FC2ブログ

まんまるののんびり日記

ピアノレッスン8年目に突入しました~。大人のピアノなのでのんびり楽しく練習しています。

レッスン139回目


今日もすごく暑い中自転車で行ったので着くころには汗だく…。
レッスンの前に先生が冷たいお水を出してくれました。

ハノン g moll, G minor 旋律的短音階

まだミスが多いし、ミスらないようにしようと思うとかなりゆっくりしか弾けません。
特に左手の指くぐりが苦手で、手の向きが動いちゃって安定しないなと。
肘を外に動かしてしまう癖があるようで余計にぎこちない。
「いくらテンポを上げようとしても綺麗に弾けないです」と言ったんですけど「速く弾く練習もしないといつまでもテンポが上がらないです」と言われてしまいました。
うまく弾けるようになったら自然とテンポも上がるかと思ったんですけどそうじゃないのかな。
実際今まで結構音階はやってるけど一向に速くならない。
やっぱり弾き方かなあ。指くぐりが苦手なら単純に上がり下がりするだけじゃなく指の運びが苦手なところだけ繰り返し往復するとかリズム練習とかもっとした方がよいと言われました。
でも音階が弾けると古典とか弾くときにも役に立ちそうだしね。
ソナチネなんかもそうですもんね。
手がグラグラゆらゆらしなくてもちゃんと音階弾けるようにしたいなあ。先月練習会に行った時、Sさんが上手に弾いてたんですよね、音階。

もう少しスムーズに弾けるように…頑張ってみます。

HANABI 

今回も片手で、右手で弾いてみたんですが…。
「音がしっかり鳴らせていませんね。もっと鍵盤の底を意識してしっかり押してください。もっといい音が出るはずです。」と。
かなり力を入れないと上手く鳴りません。いかにいつも適当に弾いてるか…。
ここでふと、思い出したのが最近まだ譜読み段階でうまく弾けないので、練習する時に弱音ペダルで練習しているってこと。
だからしっかり音を鳴らせてるかどうかイマイチ分からないんですよね。
恥ずかしくてもちゃんと音をだして練習しないといけないですね。

まだレッスンを受け始めた頃とか、いつも新しい曲だと「全部をフォルテで、ペダルなしで弾いて下さい」って言われてました。
やっぱり油断するとフニャフニャな音で弾いちゃってるんですよね。
だから先生のおっしゃるように1曲弾いたら、かなり腕にきます!でもそこからやらないと今年の発表会でも何人かの人が「芯」のようなものがない音で弾いていてぼやけてしまってたんですよね。せっかく練習して素敵な曲なのにもったいないことです。
だからまずはしっかり先生がよし!と言ってくれるような音で弾かなくては。
それが出来てから抜くところは力を抜いて弾いていきましょう、ってことになってます。

今回は左手はやってません。
左手も同じように練習しようと思います。

楽典

久しぶりの楽典です。
ただでさえもなかなか覚えられないっていうのに、しばらく時間もあいていたのでせっかく勉強したこともすっかり忘れてしまってそうで、これはヤバいなと思って、新しく買った五線紙ノートで音程や音階、調を復習しました。
まだ完ぺきではないけど、なんかちょっと、うっすら分かりかけてきた~って感じのところまでかな。
自分でまとめたり、考えて実際に各調の音階を書いてみる…実践が大事ですね、何事も。
少しわかり始めると面白くなってきますね。

今日は先生が問題を出されてそれを解くのですが、前よりは分かるようになっていました。
それで先生から宿題を出されましたよ~。
次回までに解いて、もっと分かるように勉強していかなくては。
これをやったから何かが大きく変わるのかと言われたら、別にないと思うけど、知らないことを知るのは単純に楽しいです。
いつも♯や♭がどの音につくのかだけ覚えて曲を弾いてきました。
でもせめて自分の弾いている曲の調くらい大まかに分かるようになりたいですし、その辺が身についたら和声などもやりたいです。
分からなくても、分かろうとするだけでも、こういうことなんですよ、というのを聞くだけでも知らないことだから面白い。

子供の頃から興味のある科目や単元の勉強は好きで、自分で調べたりまとめたりすることが好きでした。
っていうことをちょっと思い出しました。


[ 2017/08/24 22:25 ] レッスン | TB(0) | CM(8)

今週の感想


コードブルーseason3ですが…前シリーズを知ってる人からはあまり評判がよろしくないですね。
私もさすがに先週はあまりのひどさに感想を書く気も起きませんでしたので放置していました。

今週はまだちょっとマシでしたね。
ヘリで行って現場での治療シーンが長かったので。
ただ、相変わらずヘタレすぎるフェローが!
早くしないと患者が失血死しちゃうって~~のに!

自分がいつも自信がないとかそんなこと患者さんには関係ないし、いくら麻酔なしで痛いったって命掛かってます~~。
鼠径部切って血管つままれたら痛い思いますが、死ぬと言われれば「もうやめて」とは言わないかも。

前のシリーズでは駅の階段で将棋倒しになって3人の若者がスキー板に串刺しになったとか、飛行機事故で足をその場で切断しなければならなくなって山Pに治療を受けている10代の男の子とか、もっと痛そうで「もういい・・・」って言ってたけどそれは分かる気がしました。だけど今回は「さっさとやれ~」と思ってしまいました。

しかも大きな冷蔵施設の冷蔵庫内での事故だったんですが、いちいち処置に入ってドア閉めるか?
患者の体が冷えてまうやろ~~。
中の商品がパーになったとしても人命優先でしょ。なのにご丁寧に出入りする時ドアを閉めるとぼけたフェローたち。
そして停電、患者と一緒に閉じ込められるってアホですか~~?

脚本がツッコミどころ満載ですね…。おかげでそういうことが気になり過ぎて感情移入など全くできない、ここが前作との大きな違いですね。
前作だってあり得ないなと思うことがなかったわけじゃないけど、今回ほどしょうもない内容じゃなかったし、ドラマだからね、って流せた。

あと、前回の感想で書いたように山Pの患者でピアニストを目指す女子高生。
「リハビリすればまたピアノが元通り弾けるようになる」と期待を持たせるようなことを言って手術を拒否する彼女を説得したわけですが、やはりそういう「嘘」で説得してももし後遺症が残ったら当然患者さんが納得できるわけないし、医療者に対して不信感を持ち、その後の治療が上手くいかなくなります。
あくまでもリスクはリスクとしてはっきり提示して、それでも手術をしなければどのような状態になるかを丁寧に説明すべきです。
でも山Pは憎まれても恨まれても、患者の命が助かる方がいいと覚悟して手術したんじゃなかったのか。
なのに、やはり後遺症で手の震えが残ってしまった女の子を見てえらく落ち込んでるじゃないですか。
リハビリをしても完全にはなくならないかもしれないし、ましてやピアニストの道はかなり閉ざされたと思っていいでしょう。
障碍がなくてもピアニストとして身を立てるのは難しいし。

そんなの優秀な脳外科医の山Pなら想定内じゃないの?
どんなに上手に手術しても後遺症が出る時は出ますよね。

「必ず元のように」ピアノが弾けるようになる、と言ってしまったのが余計でした。
リハビリにも限界はあります。諦めずに頑張ることは大事ですが、気軽に治るなんて言っちゃいかんと思います。

って、ドラマなのに、タダでさえも暑いのに熱く語る必要もないのですが、まあせっかく見てるドラマなので。
ツッコミ入れつつ、最後まで見たいと思います。オチはどうつくのかな~。

※ あくまでも私の個人の感想です(笑)



[ 2017/08/23 14:01 ] 普段のお話 | TB(0) | CM(0)

お盆休みも明けました

この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請
[ 2017/08/20 14:57 ] 普段のお話 | TB(-) | CM(-)

ちょっとドライブ


今日は義母の家にお盆のお参りに行ってきました。近所なので、末っ子と(長男・夫はお参り済)一緒に行くと、次男もいました。
お茶をいただいていて次男が「どっかでかけようか」と末っ子を誘っていたので、じゃあドライブでも行こうか、と3人で出かけることにしました。珍しいですよ。いつも次男も忙しいし、たまの休みもゆっくりしないと疲れてそうで。

次男が運転するというので、私の父の生家のかやぶき屋根の民家が国の重要文化財になってるのでそこに行くことにしました。
有料道路が通っていますが、国道から行ってもいい道が出来ていたりして、混んでなければそれほど遠くはないのでゆっくり行くことにしました。
途中でお昼を食べるのにコンビニに寄ったりしながら。

私も子供の頃は夏休みとかよく遊びに行ってました。
本当に何にもない田舎なんですけどね。従兄弟と待ち合わせてJRの各駅停車に揺られながら…とか。
駅からがまた遠いのですが、それも楽しんでました。
田舎の家にも従兄妹がいて、よく遊んでもらいました。

今はその家には従兄夫婦とその子供、私の伯母が暮らしています。
伯父は認知症が進んでしまい、最近施設に入ってしまいました。
父が亡くなった頃はまだしっかりしていたのですが、その後徐々に認知症に。

20170815 (7)

父の生家です。右側のかやぶき屋根の家です。1700年代に建てられたらしく、府内では最古に属するんだそう。
左側は後から建てた伯父宅。今はこちらに人が住んでいます。
でも私が小学校低学年くらいまででしょうか、右側の古い家に伯父一家は暮らしていました。
かなり古いですよね。私も泊ったこともあります。正直田舎の家は怖かったです。七福神の掛け軸も気味悪かったし、家の構造も自分の家とは全然違うし。
でも大人になってみると、えらい値打ちのある建物だなあと。
単に貧乏で家が丈夫だったから立て替えずに私が生まれるまで残っていたのかな。

私が8歳くらいの時に国の重要文化財に指定されました。

父にとっては生まれ育った大事な実家なのですが。
かやぶきの屋根を維持するのも大変みたいです。職人さんも減ってるし、材料を確保するのも大変、費用も大変…。

20170815 (6)

20170815 (5)

なかなか味のあるおうちですよ。
実は今日は留守だったので中には入れませんでした。田の字型に部屋があって、囲炉裏もあって、土間に厩もあったんです。
お盆だし、もしかしたら父も懐かしい自分の生家にも顔をだしていたかもしれないなって。

息子たちに子供の頃の思い出話などすると興味深そうに聞いていました。
従兄たちと肝試しをしたこと。近くのお寺さんで草野球をしたことなどなど。

お墓も一本道の奥の藪の中にあって、覚えているのは祖父は土葬で棺桶のままその墓地に埋葬されました。
しかも、「○○家の墓」といった立派な墓石ではなく、そこらへんで拾ってきたような大き目の石が乗っけてあるだけでした。
私が生まれる前に亡くなった祖母もその隣で、やっぱり普通の石。
それに小さめの石もあり、「これはわしのきょうだいが3歳で死んだんやけどその墓や」と父が言ってました。
そのお墓は夜は電灯も何もなく真っ暗で、ホントに怖いんですよ。なんで、懐中電灯持って肝試しって言って行ってましたねえ。
おバカというか・・・でもそうやって過ごす夏休みが毎年楽しみでした。
縁側で花火して、スイカをいただいて種を遠くまで飛ばす競争して…。
普段は街の子ですが、田舎にいる時だけ田舎の子になってました。

父の実家の集落はすごく小さくて、十数軒くらいしかないです。かなり奥なんですが、今は広い道が裏側にド~~ンと通っているので昔とは違うルートで来ることができるようになりました。
昔は一本道だったのにな。信号があったりとか、別の道があって、迷っちゃいそうです。

20170815 (1)

父は子供の頃、ここで遊んだり、畑仕事を手伝ったり・・・冬は寒かったそうです。
そりゃ隙間風も多いし、断熱材もなくて、縁側の戸だって障子紙だけですよ!
((((;゚Д゚)))))))
昔は今より積雪も多かったですから。
でも夏は家の中はひんやりしてとても涼しいんですよ。

昔はドラマなんかにも使われたり、ロケをやったりもしたようです。

お盆のお供えを持って行ったんで書き置きをして玄関先に置いて帰りました。

もしかしたら父も「行ってくれたんか~、そうか~」と喜んでいるかもしれません。

夕方に家に帰ってから仕事から帰っている長男も一緒に4人で夕食を食べに行きました。(夫は仕事でいませんでした)
もちろん私の驕りですが^^;
早く盛大にご馳走してもらえるくらいになってほしいわ。

でもドライブしたり一緒に外食したりなんてめったにないので、楽しかったです。
3人兄弟も仲がいいのでそれは本当にうれしいです。
いつまでも仲良くしててほしいです。

明日も休みの次男と末っ子は京セラドームのお化け屋敷に行くらしいです( ̄m ̄*)
私なんか昔はタダで肝試ししたのに、お金払って行ってくるのね。


[ 2017/08/15 21:13 ] お出かけ | TB(0) | CM(6)

イテテテテ~!マッサージ!


昨日のことですが、山の日って祝日で仕事は休み。
前から時々、某ネットサイトの値引きチケットを使って近所のエステサロンに行ってマッサージとかフェイシャルエステなんかをやっています。

定期ではなく、たまの自分へのご褒美として。
そこは施術する方1人だけで、お客さんも時間予約で1人貸し切り。
南国風のかわいいきれいな建物で、ちょっと南国気分も味わえます。

何度か利用させてもらって、リピーターとしてお店からまた特別料金の案内があって、暑い夏、疲れもたまってきてるしストレス発散のためにもいいかなと思って行ってきました。

今回は初めて全身マッサージのコース。
元々、バリニーズマッサージというバリ島の伝統のマッサージみたいで、主に手のひらと拇指を使い、筋肉やリンパの流れにそって、オイルを使いゆっくり時間をかけ力強くスローなロングストロークで指圧をしながらマッサージされます。

まず、足浴して足から温まり…。
昨日は「じっくりほぐしていきますよ」というお姉さんの言葉の通り、裏向けにされたり仰向けにされたりしながら腕・足を1本1本マッサージ。
末梢から中枢に向けてグリ~~~~っとリンパを揉みしごくようにマッサージ。

「イテテテテテ~~!」もう悶絶。
今までこんなに痛かったことはなかったけど昨日はマジでイタイ!
特に足~太もも、お尻にかけて「ここら辺固まってますね」とゴリゴリ。
もう痛すぎて笑えました。なんでお金払ってこんなドMなことしてるんだろうと思うくらい。

運動不足だし、冷房で冷えるし、ストレスもあるわで体が凝り固まっているようで、お姉さんは「そんなに力入れてないんですよ?」って。

四肢が終わったら お腹・背中・デコルテ・顔と、もう本当に全身でした。

上半身は痛みはあまり感じなかったので気持ちよくてウトウトしてしまいました。

2時間くらいかかってマッサージしてもらいました。

でも自分だけのためにお姉さんが2時間もあれこれやってくれるなんてなかなかないですもんね。
贅沢な気分を味わえました。

そして今日は体のあちこちが筋肉痛みたいになってます。
特に太ももの内側とか。
少しスッキリしたかな。
でも、これだけじゃなくてやっぱり普段からストレッチや内転筋を鍛える筋トレしないといけないんですよね。
体型もだんだんおばさん化が進んでいってるし・・・

ぐうたらしないで自分に厳しく、体をいじめないといけないかな。
ジムに通うとかなると、お金ももったいないし、やっぱり自分で日々少しずつやらないとなあ~。
このお盆休みから少しは頑張らなきゃ。
これ以上おばさん化したくない~~~(今でもすでに手遅れ感ありあり・・・

むくみのある人とかはリンパをマッサージして体の凝りをほぐすみたいなので、バリニーズマッサージはいいらしいですよ。
ただ、現地の本格的なところだとかなり痛いみたいです。私もソフトにしてもらってるみたいだったけどすごく痛かったです。

私はむくみは自覚ないのですけど、お姉さんに言わせるとリンパ液の停滞が下半身にあるようです。

さて、今日は半日仕事に行ってました。
明日から4連休なので少しゆっくりしてリフレッシュします!


[ 2017/08/12 15:33 ] 普段のお話 | TB(0) | CM(2)

レッスン138回目


発表会も終わり、新たな1年の始まりのレッスンとなりました。
やっぱり私のピアノの場合、発表会が1年の大きな区切りで…。
まずは先生にお礼としてちょっとしたお菓子をお渡ししました。
年1回ですが、御礼と日ごろの感謝を込めて少しですが。

この時期困るのは自転車で先生のところまで12~3分なんですがレッスンが15時半からなので1番暑い時に行かなきゃいけなくて…。
毎回汗だくになってしまいます。
レッスン始めても汗が目に染みて…
おまけに今日は仕事も忙しくてほんとに1日中汗かいてた感じです。蒸し暑さがハンパなかったです。

レッスンは今のところはまだ新曲の譜読みとハノンです。

ハノン g moll, G minor 旋律的短音階


音階はやっぱり苦手です。上がる時はミで#ファなのに、下がる時は♭ミにファでいくので混乱しちゃう

特に左手がまだダメなのでリズム練習するように言われる。

HANABI 

楽しみにしていた新曲です。
まずは片手ずつ。
譜読みはほぼ間違いなく出来ていて、運指も一部迷ったところを先生に聞きました。やっぱり先生だと弾きやすいパターンを考えてくれます。
まだ覚えられてないのでミスもありますが、ボチボチ。

先生に言われたのは、タイのついているところを強めに弾いてメリハリをつけること。
私の最初の弾き方は抑揚のない淡々とした弾き方でしたから。まあいつもの事です。
先生の言うとおりにやってみるとやっぱり雰囲気が変わります。
その後、先生が左手を弾いてくれて合わせてみるとなかなかカッコイイ感じ。
左手も一部リズムが分からないところを教えてもらい、先生と片手ずつで合わせる。
左右合わせて弾くときはそのアクセントをつけるタイの音をきちっとそろえること。
弾いてみるとワクワクしてきます~~

先生は原曲を聴いたり、You Tubeで他の人が演奏している動画を見たりして研究して下さってたみたい。
最近はポップスばっかり弾いて先生はどう思っておられるか分かりませんが、せっかくいつも熱心に教えて下さってるので、この曲こそ、ちゃんと弾けるようになりたいな~~。
ビシッとカッコよく弾きたい!

で、全然関係ないんですが何となくふと、ベトソナの楽譜を買ってしまいました。
普通の全音のものです。
私には弾きこなせないのは分かってるし、ベートーヴェンの楽譜と言えばエリーゼとかソナチネアルバムの曲しか持ってません。
こうして弾けないのに持ってる楽譜がどんどん増えちゃうわけですが、見るだけ、ちょっと弾いてみるだけでもね。

1年後まだまだ先と思っていたらあっという間に過ぎちゃうかもしれません。
今度こそ弾き込みの時間を沢山とれるように早めに全体を仕上げていきたいものです。


[ 2017/08/10 17:58 ] レッスン | TB(0) | CM(4)

本日のコード・ブルーもツッコミどころ満載♪


今日も私の勝手な感想書いちゃいます。
色々な内容てんこ盛りのコード・ブルーでしたね。

まずはいきなり藤川先生&冴島ナース結婚!
あっさり結婚しちゃった。
あんなに仕事にこだわって子供を産むか迷っていた冴島ナースも「現場やお腹の子供のことも考えてヘリを降りることにしました」と笑顔でみんなにご挨拶。

それはいいんだけど…
前回シアン化合物中毒になって意識不明状態だった妊娠初期の冴島さん!
お腹の赤ちゃんへの影響は大丈夫なんですか~~~!


そこ誰も考えないの?なんで?と思っていたら次回予告でぶっ倒れてる冴島ナースの姿が。
流産フラグなんだろうか・・・。嫌な展開だな。(←勝手な私の予想です)

とにかくいろんなエピソードがてんこ盛りで忙しいのですが…。
よかったのは橘先生&三井先生と息子さんのお話かな。
心臓移植を待つ息子さんのことを思いながらすれ違ってるように見える夫婦。
でもどちらも子供を思っていて、3人で花火を見ているシーンは泣きそうになりました。

やっぱり橘先生こと、椎名桔平はカッコイイわ~。

救急のシーンで若手ナースで1人生意気そうな子がいるけど、とにかくやたらつんけんしていて、自分は優秀だと言わんばかりの態度。
一体どういうナースになりたいのだろう?
子供が大けがして動揺している母親に思いっきり冷たい視線で何も言わないし…。
なんでナースになりたいって思ったのかなあ?

そして、1番のツッコミどころは脳腫瘍のオペを拒否しているピアニスト志望の10代の女の子の患者に対して藍沢先生、「後遺症が出てもリハビリをすればいい。君ならきっと元のようにピアノを弾けるようになる」と説得。

ちょっと待って~!
そんな保証のないことを言ったら怒られますよ。
リスクをきちんと説明しないと!


って思ってたらあとで脳外の同僚の新海先生がそこ突っ込んでた。
そしたら「あとで嘘つきとののしられても代償を払うことになっても、命を救える方法があるならそれで患者の命が助かる方がいい」って。
う~ん。そこまでの覚悟があって確信的に言ったのねえ。でもやっぱまずいよ、期待を持たせるようなことを言うのは。
脳外のオペの後遺症で手に障害が残ればピアニストになれる可能性はほぼ0でしょう。
だからこそその女の子もオペを嫌がってたわけで。
新海先生、藍沢先生の言葉を聞いて「いつから医者は患者に大丈夫ですって言えなくなったんだろうな」
そうね、今は安易に「大丈夫」なんて言えないし、「私、失敗しませんから」とか、うまく手術が終わったって直後に「成功しました」なんて言う医者はいないと思います。
術後の合併症や後遺症が出る可能性もあるし、術後はどんなトラブルが起こるか分かりません。
リスクを説明しておかないとあとで患者さんや家族に不信感を持たれたり、トラブルになるので。

それに「先生が手術して」と藍沢先生をご指名してたけど、今は救命にいる藍沢が他の脳外の医者を差し置いて執刀できるのかなあ?普通はないな。

今回はそこそこ緊迫した医療シーンがありました。
でもやっぱり違和感。
首にBBQの串が刺さった子供のオペしてるシーンとか、若い人だけでやってるし。
主演の山Pはじめ、同期の医者もまだ若いし、もう少し中堅の医者がいないと現実味が…。

それに、フェローの3人の存在感が薄い。
これからまだ出てくるのかもしれないけど、正直どうでもいい存在なのよね、今のところ。
あまりにも医者っぽくなさ過ぎて。
医学生レベルだよね。過去シーズンのフェローも未熟だったけど、それに比べてもひどすぎ。

それにしても緋山先生といい雰囲気になってた頚髄損傷の患者さん、まさかの奥さん登場!
独身だと思ってたのに。
緋山先生、彼に惹かれてるみたいだったのにな。

なんかいろんな話が混在してて取っ散らかってる感じもしないでもないけど、海外のERとかシカゴメッドとかもそんな感じで展開してたしな~と思ったり。

今までとはちょっと雰囲気違うドラマだけど、まあツッコミを入れつつ、美男美女を沢山みられることだし、娯楽としてこれからも楽しもうと思います。

[ 2017/08/07 22:47 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

片手から


さて、先週色々心残りはありますが発表会も終わり、気持ちを切り替えて新曲に取り組んでいます。

前に書いた通り、「HANABI」を練習しています。
昨日もNHKの「SONGS」という番組で夏の名曲特集をやっていて、みんなが夏によく聴く曲を流していて。その中には「HANABI」も入っていました。
ちなみに2年目に発表会で弾いた「少年時代 /井上陽水」も入ってました。思えばいい曲だったなあ~。

いつもいけないなと思いつつ、片手練習はざっとしかやらないで、最初から両手で練習するっていうパターンが多かったんです。
でも!今回はきちんと片手練習を徹底してから両手で弾くようにしたいと思っています。

毎回そうですが、ミスをして片手が落ちるともう片方もおぼつかなくなってしまいます。
片手での暗譜が出来てないからなのかなと思います。
両手だと弾けて片手だと弾けない…。

でもそれではダメだと思うんです。
片手が落ちたら、ミスしたら反対側だけでもつなぐ。

そのためにはもっと片手で音を覚えないとダメだなあと。
それと片手練習の時からちゃんと曲想をつけた演奏をしたいなあと。

今回の曲は思いっきり歌いたいですしね。

それと楽譜に運指を書き込んでるんですが、どうも難しいところがあって…。
次回のレッスンで難しいところは先生に考えてもらおうと思ってます。
最初に自分の考えた運指で頑張ってしまうと、先生にあとでもっといい運指に変えてもらった時に直すのが大変で…。
なので難しいところは自分で決めずに先生と相談します。

やっぱり今年の本番は弾き込みが足りなかったし、最初から本番はこの曲、と決めて練習したものではなかったのでちょっと勝手が違いました。
その為かやっぱりレコを聴いてもミスは別にしてなんだかスッキリしなくて。

次は曲を変更したりしないで、もう自分でも「飽きたよ!」ってなるギリギリまで練習して本番に臨みたいです。
それでもそんなに変わらないのかもしれないけど…。
好きな曲を思いっきり1年間楽しみたいと思います♪
[ 2017/08/04 08:31 ] ピアノ | TB(0) | CM(2)
プロフィール

まんまるお月

Author:まんまるお月
50代の主婦です。
夫と3人の息子と暮らしています。
趣味はバイクでツーリング(たまに)、キルトがありますが、最近1番ハマっているのはピアノです♪

限定記事についてはブログ上でやり取りをさせていただいている方でしたらパスワード、お気軽にお問い合わせ下さい。

●今レッスン中の曲
 Asian Sea(ウォン・ウィンツァン)
 ハノン
 ブラームス 間奏曲Op118-2
 ドビュッシー 月の光


●今までレッスンした曲
リンクにあります。

●ピアノ歴 
2011年11月からレッスンを受け始めました。
それまではオルガン・おもちゃのようなキーボードなど自分で勝手に遊び半分で鍵盤さわってました。最初はカワイのCA13というデジピで練習していましたが、2014年4月にアップライトピアノを譲っていただきますますピアノ熱が上がっています!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事表示リンク
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
FC2カウンター