まんまるののんびり日記

ピアノレッスン6年目に突入しました~。大人のピアノなのでのんびり楽しく練習しています。

Entries

しあわせについて

日朝首脳会談で北朝鮮が横田めぐみさんを「死亡」と伝えてきた日から10年が経ったのだそうです。

今朝の地元紙にそのことが書いてありました。

『その夜の会見が忘れられない。号泣する夫滋さんのマイクを取り「いずれ人は皆死んでいきます。めぐみは犠牲になり使命を果たしました。でも、私はまだ生きていることを信じ続けて闘っていきます。」と早紀江さん。母はなんと強いものか-。メモの文字がにじんで仕方がなかったのを覚えている。』

めぐみさんが拉致されてもう35年になります。
ご両親の苦しみを思うと、本当に親として胸が締め付けられます。
もしわが子が突然目の前からいなくなって帰ってこなかったら・・・想像できませんよね。

めぐみさんのご両親は娘の人生の大事な分岐点である進学や就職・結婚などについて心配したり一緒に喜んだり悩んだり、そういう親なら当たり前のことが何もできなかったんだなあと改めて思います。
どこにいるんだろう、つらい思いをしていないか、生きているのか・・・そんなことをずっと考えてこられたんです。

そう思うと当たり前のことで悩めるなんてしあわせなんですね。
めぐみさんのご両親は親として当然子供のためにしてやれることのすべてを奪われてここまできたんです。


親は子供のしあわせを願い、それが高じてついつい、欲張ってしまいそうになります。
できれば成績も高いほうがいいし、学歴だってないよりあるほうがいいし、安定した生活を送れるような仕事に就いてほしい・・・とか。
でもそれはあくまでも親の希望であって、子供には子供の人生があるんですもんね。

犯罪行為をするとか、人様に迷惑をかけるとか、そういうことがない限り、あまりにも親の考えの枠にはめようとしてはいけないなとちょっと反省しています。
子供がつまづきの少ない順調な人生を送ってくれれば親として私だってこんなに楽なことはありません。
子供のしあわせを願う反面、自分のエゴなのかな?子供の本当のしあわせというのは何なのかな?とか考えてしまって。
とはいえ、反省はしてみても時間が経つとまた同じ思いが堂々巡りなんですけどね。

めぐみさんとご両親を一刻も早く逢わせてあげてほしいです。
記事の中に『新たな敵も立ちはだかる。時間だ。』とあります。
これ以上横田さんたちが苦しみ続ける理由など何一つありません。
関連記事

Comment

NoTitle 

昨年は震災ほか、個人的にもいろいろあって、自分の寿命がいつまでかわからないけど、命の期限について真剣に向き合ってあれこれ悩んだ時期があったんです。

今、もしくは近い将来自分が召されて行くとして、何が一番心残りだろう、何のために今死ねない、死にたくないって思うんだろう…って考えたら、やっぱり子ども達の成長を見届けてから逝きたい、それに尽きると思ったんですね。いつを以って「成長を見届ける」というのか分かりませんが、とにかく今死ぬわけにはいかない…と。

そう考えると、横田さんはじめ拉致被害者の家族の皆さんや、他にもいろいろな事情でそれが叶わなかった多くの人々の無念さたるや、どれほどのものかと思います。

そう、子どもには子どもの人生がありますね。切り離さなくては…と思うのですが、ついつい親のエゴが首をもたげます。いつもそばにおいてる詩があります。「父母の祈り」という詩ですが、その一連はこんな風です。

わが子が自分の望む道を歩めるように、
わたしが歩みたいと臨んだ道を子どもに強いることがないように、
神よ、力を与えたまえ。

いつもそういう母でありたいと思うけれど、なかなか私には難しいようです。
  • posted by トマト 
  • URL 
  • 2012.09/20 11:52分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

まんまるさん、拉致されたご家族の事を本当にお気の毒で、悔しい!と思います。
毎日、口うるさく早く!を何度呪文のようにユタ坊に言っているか***
元気で(アトピーはあるけど)、人様の迷惑をかけないでいてくれるだけで幸せ!と思わなくてはいけないのにね。
ちょっとでも将来の事を考えてしまって声を荒げてしまってます。
小さい時は、早く大きくなって~*と思い。大きくなったらなったで、進学、就職、結婚、本当に何も悩みがない穏やかな日が来るのかな?って思ったりした事もあります。
心の持ちようで、自分が楽になると思ったり。
まだまだ私の修行が足らないのかも***
  • posted by ロクママ 
  • URL 
  • 2012.09/20 12:07分 
  • [Edit]
  • [Res]

Re: NoTitle 

トマトさん、そうですね、私ももし今死ぬとして心残りは子供たちのことだろうなって思います。
でもきっと子供たちはもう私がいなくても生きていけるとも思っています。

母親はお腹の中で子供を育てて産むんですから、やっぱりどこかで子供のことを自分の分身のように思うし、子供がつらい目にあえばそれこそ身を切られるようにつらいです。
少し距離を置いて子供と向き合える男親とは違うように思います。

でもこの思いを子供にぶつけてはいけないんだなって最近思うようになりました。
「お母さんはあんたたちのことが心配だから!」って言っても子供は「それはお母さんが勝手に心配してるんやろ。いいからほっといてくれ。」になっちゃいますね。
それが本当のことだからもうしょうがないなあって。

もっと強い自分であれたら・・・って思いますよ。
でもダメです、私もオロオロしてばっかりで肝が据わらないですよ。
子供の情けない姿も、だらしない姿も、笑顔も今、毎日見ることができるだけでもしあわせだって思おうとしているところです。
心配なんてしてもキリがないんですよね。
何かあるたびに「こんなくらいで・・・贅沢贅沢!」って自分を叱咤する日々です^^;
  • posted by まんまるお月 
  • URL 
  • 2012.09/20 13:23分 
  • [Edit]
  • [Res]

Re: NoTitle 

ロクママさん、私たちは子供より長く生きている分、色々なことを知っていますからね。
「もっとこうした方が・・・」って思うことだらけですよね。
でも、子供も失敗したりしながら学んだり成長していくんですよね。
失敗させない子育てではなく、失敗したらどうすればいいか、を教えていけばよかったなあって今になって思います。
あまりに口うるさく先回りし過ぎて子供の自主性や積極性を失わせてしまったように思っています。

もううちの子供たちも大きくなってきました。
そろそろ小さい時と同じような子育てではダメですよね。
遠くからそっと見守る、口を出さない、当たり前のこともなかなかできない未熟な母親です。

危なっかしいし、心配だし、ストレスだらけですが、それでも子供とともにここまで生きてこられたことがしあわせなんだと思います。
それがかなわなかった人の苦しみを思えば、小さなことなんだ、って。
お互いに修行の日々が続きますが、頑張りましょう。
  • posted by まんまるお月 
  • URL 
  • 2012.09/20 13:28分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

数人の拉致被害者が帰国し、他の方々は死亡と聞いた時、衝撃で血の気が引きました。被害者家族にとってなんて残酷な事を。突然国交もない国に拉致され家族と離ればなれにされてしまうなんて、理不尽過ぎます。確かな生存情報が寄せられているのできっと生存している筈。北朝鮮の代表が代わった事で、被害者全員の帰国が実現するように願って止みません。
我が子と引き裂かれて35年。成長の過程を一度も見る事もなくずっと身を案じる生活。私には耐えられそうもありません。
うちは私より娘のほうがしっかりしているので私がガミガミいう事はあまりなかったです。でも心配は山ほどさせられました。かわいい子には旅をさせろと言いますが、その通りだと思います。
  • posted by Qちゃん 
  • URL 
  • 2012.09/21 13:35分 
  • [Edit]
  • [Res]

Re: NoTitle 

Qちゃん、本当に死亡のニュースは衝撃でした。
有本恵子さんのご両親もお元気にされてますがもう80代になられてますね。
娘に会いたい一心で「まだ死ねない」と気力を振り絞っておられるのだと思います。

本当に親御さんには時間がないですよね。せっかく北朝鮮は今、指導者も変わったのだし、チャンスだと思うんですけどなかなか進まないのは日本の外国との交渉下手、弱腰外交のせいなのでしょうか。

35年も子供の消息すら分からないなんてありえないことです。
曽我ひとみさんが「自分が帰国した後、拉致被害者は次々に帰ってくるものと思っていた」と言われてます。
なのになぜ、あれ以来誰も返さないんでしょうね。認めたんなら全員返せばよかったものを・・・。

それに比べれば少々(いや、かなり?)出来が悪くても息子の様子を見ていられる私はしあわせですね。
見てるとイライラもするし心配ですが、横田さんたちなら「それも楽しみ」と言われるレベルだと思います・・・。
  • posted by まんまるお月 
  • URL 
  • 2012.09/21 14:26分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。

ご案内

プロフィール

まんまるお月

Author:まんまるお月
40代の主婦です。
夫と3人の息子と暮らしています。
趣味はバイクでツーリング(たまに)、キルトがありますが、最近1番ハマっているのはピアノです♪

限定記事についてはブログ上でやり取りをさせていただいている方でしたらパスワード、お気軽にお問い合わせ下さい。

●今レッスン中の曲
「ゲゲゲの女房」より 茂のテーマ
「ゲゲゲの女房」より 旅立ちの風 

ハノン



●今までレッスンした曲
リンクにあります。

●ピアノ歴 
2011年11月からレッスンを受け始めました。
それまではオルガン・おもちゃのようなキーボードなど自分で勝手に遊び半分で鍵盤さわってました。最初はカワイのCA13というデジピで練習していましたが、2014年4月にアップライトピアノを譲っていただきますますピアノ熱が上がっています!

最新記事

全記事表示リンク

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

FC2カウンター