FC2ブログ

まんまるののんびり日記

ピアノレッスン8年目に突入しました~。大人のピアノなのでのんびり楽しく練習しています。

あと1か月

1年に1度の発表会まであと1か月になっちゃいました。
6月に入ってから父がもういつどうなってもおかしくない状態で、気持ちも落ち着かなかったんですが、あまり予定が立てられなかったので家でピアノを弾いてる時間が多くなりました。

でもやりすぎたのかちょっと右手が痛くなっちゃって、しばらく休もう、と思ったところで父が亡くなりました。
結局1週間ぐらい弾かなかったかな。

なんとなく去年より弾き込みが足りない気がしますし、去年の方が丁寧に練習してた気がします。
CD録音というイベントもあったせいもありますが。

今年はど演歌ですからどう弾くのかかなり自由度はあると思うのですが、自分なりにあれこれ考えたり試せるほど余裕をもって弾けなくて。
結局必死な感じのままここまで来ちゃった感じで。
去年よりいい加減な仕上がりなんじゃないかな~
今月も色々やることがあって忙しいし…ちょっと不安です。
今回は止まらなければいい、ってことだけ目標にしようかな~。

発表会の後は東京に遠征しておんそうずに参加予定。
弾けるだろ~か。発表会の曲以外にも用意していかないとだし。
ノク20も怪しいところがあるのでまた練習してますが…BGMだから失敗しまくりでも許してもらおう。

おんそうずの翌日が父の四十九日です。
でも7月中に前倒しで法要は済ませてしまいます。
演歌が好きだった、というか演歌しか知らなかった父にも聴いてもらえるかな。

自分なりにしか弾けないですけど、楽しんで弾けたらいいかなと思います。
もう発表会も今年で4回目ですしね。
落ち着いて弾けるように…。




[ 2015/06/30 22:38 ] ピアノ | TB(0) | CM(4)

父の葬儀あれこれ

父が亡くなって今日で7日目。
今日は日曜ですし、初七日法要も葬儀の時にすんでいるので特にすることはありません。
仕事も休みなのでのんびりしています。

それにしても葬儀は当たり前ですけど突然ですからバタバタしますね。

そんなことは想定内で、うちは父が次男ですから仏壇もなく、菩提寺もないため、葬儀というと何から何まで1からということになります。
そこで父が生きているうちに色々考えました。
まず、葬儀屋さん。うちは両親のきょうだいにだけ知らせてこられる人だけの家族葬のつもりでしたので、近くの葬儀場数軒に見積もりをしてもらいました。
交通の便や料金など考えて母と相談して決め、私が会員になっておきました(会員だと安くなるので)

それからお寺。これは今は便利なもので、ネットで検索してみたら菩提寺がなかったり自分の宗派がよくわからない時に、その時だけのお坊さんを派遣してもらえるところがありました。
各宗派のお坊さんが登録していて場所や日程で来てもらえるお坊さんを決めてくれます。
調べてみると葬儀屋さんでお寺を手配してもらう金額の半額くらいで来ていただけるとのこと。
もちろん宗派を指定することもできるし、普通の戒名なら料金に含まれています。
料金もはっきりと通夜告別式炉前の読経でいくら、と決められていてプラス交通費いくら、を足したもののみをお布施としてお坊さんに支払うだけでいいので金額に悩んだりする必要がありません。
もしもの時にはそこに頼もうと決めました。

なので、父が亡くなってすぐに葬儀屋さんに寝台車を頼み、葬儀日程が決まったところですぐにお坊さんを手配できました。
メールで父の生前の性格や趣味などを伝えておくと戒名を考えて来てくださいました。
お付き合いがなくても父らしいなと思う戒名を授けてくださいました。

父を葬儀会場に運んだのが21時頃で、その後葬儀の打ち合わせが3時間くらいかかりました。
母と弟と私の3人でしたが棺はどれから始まってあれこれたくさんのことを1度に決めなければなりません。
いくら見積もりしてもらってたって、本当にそうなったときにしか何も決められないんですから…。
これがすごく大変で、ただでさえも疲れてるのでしんどかったです、この夜は。

母も私も「どうせ少人数だから」と甘く見ていました。
通夜も告別式も、親族だけとはいえ、こぞって参列してくれてありがたいやら目測違いで焦るやら。
通夜ぶるまいや精進落としが足りないのではと冷や冷や。これって何人来てくれるかわからない上、最後まで残って下さるのかも分からないので本当に難しいんですよね。
予想通りにいかないのが葬儀のようで。やはりこういう時は普段なかなか忙しかったり年取って行き来がなくても・・・なんですね。
それに父は山間部のど田舎の本家の次男で、分家の、母すらもう顔を知らない方も数名来られてて。
本家のいとこに聞いてやっとわかったくらいです。

やはり来てくださった方に失礼があってはいけないとそちらばかりに気がいってて肝心の父はほったらかしみたいになってしまって^^;
ゆっくり別れを惜しむとかいう時間ってないものなんですね。

あわただしく出棺して総勢25名で火葬場に行きましたが、これまた翌日が友引ということで、京都は友引に葬儀はしないんです。
だから友引前後は火葬場も混みます。待合所は人でいっぱいでした。
空いてる席にとにかく分かれて座ってもらって…。

お坊さんは予定があるみたいで、告別式の後に続けて初七日の読経もされて、火葬場で炉前のお経をあげられたら帰られました。
普通は火葬場から戻ってからするんですよね。
派遣の方でしたが、葬儀屋さんの人も「あのお坊さん、私は2回目お会いしたんですけどよい方ですよね」と言われてました。私たちは初めてで行き当たりばったりだったのですが、確かに感じのよいお坊さんでよかったです。

お骨になった父はとても小さく見えました。当たり前ですが。
みんなで順番に拾ってもらい父も喜んだろうと思います。
帰ったら精進落としのお膳をお出しして。この数もまた、いったいどれくらい用意したらいいのか、はっきりした人数は当日参列者に聞いてみないと分からなかったので本当に困りました。
数の締め切りは9時、と言われてたんですけど、11時半からの式だったので皆さん早くても10時過ぎからしか来ないので分からないんですよ。
なので通夜の時に確実に来ると分かった人数より3つ多めに言っておきましたが結局足りず、後から何とか2つ増やしてもらってそれでも足りない分はうちの子供で調整しました。

父のきょうだいは年寄りなので来るには若い人についてきてもらわないといけないということもありますし、本当に思ったより大勢の参列者で、お花もたくさんいただいて、質素に地味に、と思っていたのに全然そうじゃなかったなと思いました。
大変だったけど、うれしかったです。
しかもほとんどの人が父をよく知る人ばかりで思い出話もたくさん聞けましたし、父がみんなにどう思われていたのか知ることができました。

家では縦のものを横にもしないズボラでワンマンな人でしたが親類縁者にはマメに動いたり世話をする人だったんだなと。
それから子供好きだったみたいで。私や弟はかわいがられた、遊んでもらった、という記憶はほぼないんですがいとこやその子供はそういうことがあったようです。分からないものですね。

しかしこれからもドタバタは続きます。
まず仏壇。うちは両親はアパート暮らしなので小さいものでいいんですが、忌明けまでに用意しないといけません。
6月下旬が命日なので本来は8月上旬が忌明けですが3か月にまたぐのはよくないとかで忌明け法要は7月中にしなければなりません。
葬儀屋さんが一緒についてきてくれて一般では入れない仏具屋さんを紹介してくれるそうです。
お店で買うより安く買えるってことで問屋さんとかなのかな?

それまでに仏壇を用意して家の模様替えをしないといけないし、いらなくなった荷物を整理して物をどかせないと置けないんですよ。
弟は忙しくて仏壇は母と私で買いに行ってくれと言われてますし、役所への手続きなども家が近い私が手伝わなくては、母は何も知らなくて。
今まで全部父がやってきてたので葬儀も行かないことも多く、本当に分からないようで、私も全然分からないとはいえまだ夫の方で出てたりするので私が考えることが多いんです。
仕事の合間にいろんなことをしなきゃいけないのでなかなかしんどそうです。

それが終わったらまたすぐお盆。
父が「なんや、わしせっかく向こう行ったとこやのにまたすぐ帰ってこなあかんのか」と言いそうです(笑)

お盆明けまでに色々やることいっぱいです。
その合間に発表会とおんそうずもあります。
当分ドタバタが続きそうです。

でもこれが親を送るということなんでしょうかね。
無宗教ならこんなに色々ないんですけど・・・父は「そんなんもうどうでもええ」っていいそうなんですが、そうも言ってられないし。
父は「死んだときの寺?そんなんお経読んでくれたらどこでも何教でもええわ」なんて言ってたくらいですから。

お盆まで何とか無事にことを運べたら私もホッとできそうです。


[ 2015/06/28 11:11 ] 未分類 | TB(0) | CM(4)

やっと一息

ご心配かけていた父のことですが。

月曜の夕方に亡くなりました。

亡くなる3時間ほど前に病院に行っていた母から父の様子が今までと違う…と電話が。

先週の父の様子を聞いているとまだしばらくもつのかなと思っていたので「え~?そう?ま、一応見に行くわ」と病院に行ってみると一目で今度こそもう終わる、と思いました。

看護師さんに「このまま静かに見守りますね」と言われました。

それまでは呼べば目を開けることがありましたが、もう反応はありませんでした。
呼吸もどんどん浅くなって、酸素が取り込めていないのが数値で分かりました。

そして少しずつ不規則になってやがて呼吸が完全に止まりました。
しばらく心拍はありましたがやがて0になり・・・というところで弟が来ました。
「今止まったとこやで」

そのあとすぐに先生が死亡確認しました。
本当にろうそくの火が消えるように静かに逝きました。
酸素マスク以外何にも繋がれず、父の希望通りの逝き方でした。

私は最後まで父の手を握ってました。
父のことをさんざん悪く言ってて、自分では父が死んでも平気なんじゃないかと思っていました。
でもやっぱり私にも人並みの情は残っていたようです。

最後に母と私と弟、家族がそろったのはよかったなと思いました。

葬儀は親族だけで、それももう声はかけるけど来たい人だけでそっと…って思っていました。
しかし・・・予想を超えて親族大集合になりました。

私のいとこは合計14人いるのですが、通夜告別式にはその内12人が来てくれました。
しかもその連れ合いさんまで、とか子供も、とかでとても賑やかに送ってやることができました。
にぎやかな場が好きだった父はとても喜んでいたと思います。

父はずいぶん親族に対して面倒見がよかったようで、歳が上のいとこは(いとこは上から下まで20歳差があります)父が若い頃に世話になった、かわいがってもらった、と言ってくれる人が多かったです。
私の知らない父を知ってる親族から昔の話を色々聞かせてもらって楽しかったです。

葬儀は慣れないことばかりで大変でしたが滞りなく無事済ませられ、今日は仕事にも行ってやっと少し落ち着いたなあとホッとしているところです。
残された家族にとっては父の別の顔を知ることができ、とてもいい葬儀だったかなと思います。

私を生んでくれたことを父にありがとうと言うこともできたのでよかったです。
[ 2015/06/25 20:14 ] 普段のお話 | TB(0) | CM(26)

うちはやっぱり薄い

先日夫が知り合いから手作りジャガイモをいただいてきました。

なので久しぶりにコロッケを作りました。

その前にポテトサラダを作って量が足りないのでジャガイモは少し買い足しました。

20150620 (1)

きれいなきつね色に揚がりました~。

ついでにお弁当用に冷凍する分も。

20150620 (2)

いつも私は何を作っても薄味になってしまい、コロッケもお店のように何もつけなくてもしっかり味がある、って感じじゃないんです。
なのでいつもより味付けを濃いめにしました。

でもあげて食べてみるといつもよりは濃いけど、やっぱり市販品より薄い…。自分的にはかなり調味料入れたのに~。

やっぱり市販品や外食って味が濃いんだな~と思いました。

うちはそんなんだから子供もかなり薄味に慣れているのでおいしいと食べてますが…。
本当は薄味のほうが体にはいいし…やっぱり今まで通りのスタイルでいこうと思いました。

ところで、この間30日食事をとらなかった俳優さんが話題になってましたが…それはさすがにやりすぎですよね。
真似したいとは思いませんが…。きっとリバウンドするんだろうな。
もう体は究極の飢餓状態、栄養が来るのを今かと待ってるでしょうね。

健康に1番いいのは薄味で偏らず、腹八分目を心がける…という当たり前のことなんですが。
この飽食の時代にはそれが難しく、食べてないってみんな言いますけどカロリーオーバーなんですよ、結局。
私もそうなんですよ~、だから痩せない。現状維持が精いっぱいです…情けない。

あの俳優さん、30日を達成した後ホテルで食事したみたいですけど、急にそんなハードなもの食べてお腹壊さなかったんでしょうかね。
ふつうは重湯とか具のないスープくらいから始めるもんだと思います。
ずっと食べてないのに急に普通の食事なんて受け付けないんじゃないかと。
あれ以後の様子も気になる~。





[ 2015/06/20 19:13 ] 普段のお話 | TB(0) | CM(10)

やばい、痛い・・・

今月に入ってからピアノを弾く時間が増えました。
何時間もかぶりつきっていうわけじゃなくて、夕方以降も1人でいる時間が結構あって「じゃあちょっとピアノ弾こう」って感じで。

発表会が近づいてきていることもあるし、モーツァルトソナタもやり始めたばかりですが面白くて。

父の容態がよくないということで外出などの予定も立てにくかったこともありました。
が、それでついつい調子に乗ってしまって、最初は手の甲の薬指、小指の延長線上がだるいような痛いような…って気が付きました。

でもそのうちひじに近いあたりの筋もだるいような痛みが。
これ、ピアノを習い始めて数か月の頃にもやりすぎて手が痛くなったんですけどその時と同じ。

その時は整形外科に行って消炎鎮痛剤をもらったと思います。ピアノを禁止はされなかったけど、自粛して2週間ほどでよくなりました。

今回も痛いなと思い始めて2週間くらいかな。でも「ちょっと控えればいいだろう」とそのままにして昨日までちょこちょこピアノ弾いてました。
でもやっぱりまだ治ってないので今日から思い切って次のレッスンくらいまで右手は弾くのを一切やめておこうかなと思ってます。
で、前受診したときみたいに消炎鎮痛剤をのんで様子見てみます。
使いすぎなのは明らかなので安静が1番ですね。
とはいえ利き腕なので何かと使ってしまうんですけどね。

ピアノのほうは弾くだけが練習じゃないので楽譜をよく見てイメージしたり、左手だけで弾くとあやふやだったりすることがあるので左手を少し練習したり…ということにしようと思います。

父はあれからまた持ち直して、この間は目をしっかり開けてこちらの呼びかけに首を振ったりうなずいたりしていました。

まだ生きたいという思いが強いんでしょうか。
こういうケースはどうなるかわからないもんですね。
私が昔急性期病院で看ていた患者さんは割と「ああ、もうだめだろうな」と思ったら早かったんですが、父のような慢性でズルズル悪くなる高齢者はゆっくりなんですよね。

また1つ勉強になりました。
少し調子が上がってもまたガン!と下がる…ということは今までも繰り返しているので全体には右肩下がりなんですけどね。
父の様子によっては本当にまた次に預かってくれるところを探さないといけないんじゃないかとちょっと困ってもいます。
今の病院から「そろそろ次の病院に移ってもらわなければ」と声がかかることがあるんでしょうか。
まあ、そう言われてから考えるしかないかな…。
[ 2015/06/20 17:36 ] 普段のお話 | TB(0) | CM(6)

断捨離効果

この間から何日かにかけて断捨離&片づけを決行した我が家。

おかげさまですっきりして蒸し暑い梅雨を迎えてます。

やはり何といっても掃除がしやすくなりました。
特にリビングの夫エリア周辺。
とにかくものが多かったのがすっきりしたので掃除が楽になりました。

それから1番掃除が苦手だった長男。
最近は割とこまめに片づけをしてるようで、今日も休みなので遊びに出かける前に部屋を片付けて掃除してたようです。

アトピーで埃・ダニ・カビがダメな長男。
この季節は特に症状が悪化しやすいのですが、割と落ち着いてるんですよ。
断捨離&片づけ効果ですかね。

私もせっかく整頓したのを乱さないように、こまめに片づけしようと思います。
明日は休みなので雨みたいだけど掃除はちゃんとやります。

なんだろう、家がすっきりしたら心もすっきりしてる感じです。
もやっと感がない…。いいことですね。

家を汚くしていると運気が下がるとも言いますし、そうならないようにします^^
[ 2015/06/18 00:44 ] 普段のお話 | TB(0) | CM(6)

詐欺みたいで気が引ける^^;

今月初めに「あと4~5日」と父の余命を言われてはや10日経ちました。

そう言われてからやっぱり黙ってもおけないので父の5人いる兄姉妹(7人兄弟で長姉はすでに亡くなってます)に知らせました。
それから弟夫婦にも。

連絡して誘い合わせてなのか先週末一斉に父のきょうだいが見舞いに来て、昨日にはその亡くなっている父の長姉の子供に当たる私のいとこ夫婦と弟夫婦も見舞いに来ました。
余談ですがそのいとこは私のいとこたちの中で1番年長なんですが、年は68歳です^^;20歳も上…。
父は昔にしては結婚が遅くて私は遅めに生まれた子供なので私の母のほうがそのいとこと年が近いです。

もうあわせるべき人は間に合いました…けど…なかなかあちらへは行かないようで、今日も低空飛行で安定してる父。
酸素は7ℓですが、ちゃんと息してるし脈の緊張もよくてしっかり触れてます。

みんなに「そろそろ危ない」と言ったものの…なんだか「死ぬ死ぬ詐欺」みたいで…。
でも何も言わずに死んでしまってから「なんで教えてくれなかったの」って言われても困りますし…危ないと言われれば伝えないと仕方ないし…。

こういう高齢者で色々病気はあるものの徐々に徐々に衰えてきたケースでは余命を当てることは本当に難しいようです。

がんの末期とかだと何日単位の話になってくればそう大外れはないような感じですが、ジリ貧の父のようなのはもう分かりません。

待ってるってわけではないんですけど、もう危ないと言われれば構えてしまいますよね。
でもなんだかそれもなあ…って感じです。

さすがに点滴を少なくしてもらってる(たぶん1日1本)とはいってもだんだん全身に浮腫がきてます。
手足の先だけじゃなくて二の腕や太ももの裏側もきつく水がたまってきてパンパンです。
皮膚を押すとぺこんとへこんですぐに反ってこない感じ、わかるでしょうか。

足の裏も紫色で(チアノーゼ)循環悪くなってる。これは大事な臓器に血液を送るために端っこの血流を抑えてるので当然の現象です。
だんだん、本当に少しずつ悪くなってるのは間違いないのだけど。

今の病院にはもう2か月以上お世話になっています。
保健医療制度の仕組みを知っているだけになんだか申し訳ないような気持ちになってしまったりして…。
父のような患者を置いてても病院は儲かりはしませんからね。
しかもその父の治療費はみなさんが払ってる社会保障費から出てるものですし…。

元気な時の父の言動からして今の姿で長生きしたくないのは間違いないし、それを分かっているから積極的に何か治療をしてるわけでもないのですが・・・なんだか落ち着かない私って変なのでしょうか。

今、中古で買ったこちらの本を読んでいます。
20150615.jpg

これ読んでるとどんな病気になっても最後は自宅で死にたいなあと思ってしまいますね。
最近いかにして死ぬのがいいのかって考えます。
死ぬことを考えるのは決して悪いことじゃないですから。
現代の日本人ってどうやって死を迎えるのか、分からない人が多いと思います。知っておくのは悪くないですよ。
この本はわかりやすくてお薦めです。

そして自分自身のこともありますが、私もこれでも一応ナースですので、ナースとしても考えさせられる本です。

訪問看護の仕事ってやりがいあるんだなってちょっと思いました。
人手不足なんですよ、そういう仕事も。
でも責任も重いので軽い気持ちではできませんね~。

なんだか本当に落ち着かない今日この頃です・・・。
[ 2015/06/15 20:28 ] 未分類 | TB(0) | CM(10)

レッスン85回目

はい、今日もレッスン行ってきました~。
前回のレッスンからだいぶエンジンがかかりまして、(発表会も2か月切りましたし)普段は1日1時間程度なんですが、ここんところ細切れでも2時間くらいは弾いていたでしょうか。
朝とか夜も弱音ペダルで弾いたりして。

そのせいか、昨日ピアノ弾いてたら右手4.・5の指を使うと手の甲が痛くなってきて。
「こりゃ弾きすぎだな」とそこですぐ練習をやめて消炎鎮痛のクリームを塗って安静に。
今朝になってまだ少しだるい感じがありますが痛みはなくなってて、ピアノを試しに弾いてみたけど痛みはなし。
でも今は前腕のひじに近い部分がだるい感じで違和感。やっぱり使い過ぎね~。
たまにピアノ頑張りすぎるとこの症状出ますね。
なので練習は一通り軽く弾いただけでレッスンには行ってきたんです。
そのことを先生に言ってハノンは今回のみお休みにしてもらいました。せっかく練習したのにな~。

津軽海峡冬景色

なぜか最初のジャジャジャジャ~~ンの和音を間違う…なんでなんで?出だしでミスるなんて><
全体にやはりちょっと急かされてる感があります。
もっとゆっくり、フレーズの間も一呼吸、入れる感じにしたほうがいいってわかってるんですけど、なかなかその余裕ができませんね。
自分で思ってるより実際はテンポも速いし…これからはいかに人に聴かせることに主眼を置いた演奏ができるかです。
今までは自分がちゃんと間違えないで弾ける、ってことばかりに必死でした。前に行くことに必死。
でもそれじゃあダメ。ここでもう1つ上に上がりたいものです。

金魚(ギロック)

これはなんともつかみどころのない曲で、譜読み間違いがあったんですけど間違いに気づけない~
今日は一通り譜読みを見てもらって間違いを教えてもらい、フレーズを意識して弾くようにと。
まだ初めなので、音を半分以上覚えられたら変わってくるかなと思いますのでボチボチと弾いていこうと思います。
3ページでリピートもないし、手が覚えてきて曲想をつけるところまでいけば面白くなると思います。

ミッキーマウスマーチ(連弾)

だいぶ先生と合うようになりましたが、もともとテンポがすごく速い曲なんです。
=250~280ってなってます。
なので先生もテンポが速いので途中でついていけなくなってしまいます。苦手箇所にくるとミスタッチしてそこから止まってしまう。
出だしはびしっとキマってきたんですけどね~。
あとは自分の休符の後入り損ねる…。これも慣れるしかないし。
それでもだいぶそういう部分が減ってきたので練習あるのみです。ラストも最初はボロボロだったけど引っかからなくなってきました。
1年くらいかけて、って先生言ってたからやっぱり来年の発表会でやる気満々なんだな。
ソロももちろん出たいし…こっちは余裕もっておいてソロに心置きなく集中できるようにしなきゃ…ってまだ今年の発表会が終わってないっちゅうのに。気が早すぎて笑えます。

モーツァルトソナタk332第1楽章

も~~全然です~~。細かいことはともかくまず音がちゃんと出てないと。
先生曰く「鍵盤の上をさ~~と撫でてるみたい」
もっと深い音を出してほしいところが全然出てない、って。
鍵盤を押し込んでさらに深いところまで押してその反動で跳ね返る、みたいなイメージの音を出してほしい、と。
それ難しい…。音が軽いんですかね。
あとは右手も左手も和音が汚い…音の始めと終わりがそろってないんですね。
短い和音でもバラバラ。

もう表現がどうとか弾き方がどうとかまだそんな段階じゃないです!基本的なことができていなんだから~
自分では頑張って練習して行ったつもりですがやり方が間違ってるんですね。
楽譜の通りの音を間違い少なく鳴らせてたらとりあえずいいやろ、みたいなのは全然先生には通じません。
音がちゃんと出ているか、まずそれをとても気にされます。もっとゆっくり1つ1つきれいな、あるいはしっかりした音を出す…いつもそうなのに見失ってしまいます。

焦ってもしょうがないので1つ1つですね。
それにはまずはできないところをゆっくり1つ1つ練習していくことですね。それこそ3度の和音を延々と繰り返すとか…地味練ですね。
何か月後かにはここでビフォー版としてアップできるようにしないとね。
しかしこの曲をらしく弾けるようになるには私には年単位の時間が必要かと思われます。ソナチネに比べたらやっぱり格段に難しいですね。ソナチネで四苦八苦なのになんで先生これやろうっておっしゃったのかな~。

実は今日は初めて月謝を忘れて行ってしまいました…不覚
先生は「次でいいですよ」って言ってくださったけど…忘れないようにしないと。

先生におんそうずのことを話したら「まんまるさんは顔が広いんですね~」と。
いえいえ、たまたまお友達があちこちにいて声かけてくれるから…。
今は体も元気だし、やりたいことをどんどんやるってことにしてるだけ。
いつ自由がきかない身の上になるかわからないし。それは自分自身だけじゃなく家族のこととかでもあるかもしれないし。

でもこういうのがあるから毎日がはりあいのあるものになってるなと思います。
だからますます頑張ります。O(=^▽^=)O
[ 2015/06/11 17:34 ] レッスン | TB(0) | CM(8)

そろそろ本気出してます

発表会まであと2か月を切りました(8月1日なので)
そろそろ本気出さないと

発表会で弾くことにはっきり決めてから半年が経ちました。

まだまだ苦手箇所がつっかえたりスムーズに流れなかったり、余裕がなくて息が詰まりそうな演奏だったり…を何とかしないとと思いまして、前回のレッスン後はだいぶ部分練習をしつこく繰り返しています。

1番の問題点は、サビの「私もひとり 連絡船に乗り」と「凍えそうなカモメ見つめ」の間の部分。

まずワンコーラス目&2コーラス目は同じでここ。↓
20150609.jpg

「乗り」の「り」が画像右上の小節E7sus4の下のレラシの和音になり、その小節の6連符から次の小節のドラドの和音につながるところが1番難儀してるところ。

私は6連符の1つ目のレソシの和音の後のミを2の指で弾いてました。
でも先生が指を滑らせてそのミを1の指で弾いては?とこの間アドバイスをくれました。

ずっと和音の後空いてる2で弾いていたので急には替えられなかったのですが、練習してみるとミ♯ファソラシを23123で弾くより12312で弾く方が次の高音の和音につなげやすかったんです。
さすが先生・・・
1つずれてるだけなんですけどね。

そして最後のサビはこんな風。
20150609 (2)

こっちは右手オクターブもあるからさらに難しくて。
先生から○で囲んだ音をひとかたまりと考えてそれを意識して塊の中の1音目を強めに、3音目を弱く弾いて6連符の指使いは↑と同じに。

ここは最後のサビの部分だから思い切り盛り上げるように慌てずにゆっくり目になってもいいからしっかり…と。
ペダルの踏み方も細かく踏み変えるように指示。

こういう具体的な指示をもらわないとなかなかうまく弾けなくって。

まだ完璧にマスターできてませんが、この辺をしっかり意識して出来るようになったらいい感じかなあと。

この練習をだいぶ頑張ってます。
そうするとつっかえたりミスタッチが減ってきました。
6連符の部分は指遣いに慣れるまでなかなか出来なくてどうしてもそこで止まってしまってたんですが、よくなってきました。

あとはドンドン弾き込むだけ…暗譜はばっちりなんですが、1つ音がずれたりするとそのまま「あれあれ??」となってしまうのでミスタッチしても修正してそのまま続けられるようにしないといけません。

本番までのレッスンはあと4回。頑張ります~~~
[ 2015/06/09 20:46 ] ピアノ | TB(0) | CM(6)

おんそうずに行きます

突然決めたのですが、8月におんそうずという集いに参加することにしました。

おんそうずって何ですか?って話ですが、私はタワシさんのブログから拝借しますと
『自閉症に負けず、チャレンジドピアニストとして精進中の「ばんちゃん」こと坂東翔一郎さんと、そんな翔一郎さんを支え続ける、歌の大好きな(でもピアノは弾けない)お父さんの「ばんちゃん父さん」を中心に、二人を応援する音楽好きな仲間が集まって交流を深める、という「垣根のない音楽会」です。』

翔一郎さんはアジア・汎太平洋国際障害者ピアノフェスティバルin東京2015 『日本代表選考会』で現在、一次審査に合格し、日本代表になるべく次の審査にチャレンジされます。
あちこちでリサイタルをされたりもしています。
動画でピアノを聴かせていただいてますがとっても素敵な演奏なんですよ。

ばんちゃん父さんのブログ→音に想いをのせて…

おんそうずは今まで8回開催されています。
今度は9回目。
おんそうずというものを知った最初のころは参加された方のレポなど読んだりしていいなあ、ちょっと参加したいな、っていう気持ちがありました。
ピアノを習い始めた頃は私自身練習会などというものにも参加したことがなく、仲間が集まってピアノを弾くなんて考えもしなかったんです。そんな機会があるのなら…と。
とはいえ、みなさんとってもお上手で、私なんかめっちゃ下手くそだし、そんな場に行っても気後れしてしまいそうだし…って思いもありました。

でもそんなんじゃないよ、ってこともだんだん分かってきて、初めて会う方たちの中で緊張っていうのはありますけど、めったに会えない関東方面のお友達と時間を共有できるってすごく楽しみだし。
とにかく四の五のいってないで楽しんじゃおう!と。

前からチャンスがあれば参加したいって言ってたのでらべんだ~さんが「今からでもどうかな?」って声をかけてくれて。
今回の参加メンバーを見ると絡んだことのない人のほうが少ないんですよね。
会ったこともあったり、ブログやSNSでやり取りしたり、直接はなくてもお名前などニアミスして知ってる人も入れると知らない人はほぼ皆無。
なので楽しみです。

ばんちゃんの生演奏が聴けるのもすごく楽しみで。何を聴かせてもらえるのかな~~♪
そしてばんちゃん父さんの歌も・・・^^

東京まで行く、ということで私にとっては旅行感覚。
早速宿&新幹線の手配をしました。
去年もピアノがらみで2回東京に行きましたのでちょっとは慣れてきたかな。

参加される皆さん、どうぞよろしくお願いします
[ 2015/06/03 07:07 ] ピアノ | TB(0) | CM(20)

雨の日のふんすい

一応前回のレッスンで合格したギロックの「雨の日のふんすい」

いや・・・でもめっちゃへたくそです。
ミスタッチは多いし、転びまくってるし。一瞬止まったりとかも…。
聴けば聴くほどひどいわ~。こんなの恥ずかしいし、聴いていただくに忍びないです。
だったらもっとましなのを出せ、と言われればそれまでなんですが、なかなかそれがうまくいかないんですよ。

次の曲も練習しないといけないし(言い訳)ここらで切り上げたいんで。
まあ、いつも大した仕上がりではないので自分の記録としてアップしておくということで。

仕事が休みな月曜日、午前中は断捨離の続きで自分の趣味の手芸グッズの整理をしました。
もう使わないだろうと思われるハギレを思い切って捨てることにしました。
色や柄で使いたいと思えないものもだし、小さすぎて老眼の私には使えないだろうという切れ端まで。
どうしても捨てられなくて置いてるけど、そのためにごちゃごちゃして必要なものもわからなくなったり、収納場所がなくなったりしてたら無駄もいいところですもんね。

おかげでだいぶすっきりしました。

週末もやっとしてたこともすこ~しもやが取れたかなあ。
なかなかね、親は大変ですよね~。

で、戻ってレコですが。
今回は曲想をつけて盛り上がるところは思いっきり、メリハリをつけることをだいぶ指導されました。全部同じ調子で弾いてはいけない、って。
もっと大人な演奏を目指しましょう、って。
その代わり少々音が違ったりしてもそれを恐れずに弾きましょうって。
そうできてるのかなあ。
とにかく技術的なことで言えば穴だらけなのでご容赦くださいませ・・・。



レコーダーがいいのであえて動画ではなく、写真貼って出してますが、手元が見えてなくてもこれだけミスがあって下手だと私が演奏した正真正銘のレコだと信じてもらえるだろうなあって思います。
でももしもう1度挑戦する気になったらレコして差し替えられたらなあなんて思います。
[ 2015/06/01 16:42 ] 録音 | TB(0) | CM(12)
プロフィール

まんまるお月

Author:まんまるお月
50代の主婦です。
夫と3人の息子と暮らしています。
趣味はバイクでツーリング(たまに)、キルトがありますが、最近1番ハマっているのはピアノです♪

限定記事についてはブログ上でやり取りをさせていただいている方でしたらパスワード、お気軽にお問い合わせ下さい。

●今レッスン中の曲
 Asian Sea(ウォン・ウィンツァン)
 ハノン
 ブラームス 間奏曲Op118-2
 ドビュッシー 月の光


●今までレッスンした曲
リンクにあります。

●ピアノ歴 
2011年11月からレッスンを受け始めました。
それまではオルガン・おもちゃのようなキーボードなど自分で勝手に遊び半分で鍵盤さわってました。最初はカワイのCA13というデジピで練習していましたが、2014年4月にアップライトピアノを譲っていただきますますピアノ熱が上がっています!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事表示リンク
カレンダー
05 | 2015/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
FC2カウンター