まんまるののんびり日記

ピアノレッスン6年目に突入しました~。大人のピアノなのでのんびり楽しく練習しています。

Entries

詐欺みたいで気が引ける^^;

今月初めに「あと4~5日」と父の余命を言われてはや10日経ちました。

そう言われてからやっぱり黙ってもおけないので父の5人いる兄姉妹(7人兄弟で長姉はすでに亡くなってます)に知らせました。
それから弟夫婦にも。

連絡して誘い合わせてなのか先週末一斉に父のきょうだいが見舞いに来て、昨日にはその亡くなっている父の長姉の子供に当たる私のいとこ夫婦と弟夫婦も見舞いに来ました。
余談ですがそのいとこは私のいとこたちの中で1番年長なんですが、年は68歳です^^;20歳も上…。
父は昔にしては結婚が遅くて私は遅めに生まれた子供なので私の母のほうがそのいとこと年が近いです。

もうあわせるべき人は間に合いました…けど…なかなかあちらへは行かないようで、今日も低空飛行で安定してる父。
酸素は7ℓですが、ちゃんと息してるし脈の緊張もよくてしっかり触れてます。

みんなに「そろそろ危ない」と言ったものの…なんだか「死ぬ死ぬ詐欺」みたいで…。
でも何も言わずに死んでしまってから「なんで教えてくれなかったの」って言われても困りますし…危ないと言われれば伝えないと仕方ないし…。

こういう高齢者で色々病気はあるものの徐々に徐々に衰えてきたケースでは余命を当てることは本当に難しいようです。

がんの末期とかだと何日単位の話になってくればそう大外れはないような感じですが、ジリ貧の父のようなのはもう分かりません。

待ってるってわけではないんですけど、もう危ないと言われれば構えてしまいますよね。
でもなんだかそれもなあ…って感じです。

さすがに点滴を少なくしてもらってる(たぶん1日1本)とはいってもだんだん全身に浮腫がきてます。
手足の先だけじゃなくて二の腕や太ももの裏側もきつく水がたまってきてパンパンです。
皮膚を押すとぺこんとへこんですぐに反ってこない感じ、わかるでしょうか。

足の裏も紫色で(チアノーゼ)循環悪くなってる。これは大事な臓器に血液を送るために端っこの血流を抑えてるので当然の現象です。
だんだん、本当に少しずつ悪くなってるのは間違いないのだけど。

今の病院にはもう2か月以上お世話になっています。
保健医療制度の仕組みを知っているだけになんだか申し訳ないような気持ちになってしまったりして…。
父のような患者を置いてても病院は儲かりはしませんからね。
しかもその父の治療費はみなさんが払ってる社会保障費から出てるものですし…。

元気な時の父の言動からして今の姿で長生きしたくないのは間違いないし、それを分かっているから積極的に何か治療をしてるわけでもないのですが・・・なんだか落ち着かない私って変なのでしょうか。

今、中古で買ったこちらの本を読んでいます。
20150615.jpg

これ読んでるとどんな病気になっても最後は自宅で死にたいなあと思ってしまいますね。
最近いかにして死ぬのがいいのかって考えます。
死ぬことを考えるのは決して悪いことじゃないですから。
現代の日本人ってどうやって死を迎えるのか、分からない人が多いと思います。知っておくのは悪くないですよ。
この本はわかりやすくてお薦めです。

そして自分自身のこともありますが、私もこれでも一応ナースですので、ナースとしても考えさせられる本です。

訪問看護の仕事ってやりがいあるんだなってちょっと思いました。
人手不足なんですよ、そういう仕事も。
でも責任も重いので軽い気持ちではできませんね~。

なんだか本当に落ち着かない今日この頃です・・・。
関連記事

Comment

NoTitle 

いや、親が何時逝くか判らないって時に落ち着いている方が変ですって・・・(;´Д`A

訪問看護・・・・・・・・・・・・。
多くは語りませんが・・・・・・・。
やりがいはあるようなないような・・・・・・・。
なんと言うか、家政婦扱いとか、慰安婦扱いとか、いろいろ・・・・(以下自粛・・爆)
働く地域は選んだ方がいいかも・・・・・・・(苦笑)

  • posted by わかば 
  • URL 
  • 2015.06/15 21:56分 
  • [Edit]
  • [Res]

わかばさん 

> いや、親が何時逝くか判らないって時に落ち着いている方が変ですって・・・(;´Д`A

まあ確かにそうですね^^;
めったに体験できないですし…。

> 訪問看護・・・・・・・・・・・・。
> 多くは語りませんが・・・・・・・。
> やりがいはあるようなないような・・・・・・・。
> なんと言うか、家政婦扱いとか、慰安婦扱いとか、いろいろ・・・・(以下自粛・・爆)
> 働く地域は選んだ方がいいかも・・・・・・・(苦笑)

所属する事業所・診療所などにもよるでしょうね。
それに患者や家族にもよりますよね・・・。
本来の目的の通りの仕事ができるとは限らないのはまあ訪問に限らずどこででも同じですけど。

実際にやれるかっていうとね…夜中のオンコールってだけでも気が重いし、患者さんの家に入っていくのは勇気がいるし。
きれいごとばっかりじゃないってのはこの年になればわかりますしね。
今のように患者さんが来てくれて…っていうほうが絶対楽だもの。

  • posted by まんまるお月 
  • URL 
  • 2015.06/15 22:12分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

私は訪問看護って言っても、病院で入院治療を受けた後、入院機関の関係で家に帰えされる患者のアフターケだったので、医療行為もそれなりにあったんですけど、看護師って医師や介護師、他の医療従事者と違って、業務範囲がはっきりしないから、受ける側もなんでもありなんだと思います。
しかも奉仕者のイメージが強いし・・(笑)

長く在宅ケアしている家族って、自由に外に出られないし、いろいろ制限もあって抑圧されてるんですよね・・・。
なので、他人に対して攻撃的な気持ちになる事がすごく多いです。
他人の目のない閉鎖空間なので、性的な対象として見られる事も少なくないです(年齢容姿関係なし)。
何があっても、証明が難しいので、泣き寝入りするしかないですから、人が足りないとか金銭的な理由で一人で訪問させるような所は避けた方がいいです。

そもそも、施設に入れるお金がないから、在宅ってケースも非常に多いので、家の中がしっちゃかめっちゃかで、病人にとって快適な生活どころか、最低限の生活にすらなっていない事も多いです。
野戦病院でも、ここまでひどくないだろう的なところも・・・(苦笑)
そう言うところに行くと、まず、掃除や皿洗いをさせられます。
も、”時間目いっぱい、使ってやる”な扱いですヨ(笑)
  • posted by わかば 
  • URL 
  • 2015.06/16 08:24分 
  • [Edit]
  • [Res]

わかばさん 

詳しい情報をありがとうございます。
今のところ転職するならクリニックって思ってて、在宅とか訪問、デイサービスなんかは対象外にしてますので^^

慣れた仕事ならともかく、同じ看護師でもそういうところでの仕事は違いますからね。

それに転職ってなかなか難しいですね。
今のところはすぐに転職はないですね。
ここまできての転職となるとよほど今までのなれた環境を捨ててもいいと思えるだけの根拠がないと勢いづかないですしね~。

よほど経済的に上下ひっくり返るようなことになれば必死で探しますが。

ただ、そういうところって病棟と違って夜勤がないから楽ですよ、的なうたい文句で求人出てたりするんですけど、そんなおいしい話じゃないでしょ、ってのは分かります。
だから外に出ていく看護師さんは大変だろうなって気持ちが強いですね~。メンタル強くないとできないなあ。
  • posted by まんまるお月 
  • URL 
  • 2015.06/16 13:23分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

自分の最後をまじめに考えなきゃって思います。私の母は63才で亡くなってます。その年齢に近付いてますし健康状態にも不安を感じるようになってきました。
私が子供の頃は寝たきりのおじいちゃんやおばあちゃんを自宅介護している家庭が普通でした。お年寄りは入院しなかったですね。自宅で生まれ自宅で亡くなる。3世代同居が普通で手伝いをする人も居たから出来たんでしょうね。
主人は病院嫌いだから自宅介護を望むかもしれません。でも私が病気したら主人は何の役にも立たないので入院するしかないですね。
迷惑かけない最期にしたので本を読んで勉強したいと思います。
  • posted by Qちゃん 
  • URL 
  • 2015.06/16 21:49分 
  • [Edit]
  • [Res]

Qちゃん 

> 自分の最後をまじめに考えなきゃって思います。私の母は63才で亡くなってます。その年齢に近付いてますし健康状態にも不安を感じるようになってきました。

日本人は死について考える習慣があまりないのかなと思います。
いかに生きるか、の最後にはいかに死ぬかがあると思うんですよね。
がんの末期の人で医師があと1日くらいかなと思っても、本人さんはもっと長く生きられると思っているということからも自分が死ぬとは人はあまり考えないものなのかもしれません。

> 私が子供の頃は寝たきりのおじいちゃんやおばあちゃんを自宅介護している家庭が普通でした。お年寄りは入院しなかったですね。自宅で生まれ自宅で亡くなる。3世代同居が普通で手伝いをする人も居たから出来たんでしょうね。

今は家で看ると言うのはかなり難しいようです。身近な家族と本人は納得の上でそうしていてもいわゆる「遠くの親戚」とか「医療関係の長男長女」などの人たちは「なんでこんな悪いのに病院に入れないんだ!」って茶々入れてきたりするものらしいです。
親戚にあとから言われるのが嫌でとうとう病院に…なんて言うこともよくあるらしいです。

医療従事者は在宅で最期を迎えることに否定的な人が多いそうです。私はそうは思わないなあ~。
病院での医療が最適なケースばかりじゃないと。
病院での治療が必要なのは回復していく人なのだろうと思います。人は必ず死ぬので「死なせない」だけではなく「いかに本人らしく死なせるか」ということも考えていくべきかと思うのですが…。

> 主人は病院嫌いだから自宅介護を望むかもしれません。でも私が病気したら主人は何の役にも立たないので入院するしかないですね。
> 迷惑かけない最期にしたので本を読んで勉強したいと思います。

なかなか難しいですね。私も自宅で最期を迎えたいけど周りがそれを許してくれるような環境であるかどうか分からないですもんね。
  • posted by まんまるお月 
  • URL 
  • 2015.06/17 06:53分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

主人お父親は全盲で鍼灸院をしていたので体調が悪くなると父親が診てくれたので主人の家族は病院嫌いです。その義父は義母が亡くなった後90才過ぎてから前立腺癌が見つかりました。入院し排尿のカテーテルを入れてました。特に他に悪い所はなかったので退院しなきゃならなくて、でも盲人ですし、カテーテルの交換(洗浄?)を定期的にしなやならないので普通の老人ホームには入居出来なくて困りました。結局ぎりぎりまで病院に居させてもらて退院しました。ずっと面倒を診ていた義姉はヘルパーさんと連携とってなんとか自宅で独居生活出来るようにてほっとしてました。が、翌朝、義父が亡くなったと電話してきたんです。カテーテルを外しトイレで亡くなっていたそうです。主人は自殺だと言っています。義父はクリスチャンなので自殺とは言いたくないですが。長生きすると親しい人がどんどん居なくなる、おかあちゃん(義母)が何でもしてくれたんで頼ってしまい、自分で出来る事を怠ってしまっていた、おかあちゃんが居なくなってから不便になった。姉ちゃん(義姉)には世話をかけてしまっている、というような事を主人に話してたようです。92才だったんですが誰にも看取られず、淋しいですよね。もう迷惑はかけたくなかったのかなと思います。
  • posted by Qちゃん 
  • URL 
  • 2015.06/17 09:18分 
  • [Edit]
  • [Res]

Qちゃん 

尿のカテーテルを抜いたからといってすぐに亡くなったりはしないんですけど、発見まで日が経ってたのでしょうか。
ご高齢だったようですし、急に何かが起こってもおかしくはないので自殺というわけではなかったのでは、と思いますが。

人に依存して生きているとその依存していた対象がいなくなった場合、物理的に「身の回りのことができない」というのもありますが、それはそれこそヘルパーさんなど代わりにしてくれる人を手配はできます。
それよりも心の支えになる人がいない、ということのほうが寂しく、気持ちが弱っていく理由なのかなって思ったりします。

人は誰でも1人で死ななければなりません。事故などで家族が1度に亡くなることがないこともないですがそれはまれなことですからね。
どんなに仲が良くても愛し合っていても最後は1人…なんですよね。

でも高額の年金を受け取っている高齢者の家族で高齢なのに「絶対死なせるな!」って在宅の医師に言ったりってことが実際にあるらしいです。人は必ず死ぬのに…。
ご本人の命が大事なのか年金が大事なのかよくわからないと…。

大勢の家族に囲まれていたとしても本当にその人をみんなが愛してるのかどうかによって、幸せなのかどうかも変わってくる気もしたり。
一生独身で肉親はいなくても孤独じゃない人もいますしね。人生色々、死に方も色々ですね。

誰にも看取られないことが悲しい場合もあるけど、そうではない場合もあるかもしれません。
私はもし独居になって1人で死んだとしてもそれもいいかなって思っています。
病院でいっぱい機械やチューブに繋がれて死ぬくらいなら…。
  • posted by まんまるお月 
  • URL 
  • 2015.06/17 13:51分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

退院した翌日に発見されたんです。ヘルパーさんが行ったら玄関に鍵がかかって開けられないんで孫娘が出向いて家に入って見付けました。トイレが血の海だったと聞いたのでカテーテルを外したせいではなく、何か外傷があったのかも知れないですね。警察も来て事件でなく病死という事で治まったんですけど。
義母が亡くなった後3年ほど独居生活してました。義姉が通いで世話してました。男兄弟はおろおろするばかりで役に立たず嫁いだ娘が面倒をみてました。
何よりも孤独感が大きかったみたいですね。

亡くなって数ヶ月も気付かれなかったら嫌だけど、眠るような最期だったら看取られなくてもいいかな。クリスチャンにとったら最終目的地は天国で死は通過点です。
  • posted by Qちゃん 
  • URL 
  • 2015.06/17 14:13分 
  • [Edit]
  • [Res]

Qちゃん 

> 退院した翌日に発見されたんです。ヘルパーさんが行ったら玄関に鍵がかかって開けられないんで孫娘が出向いて家に入って見付けました。トイレが血の海だったと聞いたのでカテーテルを外したせいではなく、何か外傷があったのかも知れないですね。警察も来て事件でなく病死という事で治まったんですけど。

そうですか…。カテーテルを自分で抜いてしまう方は結構いて私も遭遇したことはあります。
それですぐに死ぬことはないですが(抜くときは痛いと思いますけど)、何らかの原因で出血が止まらない、というような状態であったのなら失血死してしまった可能性はありますね。
前立腺がんがあったということですし…。
でもそれが意図的に死ぬためにされたのかどうかは分かりませんものね。

> 義母が亡くなった後3年ほど独居生活してました。義姉が通いで世話してました。男兄弟はおろおろするばかりで役に立たず嫁いだ娘が面倒をみてました。
> 何よりも孤独感が大きかったみたいですね。

家事と同じで介護もできる男性もいますが、女性がその中心になってるケースがすごく多いですよね。
妻に先立たれた夫のほうが夫に先立たれた妻より余命が短いのは統計で出てますよね。
女性のほうが強いのかな、やっぱり。

> 亡くなって数ヶ月も気付かれなかったら嫌だけど、眠るような最期だったら看取られなくてもいいかな。クリスチャンにとったら最終目的地は天国で死は通過点です。

でも安らかに逝けるのなら1人でもいいかな。でも何か月もそのまま気が付かれなかったらそれは悲しいでしょうね。
それも自分のそれまでの生き方の結果なのであれば仕方ないのかな…。
そうはならないようにしたいな…。
  • posted by まんまるお月 
  • URL 
  • 2015.06/17 14:30分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。

ご案内

プロフィール

まんまるお月

Author:まんまるお月
40代の主婦です。
夫と3人の息子と暮らしています。
趣味はバイクでツーリング(たまに)、キルトがありますが、最近1番ハマっているのはピアノです♪

限定記事についてはブログ上でやり取りをさせていただいている方でしたらパスワード、お気軽にお問い合わせ下さい。

●今レッスン中の曲
「HANABI」
 ハノン
 こっそり譜読みしている曲
 ベトソナ19番 第1楽章



●今までレッスンした曲
リンクにあります。

●ピアノ歴 
2011年11月からレッスンを受け始めました。
それまではオルガン・おもちゃのようなキーボードなど自分で勝手に遊び半分で鍵盤さわってました。最初はカワイのCA13というデジピで練習していましたが、2014年4月にアップライトピアノを譲っていただきますますピアノ熱が上がっています!

最新記事

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事表示リンク

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

FC2カウンター