まんまるののんびり日記

ピアノレッスン7年目に突入しました~。大人のピアノなのでのんびり楽しく練習しています。

Entries

子育て講話


昨日は、私がお世話になっているスクールソーシャルワーカーさんが子供食堂を運営されている方と、保護者向けに子育て講話をされるということで、聴きに行ってきました。

私も半年以上前から何回かお話をさせてもらって、人の心の成長発達についてとか、子供を褒めて育ててはいけないとか色々教えてもらっていて、復習というか再確認させていただく内容でした。とても面白かったんです。

その中でも印象に残ったのは、「怒り」について。 
怒り=復讐である。
感情には一次感情と二次感情があって、怒りというのは先に怒りではない別の感情(一次感情)が起こりその次に怒りの感情に変わることが多い、とのこと。

例として、
家族で遊園地に出かけた。親がちょっと目を離したすきに、娘が人混みの中を駆け出して姿を消してしまった。(キャラクターの着ぐるみを見つけて、のこと)親である自分は大いに慌て、スタッフにも連絡して40分後に迷子センターに行ってみると沢山の迷子たちと一緒にビデオを見ながら大笑いしていた。
親はカーッと頭に血が上り「いったいどこに行ってたんだ!」といきなり娘を怒鳴りつけた。

この場合、親の一次感情はなんだったのか?
それは「心配」と「不安」。そしてこの私をここまで心配させた娘に対して、この不安になった気持ちを解らせたいために怒りという感情がわいてきたと思われる、と。
言ってみれば自分の気持ちを揺らした相手に復讐するための感情、不安にさせた相手に復讐するための感情、淋しい思いをさせたことに復讐するための感情。

復讐だなんて、大げさな、と思われるかもしれないけど、私はなるほどと思いました。

でも、怒りをそのままストレートにぶつければその相手は攻撃された、としか受け取れないし、そうなると相手も責めて辛い思いをさせた私に復讐するため、怒りの感情を使うかもしれない。「どうしてそんな風に言われなきゃいけないの!」って。

確かに…怒りの裏側には「悲しい」とか「悔しい」とか「期待をうらぎられて残念」とか別の感情があるように思います。

先生は「人の言動には必ず心情的な背景がある。それを問いかけによって引き出し、理解しようとすることが大事」ということを言われてました。
そして「感情を育てる」ということが子供を育てるうえでとても大事だということ。

行動の良し悪しは一旦脇に置いておいて、どんな思いだったのかを聞く。
子供は最初から上手にそれを言えるわけではない。「どんなきもちだったの?」と丁寧に問いかけていく。
その問いかけによって子供が言ってくれたことを大人が理解して、言葉を言い換えて、例えば「ああ、それは虚しかったんだね」とこちらが伝えれば「ああ、この気持ちを表現するには虚しいという言葉を使えばいいのか」と子供は理解し、次に同じような気持になった時にはその表現を使うようになっていくと。
最初から上手に言語化できるわけない、と。そうだな・・・、トレーニングをしないと出来ないよね、と。

また人は「怒り」という感情を使うことで、人を動かそうとする、と。
子供が自分の思い通りにならなくて怒りの感情をあらわにするとそれをおさめようと親が譲歩する、それを繰り返すと子供は「怒り」を使えば自分の思い通りになると思ってしまう、と。
それは子供に限らず大人にもあることじゃないかな?と思ってハッとしました。

例えば、それ以上相手に聞かれたくない、と思うと不機嫌になって相手を黙らせてしまう、なんてことはないだろうか?
それは本当は怒ってるんじゃなくて「聞かれたら困るんだよなあ。答えたくないんだ」って思っているのだから…。

だから怒りの感情を相手にしてはいけない、と。
効果的なのは「どうして怒ってるの?」と問いかけること。そうすると相手は「怒ってなんかいない!」と答える・・・と。
でも明らかに不機嫌だったら「だって、ほら、怒ってるじゃん」って指摘すると相手はそれに対して何か怒ってなくて、こうなんだ、ということを言わないといけなくなるわけです。

二次感情である怒りは1度、一次感情に変換してから言語化して相手に伝えられるようしましょう、と。
なるほど・・・ってすごく思いました。
「感情を育てる」とはそういう事なんだなあと。

2時間半、こういう一方的に話を聞く時ってよく眠くなったりするんだけど、今回は全くなくておめめぱっちりで聴かせていただきました。

私の書き方でうまく伝わるか分からないけど、みなさんにも少しは伝わったらいいなと思って書いてみました。
伝わったかなあ・・・?

他にもすごくいい内容の講話で、全部紹介したいけどそれはムリ…
また機会があれば少しずつアップ出来たらなと思います。
私もまだまだ、勉強、修行中です。

関連記事

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。

ご案内

プロフィール

まんまるお月

Author:まんまるお月
40代の主婦です。
夫と3人の息子と暮らしています。
趣味はバイクでツーリング(たまに)、キルトがありますが、最近1番ハマっているのはピアノです♪

限定記事についてはブログ上でやり取りをさせていただいている方でしたらパスワード、お気軽にお問い合わせ下さい。

●今レッスン中の曲
「HANABI」(Mr.Children)
 ハノン
 ブラームス 間奏曲Op118-2



●今までレッスンした曲
リンクにあります。

●ピアノ歴 
2011年11月からレッスンを受け始めました。
それまではオルガン・おもちゃのようなキーボードなど自分で勝手に遊び半分で鍵盤さわってました。最初はカワイのCA13というデジピで練習していましたが、2014年4月にアップライトピアノを譲っていただきますますピアノ熱が上がっています!

最新記事

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事表示リンク

カレンダー

06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

FC2カウンター