まんまるののんびり日記

ピアノレッスン6年目に突入しました~。大人のピアノなのでのんびり楽しく練習しています。

Entries

母をおもう

色々あってしんどいなと思うことが多いです。
仕事も時には「あ~あ」って思うこともあるし、ストレスを感じることもあります。

そんな時、母のことを思います。

母は本当に苦労してきました。
父が転職を繰り返す人でしたから収入が少なかったり、失業中でないって時もありました。
自営でおもちゃ屋さんをやってたこともあったし、でもあっさり商売はうまくいかず閉店。

そんな時、手に職のない母は少しでも時間給の高い仕事を・・・ときつい仕事を転々としていました。
最後にたどり着いたのは病院の看護助手の仕事。
最初はパートでしたが、私が結婚したころかなあ、正社員に採用されました。定年までちゃんと勤めましたよ、期間はそう長くなかったけど。
最初にその病院に入った時はかなりきつい急性期の呼吸器病棟で。たくさんの機械類につながれた患者さんの体を拭いたり、シーツを交換したり、いろんな仕事をこなしました。
後で言ってました。
患者さんは重症で怖いし、看護師さんもみんなピリピリしてて怖かったと。
働いてすぐに「とんでもないところに来てしまった・・・」と思ったとのこと。
でも「ここで頑張るしかないんだ」と腹をくくって必死で働いて、やがて周りから信頼され、人間関係も良好になっていったと。

母はとても大人しい人だけど実は負けず嫌いですからね。
そこは私も似てる気がします。
あの頃の母は私のように愚痴を言えるような友達も身近にいなかったし、父なんか稼ぎ少ないくせに威張りくさって家事の1つもしない人だったし、私たち子供も中学か高校生くらいで自分勝手でした。母を思いやるような言動もしてなかったと思います。
家族の誰からも労わられることなく、ひたすら働いて、家族のために弁当を作り家事をこなしていた母。

なんだか今になって申し訳ないことをしたなと思います。
もっとお手伝いしてあげればよかった…。私だったらぶち切れてたかも。全然いい娘じゃなかったなあ…。
貧乏な生活が嫌で、母みたいになりたくない、なんて思ってたくらいですから・・・母の苦労も分からず生意気ですね。

母は1歳の時に実母を亡くしていますから結婚生活がつらくても泣きついたり愚痴を言える人もいなかった。

母に比べたら私なんか全然つらくない。
1つだけ母がうらやましいのは子供は2人とも高校を出たらちゃんと自立したこと。
それしか選べなかったからなんですけど、どんな理由であれ一応自立したわけですから…そこはいいなあと。

でも本当に母は父と結婚して父が亡くなるまでずっと苦労してきました。
せめてこれからの余生は贅沢は出来なくても、心静かに穏やかに生活してほしいです。

だから私も心配かけちゃいけないですね。親はいくつになっても子供の心配をしますから。
関連記事

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。

ご案内

プロフィール

まんまるお月

Author:まんまるお月
40代の主婦です。
夫と3人の息子と暮らしています。
趣味はバイクでツーリング(たまに)、キルトがありますが、最近1番ハマっているのはピアノです♪

限定記事についてはブログ上でやり取りをさせていただいている方でしたらパスワード、お気軽にお問い合わせ下さい。

●今レッスン中の曲
「ゲゲゲの女房」より 茂のテーマ
「ゲゲゲの女房」より 旅立ちの風 

ハノン



●今までレッスンした曲
リンクにあります。

●ピアノ歴 
2011年11月からレッスンを受け始めました。
それまではオルガン・おもちゃのようなキーボードなど自分で勝手に遊び半分で鍵盤さわってました。最初はカワイのCA13というデジピで練習していましたが、2014年4月にアップライトピアノを譲っていただきますますピアノ熱が上がっています!

最新記事

全記事表示リンク

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

FC2カウンター