FC2ブログ

まんまるののんびり日記

ピアノレッスン8年目に突入しました~。大人のピアノなのでのんびり楽しく練習しています。

Entries

人に傷つけられた、と感じた時


私が教わったことなんですけど…。

誰かに何かを言われて傷つくことって結構ありませんか?
私はかなり人の顔色を見る子供でしたし、人からどう思われているかをとても気にする人間だったので、人の言動に傷つくことはいっぱいありました。

相手は何気なく言ったかもしれないことでも、「もしかして、私のあの言葉に気を悪くしたんだろうか」とか「私のこと、好きじゃないのかな」とか。
そして逆に相手に何か言われて辛くなっても、傷ついてもそのことを相手に伝えることなんて絶対に出来なかった。

でも、最近教わったのは自分の気持ちを正直に表すことは悪いことじゃないんだよ、ってこと。
気持ちを押し込めずにちゃんと表に出した方がいいんだよ、ということ。

それは何も、相手に全部突っかかっていけとか、文句を言っていいとか、そういうことではないんです。

やっぱり傷ついたな~と思ったなら、それを認めることからでしょうか。
「私は何も傷ついてない、ショックなんか受けてない」って自分の気持ちをなかった事にして押し込めてしまうと、その思いはずっと残ってしまいます。
どうして、押し込めてしまうのかっていうと「どうせ私の気持ちなんか分かってもらえない」って思うからです。
そう思うのは心の奥底では「本当は私の気持ちを分かってもらいたい」と相手に期待しているから。
でもこれは人間なら当然のことなんですよね。

すれ違うのはお互いがこう思っていて、先に自分の気持ちを分かってもらいたいから…。そしたらこっちだって分かってあげるわよ、みたいな。だって、どうして私ばかりが相手に譲歩して分かってあげないといけないの?って私は思ってしまっていました。

でもね、考えてみたら「分かる」っていうのは何も相手に譲歩することではないんですよね。
「ああ、あなたはそんな風に思っているのですね」「あなたは今そんな気持ちなんですね」っていうのが分かる・・・ということではないかなって。

とにかくまずはああ~そうなんだ~、なるほど、と受け止める。これは別に譲歩じゃないんです。
聞いた上で相容れない、私は違う、と思うならそれはそれでOKなんですよね。

なので、相手にも譲歩してもらうことまで期待するのではなく、まずは「今、自分がどんな気持ちでいるのか」を冷静に聴いてもらえるかどうか、が大事なのかなと。
そのためには相手を「非難・批判」するような表現をしないことが肝要なのではないでしょうか。

「あなたって本当にひどいことを言うのね!」って言ったら「あなたの言動はひどい」と私が評価して非難していることになります。
でも、そうではなくて、「あなたが今、○○と言ったことで、私はとても悲しい気持ちになったの。××と思われたのかと思うとショックだったの」という言い方だと、「あなた」のことを直接非難はしていません。でも自分が悲しいとか、ショックだということは伝わります。
「私が感じる」ことは「私」の感覚なので、私にしか分からないし、それを「そんなはずはない!」と言われる筋合いはないので…。

物事には基本的に善悪はないと言われました。そりゃ殺人とか、お酒を飲んで運転するとか、人としてモラルに反することや法律違反、は別です。
でも同じ言葉を言われても時と相手、場合によっては腹が立ったり、面白くて大笑いしたり…そういうことはあると思います。
人によっても受け止め方が違ってて、同じ言葉でも良いようにも悪いようにも取られますし。

なので「私」の感覚で相手に善し悪しをつけるような、特に「あなたは~」から始まる「You メッセージ」は『相手から操作されようとしている』と警戒されがちです。
「私は~」から始まる「I メッセージ」をたくさん使うと上手く自己表現が出来るといいます。
これは子供に対しても同じであると聞きました。

「もう!どうしてあなたはいつもお片付けできないの!」と叱るより「お片付けしてくれるとママ(私)はとってもうれしいな」って言われる方が子供も素直に片付けようかなって気持ちになるんです。
夫婦間や上司部下などの関係でも同じらしいです。

相手を批判しないで、気持ちよく自分の気持ちを表現し、伝える…簡単なようで実はとても難しいことで、私も本当にこれが下手で、すぐ自分の気持ちを押し込んで、でもそれがたまってくると爆発して他のところで八つ当たりしたり…そしてそんな自分にまた自己嫌悪するなんてことがよくありました。
職場でもそんなことで、ちょっとウマの合わない人と揉めたことが10年以上前ですが、ありました。若かったしね…。

今も、決して上手ではないし、もともと本当の自分の気持ちになかなか気づけないこともあります。
素直な表現なんて…ハードル高かったりします。
今も練習中、と言ったところですが、前よりマシになってきたかなと思います。
その結果、周りとの関係でのストレスはだいぶ減ったと思います。

周りは変わってなくても自分の受け止め方や接し方でそれなりにやり過ごせることが増えました。

感情を素直に表現できること、はとても大切で、でもそれは子供の頃から練習しないと上手くできないのだそうです。
私は子供の頃、よく泣く子だったんですが、親からも先生からも「泣くな!」と言われ続け、辛いことを聞いてもらう機会もなかったのでだんだん、自分の気持ちに蓋をして「頑張らなくては」「我慢しなくては」というようなことばかり考える子供になり、人前で泣くことが出来なくなりました。
全然子供らしくなかったなあと思います。
子供は自分の心の中のモヤモヤや色んな気持ちを上手く表現する語彙力がありません。でも、そんな時に大人が子供のことをよく見て、話を聴いて、言葉にして「ああ、あなたは今とても悔しかったんだね」と言ってあげると「ああ、今私は悔しかったんだ」って気づくことが出来るのだそうです。
人間は「言語化」することで自分の気持ちに気付けるのだそうです。心理学の授業で今それを勉強してまして。
なるほど~と。
だから私たちも、今の自分の気持ちをまずは自分で十分に味わってみることが大切なのかなと思います。
我慢したりなかった事にしないで、味わってみる…辛いことも多いけど、私はまず、自分自身に向き合うことが自分を楽にすることなのかもしれないなって実感しています。

また今日も面倒くさい話になりました。
何が言いたかったのか分からなくなってきましたね。
ここまでお付き合いいただいた方にはがっかりさせたかも…(;・∀・)

また色々考えたことや学んだことをここに自分に対して、忘れないように書いておくつもりです。

関連記事

Comment

NoTitle 

がっかりなんかしないですよ~!いくつになっても成長していきたいですよね!^^

アイメッセージ、アサーション、コーチングなど、研修で学んではいますが、現実に使うとなると、特にプライベートだと感情が先に立つことが多くて難しいです。まんまるさんはいつも意識していてえらいですね!

わたしも最近内面で色々なことが起こっています(内省していい方向にむかってます!)そのうち記事にしようかな。
なんだろう。女性のこの年齢って精神的過渡期なのかしら?(笑)
死ぬまで成長だ~~ピアノも中身も~~!(笑)
  • posted by ねこぴあの 
  • URL 
  • 2019.11/10 10:31分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

自分の気持ちのコントロールって難しいですね。いくつになっても難しいなと思います。
専門用語的な事はわからないんですけど、ここ最近ようやく自分の心の傾向に気づき始めました。
最近ようやく・・・って事はこれからも今まで気づかなかった事を気付くチャンスがあるわけで、そう考えると「嫌だな」って思えたことも無駄じゃ無いんだなと。
こんな事をじっくり考えられるのも、実は平和な証拠なんだよな、とか、ピアノの事もそう、環境的な不満もそう、災害や戦争が自分にふりかかったらそれどころじゃないんだよな~、なんて思ったりしています。
人生いつまでも勉強なのかもしれませんね。
  • posted by ね~み♪ 
  • URL 
  • 2019.11/10 13:40分 
  • [Edit]
  • [Res]

ねこぴあのさん 

> がっかりなんかしないですよ~!いくつになっても成長していきたいですよね!^^

ありがとうございます。
生きている限り、成長し続けたいし、人は成長できるものですよね。
その気があれば、ですが。

> アイメッセージ、アサーション、コーチングなど、研修で学んではいますが、現実に使うとなると、特にプライベートだと感情が先に立つことが多くて難しいです。まんまるさんはいつも意識していてえらいですね!

ナースの研修でもよく使われますよね。
自分の弱点でもあるので、普段から意識してないと今までのパターンにハマってしまって繰り返しになっちゃいますからね。
「またやってしもた…」ってなるのも嫌だし…。
でも難しいですね。

> わたしも最近内面で色々なことが起こっています(内省していい方向にむかってます!)そのうち記事にしようかな。

是非、記事書いてください。読みたいです。

> なんだろう。女性のこの年齢って精神的過渡期なのかしら?(笑)
> 死ぬまで成長だ~~ピアノも中身も~~!(笑)

人によって時期は違うかもしれませんが、悩み事に直面して、自分を見つめた時に精神的なステップアップのチャンスが訪れるんじゃないでしょうか。
順風満帆、調子いい、と思ってるときはそんなことする必要ないですもんね。
まあ、焦らず自分のペースで、ピアノも心のお勉強もしていきましょう。

  • posted by まんまるお月 
  • URL 
  • 2019.11/10 17:37分 
  • [Edit]
  • [Res]

ね~み♪さん 

> 自分の気持ちのコントロールって難しいですね。いくつになっても難しいなと思います。

そもそも、感情をコントロールしなくちゃいけないものなのかな~ってところですよね。
それが大人だって思っていましたが、そうなのかしら…と。
案外、本当の自分の気持ちを分からないでいる人は多いのではないでしょうか。

「なんで、私はこんなに腹を立ててるんだろう?」「なんであの人にこんなにイライラしてるんだろう?」
それを見つめてみると別の感情が表われたり、相手に映し出した自分自身の姿が見えてきたり…。
この辺は心理学を学んでいるとなかなか面白いです。

「自分のことに気が付く」っていうのはとても大事なんですって。
これも人のことばかり考えていて自分のことに気づいていない人が結構多いとか。
私もそうでした(^_^;)

> 専門用語的な事はわからないんですけど、ここ最近ようやく自分の心の傾向に気づき始めました。
> 最近ようやく・・・って事はこれからも今まで気づかなかった事を気付くチャンスがあるわけで、そう考えると「嫌だな」って思えたことも無駄じゃ無いんだなと。

遅すぎるなんてことはないですからね。
自分を見つめるってしんどいことでもあるけど、面白いことでもあるなと最近思っています。
自分のことに気付くと、他人(家族とかも含めた自分以外の人)に対してなんか、前より優しい気持ちになれる気がします。

> こんな事をじっくり考えられるのも、実は平和な証拠なんだよな、とか、ピアノの事もそう、環境的な不満もそう、災害や戦争が自分にふりかかったらそれどころじゃないんだよな~、なんて思ったりしています。
> 人生いつまでも勉強なのかもしれませんね。

確かにそうですね。今、主流の心理学はユダヤ人によって提唱されたり研究されたものが結構多いんですよ。
迫害されてきた人たち、ですよね。
やはり自分が人格を持った1人の人間であると扱われなかった場合、心に傷を持ってしまうのでしょうね。
これは戦争でもそうですし、親子間や男女間など様々なシーンで繰り返されてきたように思います。

人との出会いによって成長しているんでしょうね。家族、子供との出会いもその1つ、ですね。
人としての成長は死ぬまで続きますね。

  • posted by まんまるお月 
  • URL 
  • 2019.11/10 21:13分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

こんばんわ~
難しい課題ですね。
仕事でも感情的になった時「叱る」では「怒る」となってしまった時に「言葉で相手を傷つけてしまう」事も。
声を荒げると相手を傷つける、と思い黙っていると「無視した」と言われる事も。

別の事ですが「指差す」行為。
随分以前、「指差した」事を
「相手に向いている指は2本ですが、他の指3本は自分の方を向いている」
指差して注意する行為、自分は注意しているつもりでも自分も注意されているのですが。
と話しますと「このおっさん、何言とんねん」と言う感じでした。

まとまりの無い書き込みでした。
  • posted by がきでか 
  • URL 
  • 2019.11/13 18:08分 
  • [Edit]
  • [Res]

がきでかさん 

おはようございます!

> 仕事でも感情的になった時「叱る」では「怒る」となってしまった時に「言葉で相手を傷つけてしまう」事も。
> 声を荒げると相手を傷つける、と思い黙っていると「無視した」と言われる事も。

そうですね、難しいですね。
1つ言えることは、相手をコントロールしようとすると、色んな軋轢や不具合を生んでしまうということでしょうかね。
部下に指導したり、子育てについても同じだと思ってるんです。
他人や過去は変えられない…んですよね(;^_^A 

> 別の事ですが「指差す」行為。
> 随分以前、「指差した」事を
> 「相手に向いている指は2本ですが、他の指3本は自分の方を向いている」
> 指差して注意する行為、自分は注意しているつもりでも自分も注意されているのですが。
> と話しますと「このおっさん、何言とんねん」と言う感じでした。

相手を指さすのは失礼な行為ですよね。
逆に指差してやったら相手はどう反応するでしょうね。
自分のしたのと同じことで腹を立てるなら「ほら、嫌な気持ちになるでしょ?」ってことだし、
本当はわざと相手を不快にしようとして意図的にしているのかもしれませんし。
でもそういう人はかわいそうやなあって思いますよ。
あちこちで人を不愉快にして、面と向かっては言われなくても、必ず人間性に不信感を持たれ、真に信頼されることなどないと思いますよ。

そういう人はそういう生き方を選んでいるんですから、放っておいてあげるしかないですね。

  • posted by まんまるお月 
  • URL 
  • 2019.11/14 07:47分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。

ご案内

プロフィール

まんまるお月

Author:まんまるお月
50代の主婦です。
夫と3人の息子と暮らしています。
趣味はバイクでツーリング(たまに)、キルトがありますが、最近1番ハマっているのはピアノです♪

限定記事についてはブログ上でやり取りをさせていただいている方でしたらパスワード、お気軽にお問い合わせ下さい。

●今レッスン中の曲
 Asian Sea(ウォン・ウィンツァン)
 ハノン
 ブラームス 間奏曲Op118-2
 ドビュッシー 月の光


●今までレッスンした曲
リンクにあります。

●ピアノ歴 
2011年11月からレッスンを受け始めました。
それまではオルガン・おもちゃのようなキーボードなど自分で勝手に遊び半分で鍵盤さわってました。最初はカワイのCA13というデジピで練習していましたが、2014年4月にアップライトピアノを譲っていただきますますピアノ熱が上がっています!

最新記事

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事表示リンク

カレンダー

12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

FC2カウンター