と特に仲の良かった2人ほどは 私も名前を聞いていたので
携帯タイメールで 確認し義姉のケイタイから連絡し
お葬式に来ていただけました 
もし 義姉が携帯にロックをかけてたらその2人にお知らせすることもできませんでした

田舎に嫁いだ 義理の妹は
ちこpia さんが おっしゃるように 冠婚葬祭は 色々あり疲れると言ってました

今週末義姉の四十九日法要を我が家でします
兄妹だけでと言っても 私の実家と同じようにはいかず準備で色々ちょっとしんどい(笑)
これが終わったら少し落ち着くかなと思ってます
  • posted by りら 
  • URL 
  • 2016.06/20 10:39分 
  • [Edit]
  • [Res]

タワシさん 

> お父様が亡くなられてもう1年ですか。本当に月日の経つのは速いです、
> あの頃はまんまるさんも連日大変でしたよね。

そうですね。母が父の介護するのが厳しくなってきた、亡くなる1年くらい前からは大変でした。
そのことがきっかけで転職も本気で考えて今に至ってますしね。

> →大物芸能人に、そういう人、よくいそうですね。
> でも昭和(あるいはそれ以前)の父親には、意外とよくあるタイプだったような気もします。
> いずれにせよ多くの人たちが本気で悲しんでくれるというのは、やはりそれだけの魅力があったからでしょうね。

父は昭和一ケタ生まれの人でしたからね。家族には稼ぎもないくせに威張ってばかりで・・・(笑)
でも人付きあいはいい人でしたしね。

> >今の母くらいの歳になってからだったらどうなのかな~。せめて子供には悲しんでもらえるだろ~か?
> →そんなこと言うまでもないじゃないですか~ 大往生と言われる歳まで生きたって、別れは悲しいのに決まってます。日頃の日記からも息子くんたちが皆まんまるさんが大好きなのが伝わってきます、だからその時には号泣するんじゃないかな。

そうですかね~。なんかうるさい、しつこい、うっとうしい母親だと思われてる気がするので。
とにかく家族にあまり迷惑をかけず、ある日突然この世を去るのが自分の理想なんですよ。
死んでから私のことを時々思い出してくれたらうれしいですね。
  • posted by まんまるお月 
  • URL 
  • 2016.06/20 13:18分 
  • [Edit]
  • [Res]

ちこpiaさん 

> あれからもう1年たったのですね。早いものですね・・・・。
> いろいろあっても親を見送った後はしみじみと感じることもおありかと思います。
> お父様の法要もご家族だけで淡々と穏やかに執り行う。
> 私の理想の姿です。

理想ですか^^最近は有名人の葬儀も家族葬とか密葬とかおおいですもんね。
家族だけで静かにその時を過ごすのが1番いいのかなって気がしますよね。

> >「忙しいんやったら別にかまへん。わしはわしでやっとく」と言ってる気がします。
>
> 素晴らしいお父様です。

父は古い人のようで、合理主義なところがありましたからね、
自分が死んだあとまで大層なことしてもらわなくていい、って感じでした。

田舎は大変ですよね。義母の里も田舎なので冠婚葬祭は派手なほうです。
近所の人まで法事に参加っていうか・・・台所に近所の奥様方がお手伝いに来るし、お膳もすごい数でしたよ。
でもそういうのは世代が変わればどんどん変わっていくと思います。

> 都会的。現代的な考え方のまんまるさんご一家が心の底から羨ましくもあります。
> あ~。ながながと愚痴ってしまいました。すみません・・・。

うちはもう、お金がないっていうのもあるんですよ。
死んだ人のためどころか、生きてる人に使う分を置いとかないと。
私が転職した大きな理由が親に財産がないってことですし。
今はいいけど、もし老人ホームに入るようなことがあれば年金で足りないじゃん…と。
無い袖は振れないってことですね。
  • posted by まんまるお月 
  • URL 
  • 2016.06/20 13:23分 
  • [Edit]
  • [Res]

りらさん 

> つい最近義姉を見送りましたが 家族葬で 兄妹だけで済ませました

そうだったんですね。うっかりその報告を見逃してて知りませんでした。
ご愁傷さまでした…。ほんと、お疲れ様でした。

> 私が死んだら悲しんでくる人はいるのかな??
> こんな事ってお知らせしなければわからないですよね
> 義姉と特に仲の良かった2人ほどは 私も名前を聞いていたので
> 携帯タイメールで 確認し義姉のケイタイから連絡し
> お葬式に来ていただけました 
> もし 義姉が携帯にロックをかけてたらその2人にお知らせすることもできませんでした

家族・親族はともかくとして、友人とかだとどこまで知らせられるか分かりませんよね。
もし、今余命宣告でも受けたらだれに知らせてほしいかリスト作らなきゃいけないかな。
でも、わざわざ葬儀に来てもらわなくてもそういう人は生きてる間に会うか、それがダメな気分だったらすべてが終わってから知らせてもらうかな。

> 田舎に嫁いだ 義理の妹は
> ちこpia さんが おっしゃるように 冠婚葬祭は 色々あり疲れると言ってました
>
> 今週末義姉の四十九日法要を我が家でします
> 兄妹だけでと言っても 私の実家と同じようにはいかず準備で色々ちょっとしんどい(笑)
> これが終わったら少し落ち着くかなと思ってます

今回の父の法要は私の実家だから母と私で自由に決められましたが、それでも母は父のきょうだいに「家族だけでさせてもらいます」とお断りを入れてました。勝手にやっちゃうのは後でなんか言われたら困るし。
でも父のきょうだいも高齢なので「絶対に自分も参加したい!」って人がいるわけじゃないですしね。
一応の礼儀として報告だけするって感じで、まあ気楽に出来てよかったです。
  • posted by まんまるお月 
  • URL 
  • 2016.06/20 13:28分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。

ご案内

プロフィール

まんまるお月

Author:まんまるお月
40代の主婦です。
夫と3人の息子と暮らしています。
趣味はバイクでツーリング(たまに)、キルトがありますが、最近1番ハマっているのはピアノです♪

限定記事についてはブログ上でやり取りをさせていただいている方でしたらパスワード、お気軽にお問い合わせ下さい。

●今レッスン中の曲
「ゲゲゲの女房」より 茂のテーマ
「ゲゲゲの女房」より 旅立ちの風 

ハノン



●今までレッスンした曲
リンクにあります。

●ピアノ歴 
2011年11月からレッスンを受け始めました。
それまではオルガン・おもちゃのようなキーボードなど自分で勝手に遊び半分で鍵盤さわってました。最初はカワイのCA13というデジピで練習していましたが、2014年4月にアップライトピアノを譲っていただきますますピアノ熱が上がっています!

最新記事

全記事表示リンク

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

FC2カウンター