まんまるののんびり日記

ピアノレッスン6年目に突入しました~。大人のピアノなのでのんびり楽しく練習しています。

Entries

原爆の日

68年前の今日、午前8時15分、広島に世界で初めて原子爆弾という核兵器が使われ、沢山の人が被ばくし、街は破壊されました。

「はだしのゲン」という漫画はあまりにも有名で知らない人は少ないのではないでしょうか。
私は小学校高学年の頃この漫画を読みました。
その作者であり、ゲンのモデルとなった中沢啓治さんは昨年亡くなっており、先日「徹子の部屋」で生前出演された時のVTRを流していました。

中沢さんは昭和天皇を激しく憎悪していたそうですね。
軍部と天皇が早く降伏しなかったせいで原爆を落とされたんだと…恨む気持ちは分かります。

あの時何故あんな戦争に日本が進んで行ったのか、原爆を落とされないですむ手だてがあったのか、私にはよく分かりません。(勉強不足ですみません)
近代史ってあまり学校で習わないんですよね。年表で時系列に出来事をさらっと習うくらい。
背景や細かいことは勉強しませんので。この辺りの歴史認識などでは周辺のアジアの国から教科書の記述などでも叩かれたりするから難しいのでしょうか。

それはともかく、そのVTR、ほんの5分ほどの中沢さんの話に私は涙せずにはいられませんでした。

有名な話ですが、中沢さんは当時小学生。ちょうど登校時間でした。
学校の門の近くまで差し掛かったところで友達のお母さんに話しかけられました。
中沢さんは学校の塀を背中にしてそのお母さんの方を向いて話していました。
その時中沢さんの背後の方向に原爆が投下され、一瞬にして中沢さんは爆風で吹き飛びました。

気がつくと学校の塀が背中にのしかかっていたそうです。
でも、その塀のおかげで遮蔽され中沢さんは助かりました。

しかし呼び止めてくれたおばさんは一瞬にして原爆の犠牲となりました。
慌てて家に帰ろうと必死に歩く中沢さんの目にした光景…。
被爆した人々のありえない悲惨な姿…ちょっとここにも書けません。

はだしのゲンでもその光景は描いてありました。絵だからまだソフトに描いてあるとはいえ、当時は衝撃的でした。
ブラックジャックなどが好きで慣れているつもりの私でもちょっと読むのが気持ち悪くなるくらい。

その時の光景を実に淡々と、涙を浮かべるでもなく怒りに震えるでもなく語る中沢さんの話は知っていた話なのに何故か涙が出たんです。

実際に体験した話って淡々とされても胸に突き刺さりますね。
もしそこに自分がいて家族が犠牲になっていたらとか、自分も被曝して心にも体にも大きな傷を負っていたとしたら、と考えるだけで胸が締め付けられるんです。

今でも世界のあちこちでは紛争が起こり、日本の周辺も決して平和とは言い難いです。
領土問題などで周辺の国では不穏な動きがあります。
国交のない国で威力があるんだかないんだかよくわからないけどミサイルを飛ばして威嚇してくる国もあるし…。

自分たちだけが平和を貫こうとしても周りはそうはいかない。
それでも、あの悲劇は繰り返してはならないということは日本人が率先して声を上げ続けなければならないのではないでしょうか。
私ももちろん戦争を知りません。でも、このことを知らないからと無関心になったり、そんなことがあったことすら忘れてしまったらあの時犠牲になった何の罪もない多くの人々の死は何だったの、ってことになってしまいます。

今日は平和で幸せに生きている今の暮らしに感謝し、子供とも少しは戦争の話をしてみようと思います。
関連記事

Comment

NoTitle 

「はだしのゲン」は私も小学生の時に読みました。
本当に本当に衝撃的でした。
しかし現実はもっともっと壮絶だったのですよね。。。
罪もない人々が理不尽な不幸を背負う・・・
やりきれないですよね・・・。

娘は去年のサークルの旅で原爆ドームを訪れたそうで
すごく思うところがあったみたいです。
風化させてはいけないですね。。。
  • posted by ゆでたまご 
  • URL 
  • 2013.08/06 17:58分 
  • [Edit]
  • [Res]

ゆでたまごさん 

さっきNHKスペシャルを見ていたんですが、60年以上たってから血液疾患にかかる被爆者が多くおられるそうです。
被曝によって染色体が傷ついてしまうんですね。
その時だけでなく半世紀以上にわたって苦しめられ続けるなんてひどすぎますね。

実は私はまだ広島を訪れていないんです。1度は行かなくてはと思っています。
震災の被災地と同じく忘れてはならないところだと思うので…。


  • posted by まんまるお月 
  • URL 
  • 2013.08/06 22:08分 
  • [Edit]
  • [Res]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2013.08/07 08:31分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

私の中学の時の担任は長崎で爆心地1キロ以内で被爆しています。悲惨な状態の町を彷徨い歩き回り、気が付くと木の枝が胸に突き刺さっていたそうです。それで治療を受けて郊外の親戚の家で静養していたそうです。その後友人が安否を心配し会いに来られましたが、その方は次の日に亡くなったそうです。無傷で元気だったので爆心地で被災者の救援活動をしていたので放射能被曝が原因だったそうです。17才でした。先生は友人の分まで生きる事と原爆反対を訴える事を誓いました。
私が中学を卒業してからですが、先生は広島に修学旅行に行く運動を始めました。ヒロシマで被爆者の話を直接聞くという地味な修学旅行で生徒は大反対だったのですが行ってみて生徒の反応が180度変わりました。個人的に被災者と交流する生徒もありました。この運動は他の中学や高校にも広まっていきました。この事を本ににもしています。
世界で原爆を受けたのは日本だけです。外国の人は、どれだけ悲惨だったか知らないです。もっと声を出さなければいけない事だと思います。
  • posted by Qちゃん 
  • URL 
  • 2013.08/07 09:23分 
  • [Edit]
  • [Res]

Qちゃん 

そうなんですよね、直接爆発に遭遇した人だけではなく、その後家族などを探しに広島に入って歩き回っていた人たちも被曝してしまったんですよね。
当時、放射能汚染のことなんて分からなかったですからね。
昨日NHKで今になってMDS(骨髄異形成症候群という血液のがんの一種)にかかる広島・長崎の被爆者が増えていると言ってました。原因は被曝によって染色体が傷つけられているからです。

高齢になられてるし骨髄移植などは難しく、抗がん剤などの治療をされると。
何の罪もない一般の市民がなぜこんな理不尽な目に合わなければならないのかと。
被爆者というだけで結婚も差別されたり、本当に悔しかったと思います。

こういう事実をしっかりと次の世代に伝えることは大事だと思いますね。
震災もそうですし、原爆も、日本人にとって忘れてはいけないつらい記憶です。
実際に経験した方は高齢化して亡くなっていきます。でも語り継いでいかなければいけませんね。
  • posted by まんまるお月 
  • URL 
  • 2013.08/07 13:09分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

なぜ日本が戦争に向かっていったのか・・・。
それは歴史がそう言う流れだったとしか言えないかも・・(;^_^A
当時は世界中が植民地の取り合いしていてましたから、支配する側になるかされる側になるかの2択の時代だったんで。
飛ぶ鳥を落とす勢いのアメリカの経済が破綻した事で、それが加速したって言うか・・・。

日本はアメリカと戦い戦いたくなかったんですけど、欲をかいてドイツイタリアくっついちゃったから、逃げられなくなっちゃったんですよ( ̄▽ ̄;)

この戦争では、イロイロな国や民族が無理やり分割されたり崩壊させられたりしていて、今起きている紛争の原因の殆どは、この時に作られたものですよね。
イスラム問題もそこが発端ですから、アメリカへのテロ行為はそもそも自業自得で、報復って言うなら中東の国々の方にこそ正義はある(もちろん、暴力行為を肯定しているわけではありません)。

原爆は・・。
これはホントは落とさなくても、近日中に戦争は終わっていたはずです。
沖縄に上陸された時点で日本の負けは決まっていたんですから。
実際に、終戦に向けての工作が行われていた事実も残っていますし、アメリカ政府もそれを知っていました。
どれほど軍の発言力が強くても、それを黙らせる方策はいくらでもあったんですよ。

投下目的については推測でしかないですけど、長崎と広島で違うタイプの原爆が使われていることを考えれば、実験的な意味合いはあったと思います。
当然、使ってみたかったんだと思いますよ。
こんなチャンス(?)でもなかったら使えないじゃないですか。
人体に与える影響をみたかったんですよ。
有色人種など、彼らにとって人間のうちに入らないですから・・・。

それでも、一番の理由はやはり力の誇示なんじゃないでしょうかね?
威力を示して、その力を持ってして無理やりに終戦に持ち込む必要があったと。
外交的取引で終わったんじゃダメだったんですよ、多分。
自国に有利な形で終わらないと意味がないですから。
アメリカは今でもそう言う国でしょ?(苦笑)
落としたのが東京でも京都でも無かった事で、終戦後の日本の利権をその手中に収めたかったのも明白。
どう繕っても、「終わらせるためには仕方がなかった」はありえない(笑)

原爆にしろ戦争にしろ、デリケートな問題だとか言って、どこか触れないようにしているところがありますけど、タブー視することなくドンドン語ったらいいのではないかと思います。
肯定にしろ反対にしろ、そうやって語り合うことで忘れずにいつまでも問題視していられると思うので・・・。
有事の際、理不尽な目にあうのはいつだって、何の罪もない力なき庶民。
語れない立場の人も多いから、語れる立場にある人が思う様語ればいいと思います。

うへ、長!(爆)


  • posted by tukushi 
  • URL 
  • 2013.08/09 21:22分 
  • [Edit]
  • [Res]

tukushiさん 

分かりやすくまとめてくださってありがとうございます。
そうですね…そういう時代だったとしか言いようがないですね。
戦争に正義なんてないですね。それぞれの立場で自分たちの都合のいい理屈を並べているにすぎません。
結局自分たちの利益しか考えてない。

湾岸戦争にしたってそうですよね。

よくもまああれだけの爆弾を落とせたものですよね。
人体実験ですよね。
アメリカ軍はその後被爆者のデータを取りましたが治療はしていないですし。

でもアメリカはそのことで謝罪なんかしてないですね。
日本は中韓から戦時のことを謝れ謝れと言われ続けていますが…。

ドラマ「JIN」中で仁先生が「暴力は暴力を生むだけなんです」って言ってましたね。
本当にその通りで、恨みからも恨みしか生まれない。
過去のことをきちんと理解しお互いにこれからどうしていけばいいのか前向きに考えるしかない。
どんなに謝っても起きたことは元には戻りませんから。
そういうことがもう2度とないように、ってもっとみんなでできないのかなって思います。

「今の自分には関係ないもん」じゃなくて、戦争のことも政治のことも、ちゃんと考えないといけないですよね。
  • posted by まんまるお月 
  • URL 
  • 2013.08/09 21:42分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。

ご案内

プロフィール

まんまるお月

Author:まんまるお月
40代の主婦です。
夫と3人の息子と暮らしています。
趣味はバイクでツーリング(たまに)、キルトがありますが、最近1番ハマっているのはピアノです♪

限定記事についてはブログ上でやり取りをさせていただいている方でしたらパスワード、お気軽にお問い合わせ下さい。

●今レッスン中の曲
「ゲゲゲの女房」より 茂のテーマ
「ゲゲゲの女房」より 旅立ちの風 

ハノン



●今までレッスンした曲
リンクにあります。

●ピアノ歴 
2011年11月からレッスンを受け始めました。
それまではオルガン・おもちゃのようなキーボードなど自分で勝手に遊び半分で鍵盤さわってました。最初はカワイのCA13というデジピで練習していましたが、2014年4月にアップライトピアノを譲っていただきますますピアノ熱が上がっています!

最新記事

全記事表示リンク

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

FC2カウンター