まんまるののんびり日記

ピアノレッスン6年目に突入しました~。大人のピアノなのでのんびり楽しく練習しています。

Entries

30年

「ドーン、ドーン、ドーン」日航機墜落30年目に判明した爆発音 フジが特番
産経新聞 8月10日(日)15時35分

 昭和60年の日航機墜落事故から30年目となる8月12日、フジテレビは機内の再現ドラマや当時の映像、墜落現場での中継などを交えた特番「8.12日航機墜落 30回目の夏 生存者が今明かす“32分間の闘い” ボイスレコーダーの“新たな声”」(午後6時半)を生放送する。フジは今回、コックピットのやりとりを記録したボイスレコーダーの詳細な解析を実施。衝撃音の回数や、これまで判読不能とされてきた会話の一部など「新事実」が判明したという。

 事故にあった日航機123便は昭和60年8月12日、羽田空港から伊丹空港に向かう飛行中、機体に異常が発生。機体は制御を失い、32分後に群馬県上野村の「御巣鷹(おすたか)の尾根」に墜落し、乗客乗員524人のうち520人が死亡した。

 ■「ドーン、ドーン、ドーン」

 フジテレビは今年春、これまでマスコミに公表されていた音源よりも、より鮮明に記録されたテープを当時の事故調査委員会の関係者から入手。テープを独自解析したところ、これまで聞き取ることのできなかったコックピットでの約60カ所のやりとりのうち、約20カ所が明らかになったという。

 フジの張江泰之チーフ・プロデューサー(46)によると、事故調査委員会が行った調査報告書では、衝撃音は「ドーン」と1回だけだった。これに対し、最新の音響技術で解析したところ、「ドーン、ドーン、ドーン」と3つの衝撃音が確認できたという。特番では、この衝撃音が意味することを詳しく取り上げ、「事故のさらなる真相」に迫る。

 張江さんは「当時できなかった音の解析が、技術が進化した30年目の今ならできるようになった。突然の事故を受けて動揺しながらも、最後の最後まで生きようと頑張った(コックピット内での)やりとりが残されていた」と話す。

 また、事故当日の気象データなど多くのデータを解析。CGを駆使した「レベルの高い飛行再現」(張江さん)を行い、「なぜ123便は御巣鷹に向かったのか」を考える。「事故のことを知る人にとって、『そんなことがあったのか』と思うことの連続になると思う」と張江さん。

 ■ドラマ、現場中継も

 フジは今回、生存者の乗客の女性に取材。女性は「事故を自分の記憶に留めるのではなく、後世の記録として残したい」として取材に応じたという。その証言などをもとに、ダッチロールや度重なる急降下にさらされた当時の機内の様子、何とかして事故を回避しようとした機長らの必死の操縦を再現したドラマを放送する。

 このほか、生存者の救出に携わった人にインタビューを行い、当時の墜落現場の状況や、生存者を発見したときの様子を語ってもらう。自衛隊が当時撮影していた現場の映像も放送。墜落時刻の午後6時56分前後には、現場からの中継も行われる。

 張江さんは「日航機事故は決しては忘れてはいけない大事故で、交通機関の安全を考えるうえでの“シンボル”にもなっている。最近の若い人の中には事故のことを知らない人もいると思うが、記憶を語り継ぐという意味でも、事故を知らない人にもぜひ見ていただければ」と話している。




もうあの事故から30年なんですね。
有名人も乗っていましたし、大きく報道されましたから忘れることはできませんし、いったい何があったのか、知りたい気持ちが強くて、色々な本も読みました。
有名な本では故山崎豊子さんの「沈まぬ太陽 ~御巣鷹編~」とか横山秀夫の「クライマーズハイ」などがありますね。
当時遺体の搬入や身元確認に携わった警察官の書いた「墜落遺体」という本も読みました。
壮絶な現場、そして最後まで必死でジャンボを操作しようと努力していたコックピットクルー。
揺れる機体で絶望しながらも家族に向けて残した遺書。
私の中では強烈に残っているんですよね。

大きな航空会社の腐敗についても取りざたされたり、事故後の日航の遺族への態度に憤りを感じることも…。

このドラマは見ようかなと思います。
関連記事

Comment

NoTitle 

この事故はね~~~。

私は事故を起こした関係者側の家族なので、ちょっと複雑デス。
事故後、矢面に立たされて苦しみました。
当時は戦争の敗者ってこんな感じなんだろうかって思いましたね。
采配を振って組織を動かしている人達は、決して矢面には立たないところも戦争と同じ(苦笑)
責められるのは事情を知らない下々なんですけど、負けた側の言い分なんて誰も聞いてくれませんしね。
いろんな意味で理不尽さを感じます。

急を要する案件を抱えていないというだけで、現地に飛ばされた父は本当に可哀想でしたが、家族も犯罪者の家族扱いでしたので、報道されるたびに、今でも胃が痛いデス。

航空機の墜落事故なんて、こればかりではないのに、夏になるたびに蒸し返されるのは、有名人がたくさんお亡くなりになったからで”命の重さは同じじゃないのね”とも思うんですよね。

そして、事故防止のためだと言うならば、すべての航空機事故を詳細に研究して、一般論として語っていただきたいと常々思ってしまうのは、やっぱり、私が関係者側の人間だからでしょうね・・・・。
原爆について語る時のアメリカ人と日本人ぐらいの温度差を感じる事もあります(決して、相容れないという意味で)

ドラマは結局被害者側からしか語られることは無いので、私は観たくないんですけど、多分職場でも話題になるんだろうなぁ・・・(><)
  • posted by わかば 
  • URL 
  • 2014.08/10 21:15分 
  • [Edit]
  • [Res]

やっぱり飛行機。。。 

昭和60年。。。8月。。阪神タイガーズが優勝まっしぐらの時。。。
我が家一戸建ての契約している時のテレビに流れているのが日航機の事故の映像。。
今でもしっかり覚えてます。。
そして、私が通ってた本屋さんのご主人とお子様がディズニーランドからの帰りに事故にあわれ。。。。
奥さまの人生がその後変わり。。。本屋さんを閉められて。。。今はどこに。。です。。
かかわって来た皆さんの人生が変わった事故
30年経ってもまだこの先も。。。。

先日飛行機乗る時、ダンちゃんに海外でもし。。遭えば。。。来なくて良いよって。。
言いながら旅経ちました。。
やっぱり飛行機考えて乗りました。。

  • posted by コッコ 
  • URL 
  • 2014.08/10 21:35分 
  • [Edit]
  • [Res]

わかばさん 

山崎豊子の沈まぬ太陽の主人公の恩地もまさにわかばさんのお父さんのような立場ですね。
恩地の苦悩は作品を読んでいて伝わってきましたけどね。
小説の中では遺族も恩地には少し心を許しているところがありました。誠意をもってことにあたっていたからでしょう。

遺族からすれば会社の人間というだけで許せないという気持ちになるのはもし自分がその立場ならやむを得ないことかとは思います。
でも大企業の起こした事故、その問題点を探れば末端の真面目に働いている人たちが悪いんじゃないってことは番組や書籍を読んでも普通なら分かることだと思います。

他にも中華航空機の事故日航の逆噴射…とか鮮明に記憶に残る事故がありますね。

それぞれの立場で1つの事故事件を見ると様々な意見があるかと思いますが、私はやはりどんな事件・事故であっても本人のミスや責任のないところで犠牲になった人たちのことを痛ましいと思いますし、そんなことがあったということは忘れずにいたいなと思います。

これはオウムのサリン事件とかJR福知山線の事故も同じですね。

わかばさんはその会社の社員の家族というだけで糾弾されたりしたのですか?
家族には何の責任もないことですからそれはつらかったと思います。

当時のことは色々報道されてきましたが、事故の原因とか、いまだに隠ぺいされてることはないのかな?っていうところに関心があります。
急減圧があったと報道されたけど、生存者の話と照合するとそれには矛盾があると言われたり。

私は過去往復1回しか飛行機に乗ったことがないんです。必要に迫られなければできればあまり乗りたくないなあって思います^^;
  • posted by まんまるお月 
  • URL 
  • 2014.08/10 21:42分 
  • [Edit]
  • [Res]

コッコさん 

私は高校生でした。
暑い夏で、遺体安置所となった高校の体育館はウジと腐敗臭でものすごかったそうです。

みんなの心に残っているのは墜落までの時間があったので遺書が残っていたっていうこともあったのかなって思います。
今ならメールとかありますけど当時は手帳とか紙切れに読めないくらい乱れた字で書かれてるんで余計に。
機長さんの家族は加害側の人間でもあるということで、遺族は遺体確認のために順番に棺を開けて見て回るんですが、他の遺族が終ったあと夜中にそっと見て回ったそうです。
たくさんの人の人生が一瞬で奪われるということが怖かったです。

本屋さんの奥さん、どうされてるんでしょうね。

家族が飛行機で旅行っていうとやっぱりこの事故を思い出してちょっと心配になりますね。
飛行機って実は事故がかなり少ない乗り物なんだと思うんです。
しょっちゅう事故があったら危なくて飛べません。

車の事故の方がよっぽど多い。

でも怖いって思ってしまうのは落ちたらほぼ命がない、っていうことからかな。
それからいったん事故になると規模が大きいってこともあるんでしょうね。
  • posted by まんまるお月 
  • URL 
  • 2014.08/10 21:55分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

昭和60年は息子がお腹にいた7か月の時でした
生存者のおひとりで当時非番の客室乗務員だった女性は高校の同級生です
以前地元のスーパーでお買い物する姿をお見かけしたことも
本は読んでいませんが沈まぬ太陽やクライマーズハイは 映画で見ました
 この年は豊田商事会長刺殺事件など 
当時妊婦だった私には衝撃的な映像を見せつけられた年でもありました
  • posted by りら 
  • URL 
  • 2014.08/11 14:14分 
  • [Edit]
  • [Res]

りらさん 

そういえば豊田商事の事件もこの年ですか。
この墜落事故は事故当時の搭乗者名簿を読み上げたりするところも強く印象に残りましたね。
でも、実はこの事故は私にとってはその後何年も経ってからの方が関心が高くなりました。

機長さん家族がひどい目にあっていたこととか、マスコミの論調も操縦ミスであったかのようだったり、何も落ち度がないのに墜落の恐怖と闘いながら必死に飛行機を操縦しようとしてたコックピットの3人の方のことを考えて胸が痛かったです。

事故についてはいろんな説が飛び交っていて、実は知っていて言えない何かがあるのか、とも。
亡くなった方のためにせめて真実がなんであったのか、明らかにしてもし、防げることならそれを今後に生かすようにしてほしいですが…。
妊婦さんの胎教にはよくない年だったのですね^^;
  • posted by まんまるお月 
  • URL 
  • 2014.08/11 19:06分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

30年も経つんですね。たくさんの方が亡くなった事、それでも生存者がいた事、墜落の瞬間まで必死に操縦した機長さん達、家族にお別れのメモを残した乗客達、様々な事が衝撃で記憶に残っています。
クライマーズハイは読みました。便利な今と随分違っている事に驚きました。
沈まぬ太陽は途中で気が重くなって読めなくなってます。こういう事ってあまりないんですけど。

  • posted by Qちゃん 
  • URL 
  • 2014.08/11 23:06分 
  • [Edit]
  • [Res]

Qちゃん 

30年、当時子供だった犠牲者も中年になってるくらいの年月ですもんね。

謎の多い事故といわれていますし、なぜ垂直尾翼が吹っ飛んでしまったのか?も色々疑われていることがあるようで…。
絶対明らかにできない原因がある、とか…。
真実は何なのか関心があります。
でも今日のこの番組でもその辺は明らかにならないのかなと思います。
沈まぬ太陽はさすが山崎豊子としか言えない内容ですね。^^;

  • posted by まんまるお月 
  • URL 
  • 2014.08/12 06:53分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

昨日、フジの特番を見ました。
事故当時高校生だった私も、その当時の事故の悲惨さを鮮明に覚えています。
何より520名もの尊い命を一瞬にして奪った航空機史上最悪の事故…
生存者の女性の方の再現ドラマを見ていて、その方のお気持ちを思うと、胸が締め付けられるようでした。子どもたちに見せても良いのか迷って、「どうする?ほかの番組にする?」と聞きましたが、「これを見る」というので見せていました。
私は途中で余りにも辛くなってしまい、ほかの部屋に移動しましたが、(実は私も数年前に身内を突然の事故で亡くしていますので、気持ちが重なってしまうのです…)結局旦那と子供は最後まで見たようです。
下の子は泣いていました。
事故に関係のない私や子供でさえ、搭乗していた方や関係者のお気持ちを考えるだけで苦しくなってしまうほどの衝撃…。
事故原因の真相究明のところまで見ることができなかったのですが、ハッキリとわかったのでしょうか。
肝心な部分を見てないので感想というものではないですが、当たり前の日常が、とても幸せなことなんだと感謝せずにはいられませんでした…。(小さな事で愚痴ったりしてはいけませんね)
  • posted by ね~み♪ 
  • URL 
  • 2014.08/13 13:48分 
  • [Edit]
  • [Res]

ね~み♪さん 

残念ながら新事実と言うほどのものは予想通り出てきませんでしたね。
番組では原因は圧力隔壁の破損→垂直尾翼が吹き飛ばされるという今までの説と何ら変わらないものでした。
でもじゃあなぜ圧力隔壁が破損したのか、そのことで本当にあのように垂直尾翼が激しく損傷を受けるのか、とか全然究明しようとしてなくて。

再現ドラマは今まで本で読んだり報道されて知っていることばかりですし、この事故を知らない人に何があったのかを見せるにはまあいいとして、事故の根本については何も語られてなかったですね。

機体の故障などではなく外から何かがぶつかったのではないかという説も出ているくらいですし、それにちょっとだけ触れてはいましたけど、もしそうであれば日航も被害者かもしれないわけで…。
事故原因に突っ込んでなかったので残念でした。

家族がみんな元気でいられるというのは幸せですね。いろんなことはありますけど…。
  • posted by まんまるお月 
  • URL 
  • 2014.08/13 15:44分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。

ご案内

プロフィール

まんまるお月

Author:まんまるお月
40代の主婦です。
夫と3人の息子と暮らしています。
趣味はバイクでツーリング(たまに)、キルトがありますが、最近1番ハマっているのはピアノです♪

限定記事についてはブログ上でやり取りをさせていただいている方でしたらパスワード、お気軽にお問い合わせ下さい。

●今レッスン中の曲
「ゲゲゲの女房」より 茂のテーマ
「ゲゲゲの女房」より 旅立ちの風 

ハノン



●今までレッスンした曲
リンクにあります。

●ピアノ歴 
2011年11月からレッスンを受け始めました。
それまではオルガン・おもちゃのようなキーボードなど自分で勝手に遊び半分で鍵盤さわってました。最初はカワイのCA13というデジピで練習していましたが、2014年4月にアップライトピアノを譲っていただきますますピアノ熱が上がっています!

最新記事

全記事表示リンク

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

FC2カウンター