FC2ブログ

まんまるののんびり日記

ピアノレッスン8年目に突入しました~。大人のピアノなのでのんびり楽しく練習しています。

レッスン68回目

今日はお天気も徐々に良くなり、午後のレッスンに行く頃にはちょっと気温は高めだけど、さわやかな風が吹いていました。
自転車で走っているとその風に乗ってほのかに金木犀の香りがしてきました。

もう秋なんですね~~~

ハノン20番

今日もまだ不合格です。というかね~、先生はもっとテンポを上げてほしいみたいなんですけど、上げるともつれてちゃんと弾けません。
付点がついたようになって粒がそろわない。
その部分を先生に言われたリズムで練習して両手で合わせましたが、まだテンポが遅いしできてないのに先に進んでも結局いつまでも速く弾けるようにならない。
なのでもう少し速くなるまで続けることに。
そうは言っても簡単に速くできないです。なのでまあできるようになるまで気長にやります。
正直ハノンだけは面白くはないです。練習もあまり長くはできませんし…。
スケールとかだったらまた面白くなりそうだけどな~。

ワルツエチュード(ギロック子供のためのアルバムより)

やはりこれもテンポが上がらないので流れが悪く聴こえるようです。
いつも言われるのは拍を大きくとらえて1小節を1拍、という感じでフレーズを大きくとらえて…ということ。

「まんまるさんは真面目だからきちんとミスなく弾けるようになってからテンポを上げようとしてるんでしょうけど、少々ミスしてもいいから思い切って流れを作っていくのも1つの練習法ですよ」と。

前はずっと先生にこう言われてたんですよ。
「きちんと弾けてないのに速く弾こうとしてもいつまでもきれいに弾けない」と。

でも最近は逆のこと言われるってことは速く弾いてもいいレベルにはなってきたってことなのかな。
「まんまるさんが思っているより弾けてますから自信をもって思い切りよく弾いてください。」とも言われました。

その上でミスしやすいところは後で部分練習をゆっくりやる、ということで。
次回までに何とか流れがよくなった、と言われるようにしたいと思います。

津軽海峡冬景色

ワルツエチュードに続いて「思い切り弾いてみましょう」ということでまずは気持ちノリノリで弾いてみました。
まだところどころミスタッチもあるし、小節のつなぎ目がうまくつながらないことがあり、自分ではイライラしてしまいました。
先生は「前半とてもよかった、雰囲気出てきましたよ」と。

1番今、うまく弾けたらなと思うのは
「私もひとり 連絡船に乗り~ 」というフレーズの後、タラララララ~と音階で上がって「凍えそうなかもめ見つめ・・・」と続くところ。
タラララララ~ごえそうな・・・
赤字のの和音をびしっときれいにキメたいんですがこれが難しくって~~

ていう感じで他にも何か所かそういうところがあって。
あとは「タメ」とかまだ余裕なくて。
ド演歌ですからコッテコテにやってみたいのですが。
まだしばらく…そのうちビフォー版をアップしてみたいのですが。
みんなが知っている曲だけにね。冬の津軽海峡のイメージ通りに弾いてみたいです

ショパンノクターン嬰ハ短調 遺作

これはまだまだ譜読み段階で、ミスタッチも多いので何とも…という感じです。
まずは左手を完全に覚えるくらい練習して下さい、と。
確かにアルペジオが延々続いていくんですが、ミスが多くて弾き方考えるまでいってないんですよね。

1小節目の和音のところ、ペダルの踏み方とか、踏み替えとかもまだまだダメ、それともっとたっぷり休符もとって、楽譜の音価通りというよりもっともっとタメて弾かないとショパンにならないなと。
そういうのが難しいんですよね~~。
あと、3連符もきれいに並べすぎないで最後のほうはブレーキかける感じに…。

マズルカ風のところも各小節の最後の左手の音はペダルを切って、キレよく弾く感じがいいのではないかと。
私ついつい、ペダル踏みっぱなしにしちゃって。

まあショパンですから、かっこよく弾くまでには私なんかまだまだ時間かかって当然です。
1つ1つ先生のおっしゃることができるように頑張ります。

この4曲で1時間。今日は先生が急用とのことで30分遅くスタートしてきっちり1時間。
ソナチネお休みすれば1時間でレッスン可能ですね。
と言っても時間があれば長くなっちゃうのかもですが…。

でもいつもレッスン終わると脇汗すごいんですよ~
1時間でも結構ヘトヘト…。
ほんとに濃いレッスンです。
[ 2014/09/25 20:29 ] レッスン | TB(0) | CM(10)

実はもう1つ

発表会が終わって、ワルツ10番に続いて、ショパンのノクターン20番を練習しておりますが・・・。

実はもう1つ、弾きたくてたまらない曲があるのです。

それはまたしてもショパンなんですが、ワルツ7番嬰ハ短調op64-2。
さすがにワルツ終わって次もまたワルツってのはどうかと思うので弾きたい曲にこれがあることは先生には言ってないです。

でも弾きたい~~~。
なのでレッスンにはかけなくてもちょっとレッスン曲以外弾いてみたいな~~、って時に少しずつ弾いてみようかなって思ってます。

私の好きな曲ってなんか分かりやすいですかね?
あまり知らないってこともあるんですけども・・・。
ベートベンとかモーツァルト、ドビュッシー、シューベルト、フォーレ、などなど、お友達は色々な曲を弾いていてすごいな~、って思うんですが、自分がいざ弾くとなるとなかなか思いつかないもので。
ついついよく聴く曲になっちゃう。
知ってる曲のほうが譜読みが楽というのもありますが…。

ま、時々楽しみに遊んでみます。
いつか、そのうちにこの曲もレッスンもしてもらおうと思います。




[ 2014/09/22 18:44 ] ピアノ | TB(0) | CM(14)

恥をしのんで・・・(´゚Д゚`;)

昨日レッスンでソナチネ合格したって言いましたけど・・・全然ダメダメなんですよ。

でもまあ、私の今の実力だったらこれでしゃあないかなっていうおまけ合格です。

一応現実は直視したほうがいいと思ってレコしました。
しかし!何度録っても指もつれる・滑る・ミスタッチする・強弱つかない・・・どんだけダメなんだかです。

実力通りっていえばその通り、本当に生き恥ですけど置いておきます。
本当にソナチネは難しいですね。一切ごまかしもきかないし。ノーペダルで弾いてますし、素っ裸の自分の演奏って感じがしますね~。

しばらくソナチネお休みになりますが、まだまだやるべきことが沢山あるので曲がどれか1つ終わったら再開したいと思います。
[ 2014/09/12 12:06 ] 録音 | TB(0) | CM(30)

レッスン67回目

9月になって初めてのレッスンでした。
今日から2時半~です。どんどん時間が早くなっていく。最初は6時半からだったんですよね。
生徒さんが大きくなるにつれ、学校から帰るのが遅くなったりするから。
私は早い時間の方が助かるのでいいんですけどね。

ハノン20番

これ本当に難しくてなかなか。
20140911.jpg

ミソドミをきちんと弾けない、左右どちらもです。上がるのも下がるのも難しいです。
ハノンの練習法が後ろに乗っていて20番は最初の音符4つ分を1度に和音で弾く、というのがあってそれを練習してみるんですが、ただでさえもオクターブは手が小さくていっぱいいっぱいなのに間に2つ音を正確につかむのが難しい。
それに4と5の指の間が開きにくくてミスタッチしてしまうんですね。
今まで粒がそろわないとかリズムが不安定なのは時間をかけてもなかなか直せないのは珍しいことじゃないけど、いつまでもミスタッチをして音がとれないっていうのは珍しいです。
だってず~~っと同じパターンなんですから。

もう少し、頑張ってみるしかなさそうです。今日もレッスン前に頑張って練習はしていったんですけどね。
まだまだ地道に練習しないとちょっと頑張ったからってすぐに手が動くようにはならないですね。
片手ずつ頑張ってみます。

ソナチネアルバム1クーラウOp.55 No.1 第2楽章

ずっと言われている縦の音、しっかり揃えて、と休符のところはしっかり休む、フレーズの最後は「最後」と意識して弾く、ということに気を付けて練習してきました。
通して弾くと「うん、だいぶまとまってます。だいぶ音も揃って来てるんだけど・・・もっときれいに弾ける気がするんですよ。」と。
ゆっくりもう1度先生の後について音を出す練習。
あと、半音階で上がっていくところ、しっかり鍵盤を押し込んでもっと鳴らす、を練習。
そのあと通して一応合格です。
とはいえ、まだまだ直すべきところはあるんでしょうけど…。で、この後ですが、今やってる曲がそれぞれ大変なのでしばらくソナチネはお休みすることになりました。
ギロックのワルツエチュードが終わってまた2ページとかの曲になったらソナチネもやるってことで。それかギロックとソナチネを交替でやってもいいんですよね。今度先生にそう言ってみよう。集中して練習したほうがいいかも。

ワルツエチュード(ギロック子供のためのアルバムより)

転調した中間部、4分音符が続くんですがもっと丁寧に。アクセントの後のスラーの終わりまでの音はあまり強くせず、少しためて間をとって次へ。3度の和音が続くフレーズ、丁寧に音の強弱をつける。
それと全体に音がまだぼやけた感じになっていると。ソナチネも同じなんですけどね

あとはやっぱり音が1つ1つぴしっと決まってないからかぼやっとしたイメージになる。ということでもっと細かく1小節単位での部分練習をした方がよい、と。そうですね
全体的な流れは分かってきたのであとはいつもの課題、「美しい音色」
決めるところがきちっとキマってないと締まりのないダサい演奏になっちゃうのね。いつもそうだからほんと、先生がちょっとピアノ弾いてくれるとよく分かります。
頑張ろうっと!まだ全体のレコはしないほうがいい、それより部分部分のレコをして修正したほうがよい、とのことでした。

津軽海峡冬景色

前奏のところ、音が濁ってるのでペダルを踏み変えること。
次の小節に行くつなぎ目部分、音がまだ覚えられてなくて一瞬間があいてしまうところ。つなげなきゃいけないところはしっかり覚えてつなぐ。
いつも一瞬間があいたようになるのは
右手、歌ではなくおかずの音は引っ込めて遠くで鳴ってるイメージで。
というのが今の1番の課題でしょうか。
先生も最近この曲よく弾いてらっしゃるそうで、娘さんに「よく弾いてるな」って言われたとか。
先生ならもっと演歌らしく情緒たっぷりに弾かれるんだろうな~。

ショパンノクターン嬰ハ短調 遺作

はい、出だしの和音から
字で書くのは難しいですが、たっぷり間をとるように。楽譜の音価通りに弾いても全然らしくないから。
特に最後の2つ。
1つ目の和音の後のペダルの離し方も私には難しく・・・。余韻を残して手を離してからゆっくり足を離す。
これすぐにできない~。
右手3連符で下がってくるところ、最初は強く、あとは自然に流れるように。
途中でになるところがかな~~り難しいです。同弾けばよいかまだ先生とも考え中。
いろんな人の演奏聴いても色々なんですよね。
なので先生が「私とまんまるさんでこう弾こう、っていうのを考えていきましょう」と。

まだまだですね

今日もやっぱり1時間半のレッスンになっちゃいました。
毎回はいくらなんでも先生に申し訳ないな~、なんて。
でも次からソナチネがお休みでハノン入れて4曲になるので短くなるかな?
[ 2014/09/11 21:51 ] レッスン | TB(0) | CM(4)

すごいね~~^^

20140902_546_380_06.jpg

錦織圭選手、快挙ですね。フルセット戦ってランクも上で今年の全豪覇者のスタニスラス・ワウリンカに勝利。
いいとこまでいってもなかなかここまでたどり着けなかったけど…ついに、ですね。
故障も結構あって痛みが出て、というパターンもありました。
今はマイケル・チャンがコーチについてるんですよね~。メンタルも色々指導を受けてるんでしょうか。

昔はよく試合をTVでやってるの見ましたよ。
ボルグとかマッケンローとかね。怒ってラケット叩きつけたりしてましたよね。暴れん坊って感じでした。
最近はあまりTVでやってくれないのかな~。

「エースをねらえ!」ってマンガは有名ですよね。
大好きで、小学生の時初めて買ったマンガの単行本がこれでした。
なのに、中学ではテニス部じゃなくてソフトボール部に入部。テニス部はかわいい子が入るって感じがして、私なんか「およびでない」気がしましたんで・・・野球も好きだったからソフトにしました

2試合をフルセット、長時間の試合でかなり疲労もたまってきてると思いますけど、痛みとかでないといいな。
負けても力を存分に発揮できれば…いやいやできれば勝ってファイナリストになってほしいなあ。

[ 2014/09/04 11:25 ] スポーツ | TB(0) | CM(4)
プロフィール

まんまるお月

Author:まんまるお月
50代の主婦です。
夫と3人の息子と暮らしています。
趣味はバイクでツーリング(たまに)、キルトがありますが、最近1番ハマっているのはピアノです♪

限定記事についてはブログ上でやり取りをさせていただいている方でしたらパスワード、お気軽にお問い合わせ下さい。

●今レッスン中の曲
 Asian Sea(ウォン・ウィンツァン)
 ハノン
 ブラームス 間奏曲Op118-2
 ドビュッシー 月の光


●今までレッスンした曲
リンクにあります。

●ピアノ歴 
2011年11月からレッスンを受け始めました。
それまではオルガン・おもちゃのようなキーボードなど自分で勝手に遊び半分で鍵盤さわってました。最初はカワイのCA13というデジピで練習していましたが、2014年4月にアップライトピアノを譲っていただきますますピアノ熱が上がっています!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事表示リンク
カレンダー
08 | 2014/09 | 10
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
FC2カウンター