FC2ブログ

まんまるののんびり日記

ピアノレッスン8年目に突入しました~。大人のピアノなのでのんびり楽しく練習しています。

Entries

骨髄移植ドナー


今、世間では骨髄移植についての関心が高まっています。
東京オリンピックに向けて期待のかかっている水泳の池江璃花子選手(18)が白血病と診断されたというニュースが出てからです。

白血病には色々なタイプがあります。急性・慢性、あるいはリンパ性・骨髄性などそれぞれに分類され、それ以外にも成人T細胞白血病というHTLV-1というウィルスに感染して、のちにT細胞が白血病化する病気があります。
成人T細胞白血病はキャリアの母親から母乳で感染すると言われているので今、妊婦さんは必ずこの検査を受けることになっています。もしキャリアなら母乳を赤ちゃんにあげることはできません。

池江さんがどのタイプに当たるのかは分かりませんが、これからの治療は結構しんどいこともあると思います。
抗がん剤を使った治療、白血病細胞を叩くため、他の正常な血球成分も減少するため、免疫力が極度に落ちるため、感染しやすい状態になるので、無菌室のような個室に入ったり、副作用の強い薬を使うこともあるでしょう。

治療によく知られるのは骨髄移植ですが、HLAという白血球の型が一致した人でないとドナーになれません。
だから沢山の人がドナー登録をした方が骨髄移植を受けられる確率は上がりますからね。
関心が高くなるのはよいことだと思います。

ここで、右の欄でリンクしているのですが、私のヤフーブログ時代からのお友達の記事を紹介します。
2003年にドナーになられた方です。
貴重な体験談の記事を書かれているので、是非読んでいただけたらと思います。
実際に経験された方の声を聞くのが1番よく分かりますよね。
ブログ 「夢うつつ」より私の骨髄ドナー体験

とても立派なことだと思います。
私は登録したいと思いながら、仕事が…とか子供が…と言い訳をしてここまで来てしまいました。
気になりつつも、そのままにしていたため、年齢制限が近づいてしまいました。

いつ、自分の家族もこのような病気になるか分かりません。
他人事と思わずに関心を持ち続けたいなと思っています。

骨髄ドナーまで行かなくても、こういう血液疾患の方は貧血などになって輸血が必要になります。
機会のある時に献血に行くだけでも社会奉仕になると思います。

骨髄移植という治療法も、受ければ「はい、めでたし、めでたし」という治療ではありません。
ドナーの骨髄が患者さんの体に生着して正常な血液成分を作れるようになるまでには時間がかかります。
骨髄移植をするためには徹底的に白血病細胞を排除するために抗がん剤などでたたくため、体の免疫力が失われ、常在菌やカビでも死に至るような状態になります。
骨髄移植後も拒絶反応が起きてひどい下痢・口内炎・悪心・嘔吐など、死にたくなるくらい辛い症状が出ることはよくあって、それを乗り越えなければなりません。
命を懸けた闘病生活になり、無菌室には家族も入れないため、孤独で辛い日々が続きます。

私は実際に血液内科で勤務したことはありません。
昔、血液内科の先生が書かれた本を読んで、その治療や病気の詳細について知りました。
無菌病室の人々

この本が書かれたのは1993年なのでこの時よりはいい薬ができたりして治療成績はさらに上がったと思いますが、大変な病気であることに変わりはありません。
池江選手が元気になりますよう、お祈りしています。
関連記事

Comment

NoTitle 

流石は看護師さんですね。とても分かり易く書かれて勉強になりました。
患者さんの苦しみに比べたらドナーは何んて事ないです。時間と家族が許すならドナー体験は本人にとっても良いと思います。

私の知合いには白血病の発症後一年で亡くなった人もいますし、骨髄移植を受け完治した人もいます。でも食事が出来ないなど移植後も随分苦しかったようです。今元気ににしておられます。
池江選手は早期発見という事でもあるし完治するよう祈っています。
  • posted by Qちゃん 
  • URL 
  • 2019.02/18 23:08分 
  • [Edit]
  • [Res]

Qちゃん 

記事をリンクさせていただいてありがとうございました。
入院が必要なこと、全身麻酔をかけることなど、気軽にドナーになるには少しハードルが高いこともあって、登録されていても実際にドナーになる、となるとためらうケースがあることも前から聞いています。
Qちゃんのように実際ドナーになるというのは勇気も必要ですよね。
「イヤミ課長」など嫌味な役をやらせるとピカ1の俳優の木下ほうかさんもドナーを経験されているそうです。
役は嫌味でも優しくて勇気のある方なんだなと思いました。

少しでも多くの人が関心を持つことで職場や家族の理解も得られるようになるといいなと思ってます。

> 私の知合いには白血病の発症後一年で亡くなった人もいますし、骨髄移植を受け完治した人もいます。でも食事が出来ないなど移植後も随分苦しかったようです。今元気ににしておられます。

そう、白血病の治療は「死闘」とも呼べるくらいハードで精神的にもつらいと聞きます。
自分だったら耐えられるだろうか…と思うくらいです。
移植後の副作用などの症状は以下のようなものがありますね。
https://ganjoho.jp/public/dia_tre/treatment/HSCT/hsct03.html

> 池江選手は早期発見という事でもあるし完治するよう祈っています。

本当に、まだお若いし、やりたいことがたくさんあると思うので元気になってもらいたいです。

  • posted by まんまるお月 
  • URL 
  • 2019.02/19 07:48分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。

ご案内

プロフィール

まんまるお月

Author:まんまるお月
50代の主婦です。
夫と3人の息子と暮らしています。
趣味はバイクでツーリング(たまに)、キルトがありますが、最近1番ハマっているのはピアノです♪

限定記事についてはブログ上でやり取りをさせていただいている方でしたらパスワード、お気軽にお問い合わせ下さい。

●今レッスン中の曲
 旅のはじめに(ウォン・ウィンツァン)
 栄光の架橋
 ハノン
 ブラームス 間奏曲Op118-2



●今までレッスンした曲
リンクにあります。

●ピアノ歴 
2011年11月からレッスンを受け始めました。
それまではオルガン・おもちゃのようなキーボードなど自分で勝手に遊び半分で鍵盤さわってました。最初はカワイのCA13というデジピで練習していましたが、2014年4月にアップライトピアノを譲っていただきますますピアノ熱が上がっています!

最新記事

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事表示リンク

カレンダー

03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

FC2カウンター