まんまるののんびり日記

ピアノレッスン6年目に突入しました~。大人のピアノなのでのんびり楽しく練習しています。

Entries

かわいそうだから?

両親「注射なぜ僕だけと言われ…」男児死亡
日本テレビ系(NNN) 11月27日(金)10時55分配信

 栃木県で、糖尿病の男児に治療と称してインスリン注射をさせず死亡させたとして、自称・祈とう師の男が逮捕された事件で、男児の両親が警察に対し「注射をするのがなぜ僕だけなのかと言われ、かわいそうだった」などと話していることが分かった。

 26日に殺人の疑いで逮捕された栃木県下野市の自称・祈とう師の近藤弘治容疑者(60)は、糖尿病の今井駿くん(当時7)に必要なインスリンの注射を中断させ、死亡させた疑いが持たれている。

 「龍神」を名乗り、「不治の病を治す」などと話していた近藤容疑者に去年12月、治療を依頼していた両親は、警察による任意の事情聴取に対し、「息子から、注射をするのがなぜ僕だけなのかと言われ、かわいそうだった」などと話していることが新たに分かった。警察は、両親を保護責任者遺棄致死の疑いで書類送検する方針。

 一方、近藤容疑者は、警察の調べに「私のせいではない」などと容疑を否認しているという。




本当にかわいそうです。適切な治療を受けさせてもらえず、死ななくていい病気で命を落としたまだ7歳の男の子が…。
1型糖尿病というのはインシュリンが分泌されない病気で、不摂生とか肥満が原因ではありません。
これに対してはインシュリンを注射するよりほかに今のところは治療がありません。
でも、インシュリンをきちんと注射して血糖値をコントロールさえしていれば、ほぼ普通の人と同じ生活ができます。
何もない人よりは気を付けなければいけないことはありますが、そうやって学校や職場に通い、スポーツをしている人もいます。

この子の両親、かわいそうだからといってわけのわからない男に我が子の命をゆだねてしまうなんてあまりにも軽率ではないでしょうか。
両親は息子さんの病気についてどれだけ勉強したんでしょうか。

まだ7才だったら確かに注射を嫌がると思います。
でも、それをしなければ命に危険が及ぶということを子供であってもその年齢に合わせてきちんと説明し、納得させて治療に親子でしっかりと臨むべきです。
もちろんうそを言ってはいけません。
「いい子にしていたら注射しなくてもよくなるから」などとその場しのぎのごまかしはダメです。

おそらく自己注射ができるようになるまでは親が注射をしてやらなければいけないと思います。
でもそれがこの親御さんにとってはつらかったのかもしれません。
背が極端に伸びない低身長の子供にも成長ホルモンの注射を親が打つということがあります。

痛いことを嫌がる子供に注射をしなければいけないのはつらいことです。
でも心を鬼にしてでもその嫌がることを親がしなければならないこともあるんです。

子育てするうえで、子供にいい顔ばかりしていられないですよね。
泣こうが喚こうがやらなきゃいけないこと、子供の言い分を聞くわけにはいかないこと、ってあります。

親が本気で子供と向き合ってきちんと話せば子供は分かってくれると思うんです。

なのに…「かわいそうだから」ってこんなことになってしまうなんて。

この子がかかっていた病院ではどうだったのかな。
親子にしっかり理解してもらって前向きに治療に取り組めるよう支えるのも医療従事者の役目なんですが…どんな説明や指導を受けたのかなあ…。
どんなに後悔しても失われた命はもうもどってはきません。

自称祈祷師の男が許せないのは言うまでもありませんが、私はこの両親のこと…残念でなりません。
高いお金を祈祷師とやらに払っていたようですが、お金を払えば何とかなるということばかりではないですから。

それよりも現実から逃げずに子供さんに寄り添って一緒に病気に立ち向かってあげてほしかったです。

追記 : ちなみに自己注射の針は痛くないように細いものが開発されていますし、インシュリン注射もペン型で、とても簡単に操作できるようになっています。
子供を押さえつけて大騒ぎしながらやらなければならないようなものではなく、徐々に子ども自身で打てるようになります。
関連記事

Comment

NoTitle 

報道だけで判断すると両親が稚拙だったと思ってしまいます。
病気については誰でもシロウトで身内が病気になって初めて知る事が多いです。
でも昔と違って今の医療機関は詳しく説明してくれるしセカンドオピニオンという選択もあります。インチキ祈祷師に行く前に色々な医者に診てもらって正しく病気を理解すべきだったと思います。インスリン注射をしなければ死んでしまうと説明を受けた筈なのに。
昨日は幼い子供二人を風呂に閉じ込めて買い物に行き、幼女が溺れたという事故がありました。お湯を5センチの深さにしておいたのでお風呂場に入れておけば安全だと思ったとか。訳分かんないです。そんなに心配なら幼女をおんぶしてもう一人の子の手で引いて買い物にいけばいいじゃない。母親としてどうなんだろうと思います。
それにしても子供の病気で思い詰めている親を食い物にするなんて本当に腹が立ちます。
  • posted by Qちゃん 
  • URL 
  • 2015.11/29 10:28分 
  • [Edit]
  • [Res]

Qちゃん 

> 報道だけで判断すると両親が稚拙だったと思ってしまいます。

そうですね、かわいそうだからといって根拠もない心霊療法みたいなのに頼るとは極端すぎると思うんですよね。

> 病気については誰でもシロウトで身内が病気になって初めて知る事が多いです。
> でも昔と違って今の医療機関は詳しく説明してくれるしセカンドオピニオンという選択もあります。インチキ祈祷師に行く前に色々な医者に診てもらって正しく病気を理解すべきだったと思います。インスリン注射をしなければ死んでしまうと説明を受けた筈なのに。

子供にどう理解させるか、難しいですけど、同じ病気の人たちの会などもあるはずで、親子でそういうところで病気との向きあい方を先輩に教わるということもできますし…。
糖尿病で死ぬことがあるって思わなかったんでしょうか…。

> 昨日は幼い子供二人を風呂に閉じ込めて買い物に行き、幼女が溺れたという事故がありました。お湯を5センチの深さにしておいたのでお風呂場に入れておけば安全だと思ったとか。訳分かんないです。そんなに心配なら幼女をおんぶしてもう一人の子の手で引いて買い物にいけばいいじゃない。母親としてどうなんだろうと思います。

大人でも危機回避能力の低い人がいるのかなと。
子供の場合、お風呂やプールに数センチ水があるだけで溺死の危険があるというのに…。
分かってない若い親もいるんでしょうかね。何考えてるんだろうと思うような行動ってありますね。
夜遅くまで連れ歩いてるとかも。

> それにしても子供の病気で思い詰めている親を食い物にするなんて本当に腹が立ちます。

人の弱みにつけ込む奴はいっぱいいますからね。
この間無資格の女が「ずんずん体操」とかいう赤ちゃんの体をひどくねじって死に至らしめるという事件もありましたね。
あれもアレルギーとか、重度の障害のある親が少しでもよくなればと頼っていったみたいですよね。
親心なんですけど、それで子供さんが命を落としたりしたら一生悔やみきれません。
冷静に考えて子供に少しでも良くなることをしてやりたいものです。
  • posted by まんまるお月 
  • URL 
  • 2015.11/29 19:22分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。

ご案内

プロフィール

まんまるお月

Author:まんまるお月
40代の主婦です。
夫と3人の息子と暮らしています。
趣味はバイクでツーリング(たまに)、キルトがありますが、最近1番ハマっているのはピアノです♪

限定記事についてはブログ上でやり取りをさせていただいている方でしたらパスワード、お気軽にお問い合わせ下さい。

●今レッスン中の曲
「HANABI」
 ハノン
 こっそり譜読みしている曲
 ベトソナ19番 第1楽章



●今までレッスンした曲
リンクにあります。

●ピアノ歴 
2011年11月からレッスンを受け始めました。
それまではオルガン・おもちゃのようなキーボードなど自分で勝手に遊び半分で鍵盤さわってました。最初はカワイのCA13というデジピで練習していましたが、2014年4月にアップライトピアノを譲っていただきますますピアノ熱が上がっています!

最新記事

全記事表示リンク

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

FC2カウンター