FC2ブログ

まんまるののんびり日記

ピアノレッスン8年目に突入しました~。大人のピアノなのでのんびり楽しく練習しています。

34年ぶりの再会


12月の初めに高校の同級生N君から連絡が。
N君とは、14~5年前に偶然地域の運動会で再会し、近所に住んでることが判明し、それから飲み友達に。
高校の同級生の何人かを誘っての飲み会を続けてきました。
その中でも特に高2の時同じクラスだった友達とは当時も割と面白いクラスだったので意気投合し、ここ数回は何人かいる中で、同じメンバー4人で集まっていました。
そのN君から、「仙台にいるIと連絡がついた。この年末年始こっちに帰ってくるらしいから集まらへんか?」と。
「集まる」と即答。
それから話はすぐに決まり、愛媛からI君も来て、仙台のI君とは卒業して以来なので34年ぶりに再会することに。
その日が昨日でした。


「そんな奴いたっけ?覚えてへんわ~」って言われやしないかとドキドキしてましたが、「すぐ分かったわ」と言われてホッとしました。存在自体を忘れられてたら悲しいもん。こっちは覚えてるんだしねえ。

「家族構成は?何やってんの?」から始まって、色んな話をしました。
せっかくだからと、私が持っている懐かしい当時の写真をいくつかタブレットに入れて持って行きました。
何しろ老眼がひどいのと、写真の画質が昔のものでよくないため、タブレットなら拡大できますし…夫が協力してくれました。

案の定、その写真で大ウケ。
昔のことは忘れてると言っていた仙台のI君も、写真を見て忘れいた人を思い出してるうちに色んな記憶がよみがえったようです。
あと、意外と卒業後も先生のお宅に行ったり引っ越しを手伝ったりまでしてた人が何人かいたことも。
普通に在学中に先生の家に遊びに行ってたり(学校の近所に住まれていた)、今ではちょっと考えられないような緩さ。
普段は思い出すことないけど、こんな時はみんなで話をしているうちに記憶が呼び覚まされるようです。

2019年12月30日22時40分03秒_0007
2019年12月30日22時40分03秒_0002

昨日の写真の一部ですが、ちょっと思い出風に加工してみました。1枚目は前にも出したことありますが仮装行列の写真。
実際に学校の外に出て練り歩くという恥ずかしさでしたが、結構みんな楽しんでいたような。なぜか鬼の格好した人とかいてもうノリだけですね。

2枚目は卒業式。卒業時、クラスは違うけど、その2年生の時のメンバーで写真を撮ってます。なんでかな?
やっぱり仲の良いクラスだったのかな。
って言ってもいつもみんなでワイワイやってたわけでもないんですよ。普段は淡々と学校に行って授業聴いて、それが終わってからは部活に励む人もいれば、私のようにバイトに励んでたり。
でも何かの時にはそれなりにまとまって学校生活を楽しんでた感じですね。
田舎にある学校で、外には何もない…そんな学校でした。
クラスでお楽しみ会みたいなことをしたこともありましたし。(小学生か)

この日は昭和61年3月1日なんですが、雪が降ってとても寒かったのを覚えてます。
写真を見て、「このクラスおもろいやついっぱいおるやん」って言ってました。
他のみんなにも会いたいな~。

高校時代の話から、それぞれ別々になってからのこれまでのことを断片的にですが聞いたりしてすごく面白かったです。
皆、違う経験をして今、こんな大人になってるんやなあと。
よかったのはみんながちゃんと人の話を聞いて、自分の話もして、ってバランスがよかったこと。
人数が多過ぎるとどうしても1人1人とじっくり話せません。わ~~って盛り上がるけど、よくしゃべる人だけが色々話して終わりになっちゃったり。
でも今回はみんなとちゃんと話せた気がして、やっぱりそういうつもりで会うなら5~6人までかなあって思いました。

1577713763623 (1)

再会を約束して解散となりました。




[ 2019/12/31 10:45 ] その他 | TB(0) | CM(0)

今年の締めくくり その他編

さて、今年もあと2日ちょっとです。
今日から仕事も休みで、今日は朝からウォーキングして、百均で仕事に関する雑貨をちょっと買って、来年の手帳も買いました。
その後は、大学の最終課題のレポート3科目分を何とか仕上げました。
今月に入ってから書き始めて、何度も推敲して、できた!と思ってはまたなんか浮かんできて書き直したりして、結局1番最初に書いたのとは全然違うものが出来上がりました~。
直そうと思えばまだまだ直せるんでしょうけど、キリがないし、そんなに完ぺき主義でなくても、とりあえず単位取れればいいいかな?って。
夕方からは白髪染め。2か月もするとメッチャ白いものが目立ってきて。だいぶ増えたよな…。
でもまだグレーヘアにする勇気はないので。

あ、今日の日記じゃなくて今年のまとめだった(;^_^A

今年はまず、仕事は1番よかったのは今年も1度も具合が悪くなって休むことがありませんでした~\(^o^)/
何しろ代わってもらえる人が少ないので急に休むのは避けたいんですよね。
1年元気に過ごせたってことですし、よかったです。
特に大きなトラブルもなく、精神的にしんどいなと感じることもなく、それなりに楽しくやれた気がします。
でも残念なことも。
ずっと通院されていた何人かの患者さんが亡くなられたこと。
いずれも具合が悪くなって病院に入院された結果なのですが、笑顔の素敵な優しいおじいちゃんとか、とても知的で紳士的なおじいちゃんとか、いいなあ~ああいう年齢の重ね方してる人、って思っていた方がいなくなってしまって・・・。
もういらっしゃらないと思うと、淋しいです。いずれも90代、80代とご高齢ではあったので、いつかは来るお別れでした。
来年は仕事上で新しい取り組みはないかと思いますが、これまでやってきたことをさらにレベルアップしていけるよう勉強させてもらいたいと思います。

今年1番のニュースって言ったらやっぱり女子大生になったことでしょうか(笑)
通学してるわけじゃないのであまり女子大生の実感はなく。
でも、通信と言ってもネットでの履修は授業をしっかり聴かないといけないので、仕事の合間に多くの科目を学ぶのはおばちゃんにとってはかなり大変だということが分かりました。
何とかなるやろと思ったものの、体力的にもしんどいですね。疲れてたりすると集中力が切れそうになったりするし。
でも勉強することは楽しいです。ネットの授業の内容は結構充実しているなと思いますし、心理学系の授業では聴きながらないちゃったりもして。
何とか後期も履修は終わってあとは、テキスト履修の6科目の終了試験を年明けに受けるだけになりました。

順調に行けばあと1年ですから、まあ自分なりに頑張ってみます。今年頑張って沢山履修登録したので来年はもっとのんびりペースでいけるはず!

他には旧友に会う機会もありました。
来年の同窓会に向けて看護学校の同期生とか、高校時代のクラスメートとは定期的に集まっています。
実は明日も、5人で集まります。1人は宮城県で校長先生している男子が来て、高校卒業以来34年ぶりに再会します。
楽しみ~。

家族とは別行動ばかりしていた気がします。
実は夫とも今年は1度も旅行に行きませんでした。大体年1回くらいは行くのに今年、私自身旅行には行かなかったもんな。
夫は適当に出かけてますよ。
来年は2月に久しぶりに小旅行を予定してます。

息子たちは大きいし、親と行動を共にする年齢ではないので、それぞれの生活ですね。
長男が一人暮らしをし始めました。料理など家事も楽しんでやってるみたいで、何しろ会社から徒歩数分のところに住んでいるのでお昼休みも家に帰ってご飯食べてるらしいです。なんかおばちゃんみたい(笑)
もう私も子育ては終わりました。
これからは対等な人間同士として付き合っていきたいと思っています。
いつまでも子供の世話焼こうとしないで、たまには子供に頼ったり甘えたりできるといいかなと思っています。

今年は個人的なカウンセリングの他に、ピアカウンセラー講座というものにも定期的に参加して勉強してきました。
大学での勉強と共に取り組んでみると、自分の考え方には思い込みもずい分あったなということに気づけました。
私が「当たり前」「常識」「普通は」と思うことは案外他の人には通用しないことなんだなということ。
それに事実じゃなく、私が想像力を働かせて、あたかも真実のように勘違いしてることとか。
そういう自分に気づくことで色々楽になりました。
「自分が何をしているのか」に気付くことはとても大事なのだそうです。無意識に気づかないままやってること、結構多いんです。

まとめて今年どんな年だったかというと…「過去の自分から解放されつつある」1年だったかな~。
あっという間に駆け抜けた1年でしたがとても楽しかったし、有意義でした。
でも、特別に頑張ったとは思っていません。
というより「楽しんだ」という感じでしたね。自分がやりたいと思ったことを思いつくままに実行していった感じがあるので、必死で頑張ったという感じではないんですね。
しんどいと言っても自分が選んでいるので辛くはないですし。

ワクワクするようなことが多かったです。
来年も健康で、やりたいことを思いつくままにやってみたいなって思ってます。

こんな感じかなあ?
書き忘れたこともあるかもしれないけど、これくらいにしておきます。
来年も、まんまるお月が何をするのか、見守っていただけたらうれしいです。

ではでは、皆さん、よいお年を~~
[ 2019/12/29 22:22 ] 普段のお話 | TB(0) | CM(4)

今年の締めくくり ピアノ編


今年もあと残すところ4日となりましたね。
私は今日お昼まで仕事してました。やっとお正月休みです~~\(^o^)/ヤッタ~
でも6日間しかないけど…(´;ω;`)

ということで今日はこの1年を振り返ってみたいと思います。まずはピアノ編です。

今年レッスンした曲を挙げると…

旅のはじめに  サークル発表会外部参加 にて本番演奏
ブラームス間奏曲Op118-2  教室発表会、+ 弾き合い会3回 にて本番演奏
Asian Sea 
月の光 

(*゚Q゚*)エ~~~! たった4曲しかなかったんだ~~。
あとはハノンは続けていますが…。

この春から大学で勉強し始めたこともあり、ピアノを弾ける時間が減りました。
そのせいもあり、どうしても曲目は少なくなりました。
思えば、ピアノを習い始めて数年の頃は1回のレッスンで4曲くらい同時に取り組んでいた時期もありました。
でもその時は曲の長さが短かい、というのもあります。

今年はその分1曲仕上げるのに長く時間をかけ、本番を多く経験できたと思います。
特に、今年はお友達との弾き合い会、ではなく、知らない人の中で応募して弾かせてもらうというパターン。
なので、緊張感もあり、とても良い経験が出来ました。

ウォンさんの「旅のはじめに」でピアノ友達さん主催のサークル発表会に外部参加させてもらいました。
やはり弾き込みが少なかったからか、暗譜が飛んでしまい、満足な演奏が出来ず悔しい思いをしました。

ブラームスは1年以上前から練習を始め、8月教室発表会で本番。その時は大きなミスもあってあまり納得いくものではありませんでした。
やはり、同じ曲で本番を何回か重ねていくことでより仕上がっていくのではないかと考えていたところ、別のピアノ友達さんにお声をかけていただき、弾き合い会に参加することに…。
ブラームスをその後も3回も、素晴らしいピアノで弾く機会に恵まれました。
ベーゼンドルファー×2、スタインウエィ×1 
スタインウエイでの演奏が自分では1番気に入っています。



1曲にじっくりと取り組み、何度か知らない人の中で本番演奏をする、というのはこの曲が初めてでした。
得るものはとても大きかったです。
やはり回数を重ねるうちに緊張感の中にも落ち着きが生まれ、自分の音を聴く余裕が少し出てきたように思います。
それにピアノが変わる、場所が変わるだけで暗譜が飛んだり、一瞬次どこを弾くのか分からなくなりそうになるのはあるあるですしね。いろんなところで弾いてみるのも大事なんですよね。

家での練習では最終段階ではそこそこ弾けてしまったりするので、緊張感が高くなった時に危ない所とか、演奏が止まってしまうパターンとか、そういうのは本番で弾いてみないと分からないんですよね。

とても勉強になりました。

ブラームスは今も維持するために弾いていますが、本番を重ねていた時に比べるとやっぱり劣化しています。
でもとにかく一通りは弾けるようにしておいて、何かの機会があれば弾き込みをして本番で弾けるようにしたいです。
持ちネタとして大事にしたいと思います。

来年も曲数は多くはないと思うんですけど、自分なりに楽しみながら続けていきたいです。
難しい勉強とかは苦手で、クラシックもどちらかというと得意ではなく、元々ポピュラーで好きな曲を弾くスタンスでしたから、気楽に気に入った曲を弾きたいです。
「月の光」に関してはまだ譜読みに手間取っています。こんなに譜読みに時間がかかる曲は初めてです。
ブラームスより苦手感あるのはなんでかな~。
でも、時間かかってもいいからいつか、きちんと形にして皆さんに聴いていただけるようにしたいな。

能面演奏ではなく、歌心のある演奏を目指して、練習します。

あとは6月と12月に大好きなウォンさんのコンサート、素晴らしい演奏を生で聴けたこと。
心が揺さぶられる演奏で、ウォンさんを知らなかった方たちも感激され、涙を流している方も結構いらっしゃいました。
そんな魅力あるアーティストさんと交流できたことは一生の想い出です。

それから、7月にもカフェモンタージュという京都のとあるカフェでピアノ・バイオリン・チェロの三重奏を聴きました。
私が弾いたブラームス間奏曲のレッスン動画や素晴らしい演奏をYouTubeでも見ることができる松本和将さんのベートーヴェン。
やはり生演奏はいいですね。

そう言ったプロの演奏を近くで聴きに行けたこともよかったです。
もっと多くこういう機会を持てるといいのですが…。

とにかくピアノも、その他の音楽も、自分がいいなあって思うものを楽しみます。
楽しむために続けたいので、多分気が向かないことはしないと思いま~す。

[ 2019/12/28 23:51 ] ピアノ | TB(0) | CM(4)

朝ドラで泣く


今回の朝ドラは初回から欠かさず観ています。面白い~。

でも、今朝は号泣しましたよ、朝から…。
いつもBSで7時半から見ているのですが、今日は主人公、喜美子のお父ちゃんのジョージ(北村一輝)が亡くなるシーン。

昭和のお父ちゃんで、「女には学問は必要ない」と進学もさせてくれないし、娘の貯金を酒飲んだり、仕事広げようとして作った借金の返済に使ってしまったり、「琵琶湖に沈めたれ~!」ってめちゃムカついてたんですよ。

親の言うことを聞くのが当たり前、貧乏な家の子供は分相応に進学などせず働くのが当然、女に学はいらない・・・私の亡くなった父にかぶってて、そんなお父ちゃんに何も反撃しないお母ちゃん(富田靖子)にもムカついてて。

でもさすが、北村一輝はいい役者さんです。
ムカつくだけの横暴なお父ちゃんではなく、そうは言っても娘たちのことがかわいくて心配で、お母ちゃんのことも大好きっていうお茶目でかわいげのあるお父ちゃんを見事に演じていました。

1番笑ったのは喜美ちゃんが夫になる八郎さんに抱きしめられているところを帰ってきたお父ちゃんのリアクション。
大笑いしました。

それにしても、みんなで寄せ書きして焼いたお皿にマツタケご飯を一杯によそっちゃって、絵が見えないってお父ちゃん言ってたし、重病人にあんな大きいお皿に山盛りご飯よそったら余計に食欲なくなるやん、と思ったのは私だけではあるまい…(笑)
亡くなる間際に「プー」っておならまでかますお父ちゃん。
亡くなるシーンで悲しいけど、笑える、お父ちゃんらしい最期のシーン。

そんなお父ちゃんの死に際…喜美ちゃんに「頭に何かついてるぞ」と呼び寄せて、頭をポンポン…。
あかん、それはアカン、泣くわ~~~ (´;ω;`)ウッ
頭ポンポンダメだ~~。

八郎が喜美ちゃんに「よう頑張りました」って頭ポンポンした時はキュンとしたけど、今回は泣けて泣けて。
8時過ぎには出勤しなきゃいけないのに、化粧もまだで、とにかく番組が終了したら気持ちを落ち着けながら化粧(笑)。

家族の心情やつながりを丁寧に描いてくれるので、こちらも感情移入してしまうんですよね。

前半でまさかのジョージ退場でしたが、これからも楽しみに見たいと思います。

20191225.jpg

[ 2019/12/25 15:04 ] その他 | TB(0) | CM(0)

楽しみになってきた


今日は有休を取って、旧友に逢ってきました(洒落じゃないよん)。

来年の春で看護学校を卒業して丸30年です。
そこでクラス会をやろうということになったのは前にも記事に書いたと思います。

4年間1クラスで共に学んだ仲間たち。
働きながら4年間も学校に通い、資格を取る…みんなすごく頑張り屋さんでした。

元々地元である九州に帰っていた同期のN君が(同期には男子は2名だけいました。今はもっと看護科の男子学生多いだろうな)、先生も呼んで同窓会やろう!と発起人になってくれました。
手伝ってくれる人を募っていたので、私も会計係をやらせてもらうことにしました。

看護学校全体での総会、みたいなのが何年か前にあったのだけど、クラス単位で大々的にやるのは初めてです。
お世話になった教務の先生にも出ていただくことに。
それにしても、卒業当時は携帯電話もない時代。なのにほぼ全員何らかの形で連絡が取れました。

今日は運営委員で会場となるホテルに集合し、色々話し合って決めました。
1人では大変だけど、集まればそれなりに知恵も出てくるし、みんな形は違ってもそれぞれ現役のナースで行動力はあります。
役割分担もササッと決まるしストレスなし。

とっても素敵な記念品も準備できて、なかなかの企画力だと思います。

私にとって看護学校時代の4年間は人生の中でもとても大事な時間でした。
今の私にとってこの時期をどう過ごしたかが大きく影響しているなあと思います。

夫と知り合ったのもこの時期。
仕事とか色々辛くて、看護学校卒業までがものすごく遠く感じて「ここから逃げ出したい」って思ったこともあるし。
この時期を乗り越えて看護師になるという目標を達成できたことが自分の自信にはなりました。

でも「白衣の天使」になりたかったわけじゃないんです。
プロになりたかったっていうか…。

実習先での懐かしい1枚。
ちょうどいい具合にピンボケ(笑)

この当時はこんなユニフォーム。イマドキこんな格好はない…ナースキャップとかないし。
でもかわいいでしょ。

20190417 (6)

これから準備を進めていくのですが、当日が楽しみです。

[ 2019/12/21 23:38 ] 普段のお話 | TB(0) | CM(4)

少しだけホッとするも、まだ気を抜けない!


今日は、大学の後期に取ってるネット履修の6科目のうち、3科目だけ最終課題を10月のうちに提出していて、その成績が出る日。

1か月で授業を全部聴いて、課題を出すのは結構しんどかったです~。
最終課題は、大げさなレポートというほどのものではないんですが、授業内容を踏まえて「○○について○○字~○○字で論じなさい」って感じのものが多いです。
中には字数制限がないものもあって、どのくらいの分量で書けばいいのかわからなかったりもするけれど。

3科目5単位を提出。
結果は3科目とも認定でした。
成績はまあまあ、でした。80点はもらえてました。
とは言ってもまだ残りの3科目の課題を出して、テキストでの履修の6科目は1月中旬のテストで決まります。
なので気を抜かずに頑張らないと。

でも1科目(1単位)は捨てる予定です。
(ノ゚ω゚)ノ*.オオォォォォォォォー


ま、いっか。

[ 2019/12/11 15:19 ] 大学・勉強 | TB(0) | CM(0)

ウォン・ウィンツァン ピアノコンサート 


昨日は楽しみにしていたウォン・ウィンツァンさんのコンサートでした。
遠方でしたが、夫と、私のピアノの先生と先生のコーラスのお仲間さんも来てくれてました。

ご縁があって私も当日スタッフとして微力ながらお手伝いをさせてもらうことが出来ました。

ここでウォンさんのプロフィールをパンフレットから抜粋します。

wong-pro-3.jpg

ピアニスト、作曲家、即興演奏家

1949年神戸にて、香港出身の父、日本と中国のハーフの母との間に生まれ、1歳より東京で育つ。
19歳よりミュージシャンのキャリアをスタート、ジャズ、フュージョン、前衛音楽、ソウルなどを演奏、24歳で全米コンサートツアーを経験。
92年”SATOWAMUSIC”を設立、初のアルバム「フレグランス」がFMから火がつきロングセラーに。
また他にもNHKスペシャル「家族の肖像」、BShiスペシャル「中国世界遺産 九寨溝」、現在放送中のNHK「にっぽん紀行」、Eテレ「こころの時代」等のテーマ曲を手掛ける。即興演奏で奏でる透明な音色に「瞑想のピアニスト」と呼ばれている、2005年より、吉福伸逸氏に師事。トランスパーソナル心理学を学びセラピストとしても活動している。


コンサートは米原市長岡というところにあるルッチプラザというところの立派なホールでした。
ピアノはスタインウェイで、ホールはとても響きがよく、有名なアーティストが演奏をされています。
先月はあのピアニストの仲道郁代さんもここでコンサートをされてたんですよ。
海外からも演奏家を招いたりするようです。

コンサートは1部はまずウォンさんの演奏を堪能。
私がレッスンしてもらっている「Asian Sea」「旅のはじめに」をはじめ、NHKの番組のテーマ曲となっている曲などを本当に素敵な音色で演奏されて、1曲目から泣いてしまいそうでした。
ウォンさんのことをご存じなかった人たちも曲を聴いて「あ、この曲はこの人の曲だったんだ」と初めて分かったり。

そして、その次は滋賀県の教育委員会のSSWをされている「しゅうさん」との対談。
ウォンさんとしゅうさんは同じ師に学ばれた間柄です。
お2人とも過去に子育てに悩まれたお父さんであり、かつて「こうあるべき」という考えにとらわれてしまって、子供に対して、自分の教えを押し付けようとした、といったお話。
自分はそうであっても、子供は自分とは別の人格をもった1人の人間なんだということ。「教え」てはいけないんだ、と。
私もそんな親だったなあ、と。
時々、おやじギャグ(失礼)も交えながら楽しいトークを30分されました。

お2人ともとても穏やかで優しい雰囲気をまとっておられるので、たくさんの人たちに慕われてるなあって思いました。

休憩をはさんで2部は何枚か童謡のCDも出されているので、その中から4曲演奏されました。
「おぼろ月夜」はだいぶ前に私も曲が好きで、レッスンしてもらって弾いたことがありました。胸にジ~~~ンと来ました。
大好きです。

最後はウォンさんお得意の即興演奏。
いや~、よくあんなに長くインスピレーションだけで弾けるなあと…。
何とも言えない心が落ち着いてフッと意識がとんでしまいそうなまさに「瞑想」の世界に連れていかれる感じの演奏で、中にはウトウトした人もいたみたい。離れたところで聴いていた夫が「後ろの人寝てるみたいでいびきかいてはった」と(笑)

コンサートが終わるとCD販売、先着30名様はウォンさんのサインと写真撮影サービス付き。
私はサイン会への案内係。
段取り通りやっていたら、ピアノの先生がCDを手に。

私がウォンさんの曲をレッスンに持って行くものだから、先生もウォンさんのことはご存知でしたが、生での演奏を聴かれて感動されたそうで、すぐファンになられたとのこと。
そこで、「まんまるさんも一緒に写真撮ってもらいましょう」とおっしゃって、念願の写真撮影がかないました。
前に京都でのコンサートでも私はウォンさんに持っていたCDにサインしていただいたのだけど、写真撮影は言えなくて、すごすごと帰ってきてしまっていたんです。

それでこんな風に~~。(私たちの顔は非公開です)
無題

ウォンさんの隣が私で~~す

コンサート終了後、ホールのレストランでウォンさんを囲んで運営委員さんと当日スタッフとで打ち上げをしました。
まさかウォンさんとテーブルをはさんで一緒にお食事できるなんて~~感動~~。
1人1人自己紹介して、ってウォンさんがおっしゃって、私が最後になったんですが、ついつい、色々喋ってしまいましたが、子育てについて「子供が3人いて」というと「3人?大変だよね~」と言って下さって。

楽しいお話や、トランスパーソナル学会で受けられたワークの話なども。
その中で「親子の駄々をこねるワークとかやりたいねえ」とおっしゃって。
親が子供役になって、これほしい~~!と真剣に駄々をこねる、というもの。
でも、真剣に、本気でそう思って駄々をこねなければ願いを聞いてもらえない、でないと「まだ本気じゃない」って言われて延々駄々をこねる…。
ウォンさんがおっしゃった言葉が胸に響いています。
「子供が親に駄々をこねるっていうのは当たり前のことなんだけどね。真剣に駄々をこねなくても簡単に親がいうことをきいてくれるとなると、子供はチョロいもんだ、って思ってしまう。かといってどんなに真剣にこれが欲しい、これがしたい、と言っても聞いてもらえないのでは、自分がどんなに気持ちを伝えてもダメなんだ、と諦めてしまう。自分が本気で相手に意思表示したときに聞いてもらえたら、子供はちゃんと真剣にぶつかれば分かってもらえるということを体験できる・・・」というようなことでした。
なるほどなあって思いました。
子供が本気で言ってる、そこをちゃんと見極めてそれを聞いてあげる、って大事だったんだなと。
私は駄々をこねる子はわがままで、それをしないうちの子たちは良い子だと思っていました。
でもきっとうちの子たちは「どうせ言っても無理」ってあきらめてたのかもしれない。それくらい厳しい雰囲気出してたかもなあって。
私自身が親にわがまま言ったり駄々をこねたりしない、できない子供でしたからね。

ウォンさんはとても有名だし、NHK御用達アーティストでもありますが(笑)、本当に気さくで誰とでも対等に同じ目線でお話になって、芸能人ぶったところなんて何もなくて、音楽だけでなく、そのお人柄にも感動し、ますますファンになりました。
素晴らしい出会いに感謝です。
最後は1人1人とハグもして下さいました。

こんな記念写真も撮れて、私にとって今年トップ3に入るような素敵な1日になりました。
20191208 (2)

本当に本当にありがとう…。

あ、それから私が日ごろ使っているウォンさんの曲の楽譜集にもサインいただきました~。
私の宝物の1つになりました。
20191208(6).jpg



[ 2019/12/09 22:30 ] ピアノ | TB(0) | CM(10)

11月のレッスン


11月のレッスン2回分の記録…と言ってもそんなに進展はありません。

どうしても学校の勉強や課題が優先になってしまうので、ピアノの方はボチボチです。

ハノン 音階 変ロ短調 和声的短音階
いつもハノンでの注意事項は同じかな。
深い音を出すこと。
拍の頭を意識すること。

テンポは速くないけどとにかく全部の音階を1度はやってしまいましょうってことで今回合格。 

Asean Sea
まだ和音が上手くつかめないところがあります。
先生からテンポはゆっくりにして、とにかくまずは和音をしっかりつかんで確実に音を出せるように、と。
オクターブで間に2つ音が入ってる4つの音の和音などは手が小さい私にはとても厳しい…。
そして左手は9度、の和音もあって、両方を移動しながら確実に弾くのはかなり難しいです。
暗譜して手元を見ながらじゃないとミスタッチはなくならないかなと思います。

月の光
まだ譜読み段階です。和音でいちいち悩んだり考えたりなので、音がつながっていきません。
なので拍感も分からないままで。
でも基本の拍については教えてもらってちょっとわかりました。
「よく考えたら、この曲についてのほんとの基本の基本をまんまるさんに言ってませんでしたね!」と。
先生、前のレッスンからずっと考えて下さってたみたいで。
は同じ1拍ですからね、って。
私、それがよく分からなくなっていて(!!)
お恥ずかしい…。
この曲、私にはかなり難しいです。ま、ブラームスもそうだったので、気長にいきますね。

最後にブラームスも1回弾かせてもらいました。
一瞬音分からなくなってしまって。普通に弾けるんですけど、たまに分からなくなりますね。
やはりいつもいつでも弾けるように維持しなくては。今のところ、忘れてはいないです(笑)。

そしていよいよ、1週間後の8日はウォンさんのコンサートです。
生演奏を楽しませていただきます。
ご本人に直接お会いできるのも楽しみなので、体調を整えて、お手伝いも頑張ろうと思います。

暖かい日が続いていましたが今月に入ってから急に寒くなってきましたね。
最近、体調で気になってるのは足の浮腫です。
午前中仕事で、椅子に座ってパソコンを打っていると足が浮腫んでくるんです。
もちろんじ~っと座ってることはなくて、立ったり座ったりを繰り返したりしてるんですがそれでも浮腫んできます。
運動不足だし、足の筋肉使えてないのかなあと。
それで2週間くらい前から週4日くらい朝起きてから40分くらいウォーキングしています。
足を使わないとダメですよね。私は病棟で歩き回るような仕事をしてないので、運動不足なんですよ…。

通勤で歩けばいいとは思うのですが、1日2往復、小刻みに歩くより、まとめて歩きたいし、通勤の時に買い物とかしたいから自転車乗りたいし…なので休みの今日とか、他に仕事の日も週3日は歩いてます。
家を出る時はまだ外も暗いですが、歩いているうちに明るくなってきます。
夏より冬の方が歩くのは苦にならないし。

習慣にしたいなと思います。

あと3週間ほどで大学のテキスト履修の課題をやって(実はあと1科目)、その後は来年の1月半ばまでにネット履修科目の最終課題を提出して、テキスト履修の試験を6科目受ければ後期分の勉強は終わりになります。
まだやることいっぱいあるけど、期限に遅れないように出来るだけ頑張ります。
1科目捨てることになりそうだけど(;^_^A ま、MAX取ったからちょっとくらい捨てても大丈夫…(;´・ω・)

仕事も忙しいので、1つ1つ頑張ります!(`・ω・´)

[ 2019/12/01 17:53 ] レッスン | TB(0) | CM(11)
プロフィール

まんまるお月

Author:まんまるお月
50代の主婦です。
夫と3人の息子と暮らしています。
趣味はバイクでツーリング(たまに)、キルトがありますが、最近1番ハマっているのはピアノです♪

限定記事についてはブログ上でやり取りをさせていただいている方でしたらパスワード、お気軽にお問い合わせ下さい。

●今レッスン中の曲
 Asian Sea(ウォン・ウィンツァン)
 ハノン
 ブラームス 間奏曲Op118-2
 ドビュッシー 月の光


●今までレッスンした曲
リンクにあります。

●ピアノ歴 
2011年11月からレッスンを受け始めました。
それまではオルガン・おもちゃのようなキーボードなど自分で勝手に遊び半分で鍵盤さわってました。最初はカワイのCA13というデジピで練習していましたが、2014年4月にアップライトピアノを譲っていただきますますピアノ熱が上がっています!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事表示リンク
カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター