FC2ブログ

まんまるののんびり日記

ピアノレッスン8年目に突入しました~。大人のピアノなのでのんびり楽しく練習しています。

Entries

傾聴って難しい

今日はある予定があって、1人で電車に1時間乗ってのお出かけをしました。

行きの電車の中で以前あるところでいただいたこの本を読みました。
ざっとは読んでたんですが、なかなか1冊をしっかり読む時間がなくて…それに老眼もあって、昔ほど読書が楽じゃなくて。
まあ、言い訳なんですが。読みたい本が溜まっていく一方で。昔は手にしたらすぐ読んでたのに~。

と、話がそれました。
20191117.jpg

少し前に自分の気持ちを伝えることの大切さ、みたいなことを書きました。
それも人とのコミュニケーションのためには大事なことです。

それと、もう1つはいかにして、人の話を聴けるか、ということです。
看護師をはじめとする、人を援助するような仕事をしている人なら必ず言われたことがあるはずで、よく使われる言葉に「傾聴」があります。文字通り、耳を傾けて相手の話を「聴く」ことです。
大学の心理学でもこの言葉は何度も出てきています。

しかし、実際にやろうとすると、どうしたらええの?ってなるし、この仕事してても私にもできてなかったですね。
特に家族とかになると、全然話を聴けてない。夫にもよく言われます。「僕の言うことなんて全然聴いてないやろ」
はい、確かにそうです。

本を読んでみるとほんとにそう思います。

人の話を聴けない人というのには特徴があります。

まず、「沈黙に耐えられない人」
沈黙が続くとそれに耐えられないで、自分で話を進めちゃう。

あとは「尋問口調になってしまう人」 自分では気づかないけど、相手が黙ってると「○○はどうなってるんだ」とか次々と自分が気になると思ったことを聞いてしまう…。尋問されたら怖いです。

「思い込みが激しい」 相手の話を最後まで聞かずに勝手にストーリーを分かったつもりになってしまう。
自分の体験談と相手のそれとは違うはずなのに。そして話を捻じ曲げる。これじゃ、聞いてくれてるって感じにならないですね。

「すぐに話をまとめたがる人」 人は話をする時にそんなに理路整然とは話せないし、自分で話しながら確かめて…みたいな時に待てないのか「つまり、~ということだね」とまとめたがる。私の言いたいこと、気持ちを簡単な言葉でまとめないでよ…色々あんだよ、って思っちゃう。

そして1番ヤバいのはこれ、「アドバイスしたがる人」
これは私もやってました。いつも。これがアカンのだそうです。
アドバイスする方には悪気なんか全然ありません。むしろ相手のことを思って、なんとかしてあげたくて、言ってるだけなんです。
でもね…この本によるとアドバイスというのは必ず、相手の現状を否定するニュアンスが含まれている、と言ってます。
「あなたのココがダメだから、そこを直しなさい」って。
いくらアドバイスが正しいとしても、繊細な人は自分を否定されたように感じて傷ついてしまうことがあると…ギク(;´・ω・)
また、人間は現状を否定されると自分を守ろうとする意識が働くので、どんな有益なアドバイスであっても素直に心に入って行かないのだそうです。
アドバイスというのは受け入れることが難しいものなんですね。

そして、実はアドバイスを持ち掛けてくるというか、相談してくる人、だと思うんですが、その多くが実はアドバイスを求めてはいない、ということなんです。
ただ、聴いてほしい、でも「聴いてもらえますか?」とは言いにくいので、「あなたの意見を聞かせてほしいんですが」とか言ってくると。そう言われなくても、多くの人が悩み事を話してきた相手に対してアドバイスしてしまいませんか?
安易にアドバイスをしてしまう人は実は「相手が困ってる状況に自分自身が不安を感じてしまって、それを解消しようとしてアドバイスしてしまう」ということがあるんだそうです。

確かに、私自身思い当たります。
辛そうにしている、困っている相手を見ている自分が辛い、相手が楽になれば自分も楽になれる…。
だからつい、余計なことを頼まれもしないのにアドバイスしたくなってしまうんです。
子供にあれこれ言ってしまうのもほぼこれだった気がします。
放っておいて、どうしても困った時相手からアドバイスを求められたときにだけ、「こういうやり方もあるよ」と「情報提供」くらいにしておけばいいんですね。
それを聴いてどうするかは本人が決めればいいことで、こちらの言うとおりにする必要などなし。
人は結局誰に何と言われても、自分で決めて行動するほかないということなんです。

なのに、自分がこうした方がいいよ、という方に誘導しようとする…余計なお世話なんですね。
私は友人にもこういうことしてたと思います。今思えば失礼だったなって思います。

少しずつ理解はしてきてたんですが、改めて本を読んでみてさらに思いました。
「良かれと思って…」「悪気はなく」ても、相手をそのことで傷つけてしまう、「自分なんかダメな人間なんだ」って思わせてしまう、そういう危険があるということなんですよね。

「会話には結論はいらない、それは相手が自分で出すもの」ということを常に心得たいと思います。

この本にはまだまだ、なるほどなあって思わされることが書いてあります。
また機会をみて、ご紹介できたらと思います。

ちなみに、私はカウンセラーになろうなんて全く思っていませんよ。
人のことを援助する前に自分のことです。
私にはまだまだ、自分自身のことに取り組む必要がありますから。
これからもそのために、色々勉強したいと思っています。
こういう勉強は面白いし、自分が無意識にやってしまっていたことを意識出来ると自分の見ていた世界が変わって見える気がします。

関連記事

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。

ご案内

プロフィール

まんまるお月

Author:まんまるお月
50代の主婦です。
夫と3人の息子と暮らしています。
趣味はバイクでツーリング(たまに)、キルトがありますが、最近1番ハマっているのはピアノです♪

限定記事についてはブログ上でやり取りをさせていただいている方でしたらパスワード、お気軽にお問い合わせ下さい。

●今レッスン中の曲
 Asian Sea(ウォン・ウィンツァン)
 ハノン
 ブラームス 間奏曲Op118-2
 ドビュッシー 月の光


●今までレッスンした曲
リンクにあります。

●ピアノ歴 
2011年11月からレッスンを受け始めました。
それまではオルガン・おもちゃのようなキーボードなど自分で勝手に遊び半分で鍵盤さわってました。最初はカワイのCA13というデジピで練習していましたが、2014年4月にアップライトピアノを譲っていただきますますピアノ熱が上がっています!

最新記事

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事表示リンク

カレンダー

12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

FC2カウンター