まんまるののんびり日記

ピアノレッスン6年目に突入しました~。大人のピアノなのでのんびり楽しく練習しています。

Entries

痛い

ニュースで高校生が部活動の顧問に体罰を加えられたことを苦に自殺したことを何度も報道されています。
心が痛いですね・・・。

わが子も上2人は運動部に入っていました。
しかし、2人とも顧問やコーチに暴力を振るわれるということはなかったです。

次男の場合、クラブチーム時代は上手くできない時にコーチに「「肘!」ってパシッとやられるとかいうことはありましたけど、試合で失敗した時に叱責されたり殴られたことはありません。
小6~中1まで習っていた1番厳しかったコーチも練習は怖かったけど試合では何も結果について怒られなかったそうです。

今の部活の顧問にもうちの子は体罰はされなかったです。うちの子はおとなしいからかなあ。

でももしも、次男が体罰を受けていたら・・・自分はどうしてたかなあって思います。
次男が今の高校に入ったのもその部活をやるためでした。
体育科とかではないから嫌ならクラブを辞めることは可能でしたけど・・・でも10歳から始めたスポーツを頑張ろうと思って入ってきて、顧問が嫌だからといって好きなスポーツをすぐやめられるのかというと難しいです。

実際今の顧問の先生とあまり性格は合わなかったようでずっと文句は言ってましたよ。
理不尽な叱られ方をするとか、指導が具体的でなくて分からないとか。(その先生は天才肌の選手だったので)

後になってみたら自殺なんてされるくらいなら学校に抗議に行けばよかったと思うんでしょうけど、日本の学生スポーツ、体育会って結構封建的なところがありますよね。
指導者は絶対、のようなクラブはいくらでもあります。

アメリカなんかだと学校では部活動の掛け持ちも普通にいいんですよね。
本当に1つのスポーツをオリンピックに行くくらい究めたいならお金を別に出してクラブチームに入ればいいわけで。

でも日本だとプロを目指す野球でも高校・大学と学校の部活動で競技生活をするんですもんね。

教師がクラブチームのコーチ化していいものかどうか・・・。

もしわが子がこういうケースで悩んだらどうなっていたんだろうと。
先生や学校へ問いただすことをためらったりしなかっただろうか?
子供の話をちゃんと聞いてやれただろうか?
考えてしまいます。

うちの子は顧問のことを嫌がってはいましたが、理不尽なことを上から言われるなんてのは世の中に出ればいくらでもあります。
物分りのいいばかりの先生ではなく、ちょっと古かったり、偏った考え方でもそういう人もいるんだという勉強が出来てよかったかなとは思っています。
世の中理屈がちゃんと通ることの方が少ないかもしれません。
ずべてにあきらめて納得してしまうことはないけど、ただただ「おかしい!」「理不尽だ!」と拒絶してるだけでは世渡りできませんからね。

話は逸れましたが今回のケース、試合でうまく行かなかったからなのか、試合中などその日だけで合計30~40発殴られたと本人は言っていたとか。
みんなの前で何度も殴られるってとってもつらいと思います。
体も痛いけど心も痛かったと思います。

それに子供を殴ってまで指導しなければならないことは競技でのミスではないと思います。

あるとするなら自分や他人の命に危険を及ぼすような行為があった場合に限るんじゃないでしょうか。
そんなことってそうそうしょっちゅうあるものではないと思います。

高校生にもなれば口で言えば理解できます。
動物の調教ではありません。ましてスポーツですよ。そうそう殴る指導が必要だとは到底思えないです。
きっと自殺した生徒さんは真面目な子だったんでしょう。
そんなに追い詰められたなんてかわいそうでなりません。
でも死ななくてもよかったんだよ、お父さんお母さんに助けてもらえばよかったんだから・・・。
こんな形で子供を失うなんてことだけは御免です。
その学校の顧問および教職員、暴力を知っていて黙認していたすべての大人たちは反省すべきです。





関連記事

Comment

NoTitle 

まんまるさんのお考えにはとっても賛同いたしますm(_ _)m

先生は何も30発以上もたたかなくてもよかったろうし

県大会だかに行くほどの強豪校なら厳しいだろうし

結果として一番起こってほしくないことが起こってしまいましたが

もっと考えて改善できるところがきっとあるでしょう。

彼の死を無駄にしないようにもっと考えて生きたい事案ですねf( ̄ _ ̄)
  • posted by  
  • URL 
  • 2013.01/10 22:14分 
  • [Edit]
  • [Res]

名なしさん 

多分つんつんさんですよね?
今回も名なしになってますよ~~~ww

ちょっと今回のケースは身につまされました。
厳しい体育会系クラブでの体罰・自殺となれば・・・。
高校生って体は大人でもまだまだ精神的には子供ですし、追い詰められてしまった時どのようにその精神的圧力から逃れればいいか分からないんだと思います。

思うとおりに選手たちが動かないからその苛立ちのはけ口にされていたようにみえますよね。
本当に選手たちのことを思ってのことなら何十発も殴らないと思います。

これは特別なケース、なんて言ってる教育家(百ます計算考えた人)もいますけど、そんなことないと思います。体罰の回数は違えど、似たようなことが他でもあるはずです。
他人事と考えず、どうすればこういうことが予防できるのか真剣に議論しなければいけないと思います。

公立校ですからまずは10年以上も同じ学校にい続けるっていうこともやめた方がいいでしょうね。
  • posted by まんまるお月 
  • URL 
  • 2013.01/10 22:52分 
  • [Edit]
  • [Res]

可哀想です 

試合中に30〜40回殴るなんて、これはもう叱咤激励の域を完全に逸脱してます。優勝したって高校レベルでしょ。世界にはまだまだ遠い段階です。これから色んな経験を積んで強くなっていくのに。日本は学校でスポーツをやるからたまたまとその学校に配属されていた教師が顧問になったりしますが、諸外国では各競技のスペシャリストが指導します。
今回の事で桑田真澄さんが中学、高校で上級生や顧問によく殴られた。殴られて上達する訳じゃない、野球が好きなのに練習に行くのが嫌だった。理不尽に殴られるのが嫌で競技を辞めた優秀な人材がいっぱいいるのではないか。体罰は競技の向上の妨げにしかならないと言っていました。その通りだと思います。
亡くなった生徒さんのご冥福をお祈りします。ご両親の悲しみと苦しみは計り知れません。
  • posted by Qちゃん 
  • URL 
  • 2013.01/12 19:04分 
  • [Edit]
  • [Res]

Qちゃん 

> 試合中に30〜40回殴るなんて、これはもう叱咤激励の域を完全に逸脱してます。

ほんとにそうですよね。ただのパワハラ、暴行傷害ですよね。

> 優勝したって高校レベルでしょ。世界にはまだまだ遠い段階です。これから色んな経験を積んで強くなっていくのに。日本は学校でスポーツをやるからたまたまとその学校に配属されていた教師が顧問になったりしますが、諸外国では各競技のスペシャリストが指導します。

学校の教師が指導者をすると自分の学校に在籍している時さえ結果を出してくれたらいいと無茶な使い方をしてその後故障してだめになってしまう選手もいますよね・・・。
その選手の長い競技生活を真剣に考えて指導しているとは思えないケースがあるというのも問題ですね。

> 今回の事で桑田真澄さんが中学、高校で上級生や顧問によく殴られた。殴られて上達する訳じゃない、野球が好きなのに練習に行くのが嫌だった。理不尽に殴られるのが嫌で競技を辞めた優秀な人材がいっぱいいるのではないか。体罰は競技の向上の妨げにしかならないと言っていました。その通りだと思います。
> 亡くなった生徒さんのご冥福をお祈りします。ご両親の悲しみと苦しみは計り知れません。

私も桑田さんのコメント見ました。
桑田さんは私と同級生。その世代は体罰を受けていて、それが正しいと思ってる指導者もいるのでしょうね。
問題の顧問も同世代ですし。桑田さんは以前から体罰はいけないと訴えられてるそうでそういう意見がもっと大きくなるといいと思いますね。
もしこんな形で子供の命を失うことがあったら私の人生ももうそこで終わったも同然です。
ご両親の気持ちを思うと言葉もないですね・・・。
  • posted by まんまるお月 
  • URL 
  • 2013.01/13 07:41分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。

ご案内

プロフィール

まんまるお月

Author:まんまるお月
40代の主婦です。
夫と3人の息子と暮らしています。
趣味はバイクでツーリング(たまに)、キルトがありますが、最近1番ハマっているのはピアノです♪

限定記事についてはブログ上でやり取りをさせていただいている方でしたらパスワード、お気軽にお問い合わせ下さい。

●今レッスン中の曲
「HANABI」
 ハノン
 こっそり譜読みしている曲
 ベトソナ19番 第1楽章



●今までレッスンした曲
リンクにあります。

●ピアノ歴 
2011年11月からレッスンを受け始めました。
それまではオルガン・おもちゃのようなキーボードなど自分で勝手に遊び半分で鍵盤さわってました。最初はカワイのCA13というデジピで練習していましたが、2014年4月にアップライトピアノを譲っていただきますますピアノ熱が上がっています!

最新記事

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事表示リンク

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

FC2カウンター