FC2ブログ

まんまるののんびり日記

ピアノレッスン8年目に突入しました~。大人のピアノなのでのんびり楽しく練習しています。

今日から甲子園開幕


今日から夏の甲子園が始まりました。
私の父が野球好きで、プロ野球も高校野球もよく見ていました。
弟の名前も当時活躍してた長嶋茂雄から一文字取って名付けたくらい。(ちなみに父は南海ファンでした)
その影響か、私も野球は大好きで、高校野球は特に夏休みの楽しみでもありました。
中学では吹奏楽部に入りたかったのですが、親に吹奏楽は楽器が高い、体が弱いから運動部に入れと言われ(体弱いから文化部と違うんかい?しかも運動部もユニフォームや遠征でお金かかった…)迷わずソフトボール部に入りました。
まあでも、親のおかげでか、ソフトボールやって真っ黒に日焼けもして健康になったと思います。

私が1番心に残っている高校野球の試合と言えば何と言っても、1979年の箕島VS星稜の延長18回の死闘です。
延長に入ってから先攻の星稜が1点取ります。
そして後攻めの箕島が1点ビハインドで2アウトランナーなし、の場面に追い込まれる…これが2度ありました。

そこで箕島の底力が出ます。その2度のピンチで2回とも同点ホームラン!
特に2度目の時はファーストへファールフライが上がって、ファーストの加藤選手が人工芝の切れ目に足を引っかけて捕球し損なってその直後のホームラン。
その後、18回で箕島がついに1点取ってサヨナラとなりました。
夜遅くまで試合が長引いて完全にナイターになっちゃってましたからね。
私は小学校6年生でしたが、勝負がつくまでじっと見てて…。
すごいなあと思いました。

こういうのを見たら高校野球が好きになりますよね。
その後は荒木大輔投手が出てきて大フィーバーが起こったり、私と同級生のPL学園のK.Kコンビが出てきたり。
中2の夏休み、京都商業が、あの金村選手率いる報徳学園と決勝で対戦し、ソフトボール部の部活中だったんですが、顧問の先生がラジオを持ってきてグランドでみんなで聞いてました。
報徳が勝ち越したところで「もうこれでアカンな、練習再開するぞ」と途中で打ち切られて、案の定、京都商業負けてました…。

色々思い出があります。

仕事もあるのでなかなか全試合見られないけど、できるだけ見たいなと思って、今もTVつけてます。
そして長男&三男の母校も出場しています。
結構打つみたいで強そうなので、頑張ってほしいな、また校歌が聴きたいな、と思っています。

最後にその箕島VS星稜の試合について後に振り返っている動画を。
知らない人も見たら感動するんじゃないかなあ。







[ 2018/08/05 11:46 ] スポーツ | TB(0) | CM(4)

平昌オリンピック・パラリンピック


先日終わりましたね、平昌オリンピック・パラリンピック。
オリンピックが終わった時点で一度記事を書いていますが、パラリンピックも終わったのでもう1度…。

ウィンタースポーツは自分でもやったことないし、普段はそんなに興味持って見てないんですが、元々スポーツは大好きだし、普段見られないと思うと逆に楽しみで今回も結構よく放送を見てました。

やっぱり今回1番感動したのはカーリング女子の3位決定戦ですね。
カーリングの試合は結構夜仕事から帰ってくるとそのくらいの時間からスタートして試合をしてるのが多かったのでよく見てたんです。
ダイジェスト版はこちら。(最後の10分は関係ない動画になってますが)



最後に日本の黄色のストーンが真ん中にスーっと入った時は「ええ~~~!」って声をあげちゃいました。
第10エンドはイギリスが有利な後攻でしたし、ラストの一投で2点取られたら負けという局面。
もう負けちゃうのかな~、とドキドキでした。

マイクがついてるので勝った瞬間、握手をした後、選手の感激してる泣き声が聞こえてきてこちらまでウルっと来ました。

あとは羽生選手の金メダルとパラリンピックの成田緑夢選手の金メダルかな。
羽生選手は本当に大丈夫なのかとギリギリまで心配しましたが圧巻の演技で見事に連覇を果たしました。
足痛かったのにね…頑張ったね。

成田選手も大怪我をして、1度は競技をあきらめかけたのにもう1度頑張った姿と、さわやかな笑顔に感動しました。
素直そうな屈託のない笑顔の裏に、きっと苦しいことがたくさんあったのだろうなと思いました。

パラリンピックは純粋にとても面白かったです。
障碍あるとかないとかなしに、迫力があってスポーツとして見ごたえがあったし。

見ていて思うのはどの選手も美しいなあという事。
一流選手になろうとしたら美しいフォームでないとムリですもんね。
本当にどの選手も姿勢が綺麗でため息が出ますよね。

最初はどうなるかと懸念もあった平昌ですが、雪質が悪く、強風もあって、選手にとってはやりにくい環境で転倒者も続出した競技もありました。
でも選手のみなさんが笑顔で帰ってきてくれてよかったなと思います。

本当にお疲れ様でした。


[ 2018/03/22 10:48 ] スポーツ | TB(0) | CM(0)

オリンピック終わりましたね


今回のオリンピック、最初は「そんなに見ないかな~」って思ってました。

でも、見始めたらやっぱり面白いではないですか。

私が特に面白かったのはスノーボードスロープスタイルと、フィギュアスケートの男女シングルと、カーリングでしょうか。

なんか時差がないはずなのにジャンプやノルディック複合が夜遅くだったり、逆にフィギュアは真昼間だったりして商業主義的なところが非常に鼻にはつきましたが…。

ちょうどカーリングの試合が夜8時ごろからで、仕事から帰ってご飯食べながら見てる、そしてそのまま10時半ごろまでかかってみてしまう、という生活が続きました。

戦略とか試合展開を見てるとものすごく面白いんですよね。
そして最後の一投まで勝敗が分からなかったり。
女子だけじゃなく男子もちゃんと応援させてもらいましたよ。

前回のオリンピックでもカーリングは面白いなと思ってましたけど、今回は特に試合を沢山見られてある程度ルールも分かってきてより楽しく観戦できました。
やはり何と言っても女子の最後の3位決定戦の最後のショット…ビックリしたし、うれしくて一緒に泣いてしまいました。

そしてケガからぶっつけで試合に臨んだ羽生選手の素晴らしい演技には心打たれました。
鳥肌が立つような演技でしたね。

私はやっぱりオリンピック観戦好きだな~。
何だか終わっちゃって淋しい感じです。

次は夏のオリンピック。
日本の真夏は暑すぎるから昔みたいに10月ごろにやればいいのに…。

メダリストたちはしばらく引っ張りだこで忙しいだろうな。
早くゆっくりさせてあげたいなあ。

本当にお疲れ様でした。
p(*^-^*)q
[ 2018/02/26 23:38 ] スポーツ | TB(0) | CM(4)

体操・世界選手権


今回の世界選手権、えらいこっちゃです。

内村航平選手が予選で足を痛め、棄権!世界選手権7連覇の夢は消えてしまいました。
今夜、男子個人総合決勝の放送をやっていて(LIVEじゃなきゃつまらんけど)、白井選手頑張りましたね~。
吊り輪と鞍馬がもっと強化できれば優勝も狙えそうですね。
でも大きなミスもなくよく頑張ったなあと思います。

オリンピックで内村選手と最後の最後まで金メダルを争ったウクライナのベルニャエフ選手も調子が悪かったのか、得意の平行棒のミスや鞍馬での落下などがあり、1・2位は中国の選手で3位が白井選手でした。

でもやっぱり内村選手が出ないとつまらないなって思ってしまいましたね。
やっぱり内村選手の演技は別格です。美しさが違いますね。

これからは種目別があるので、その種目のスペシャリストによる難度の高い演技が見られると思います。
注目は鉄棒です。

日本から宮地選手が種目別鉄棒の決勝に出るのですが、新しい技を持っていて、もし成功したら「ミヤチ」と名前がつくはずなんです。
その技というのが伸身ブレットシュナイダーという技です。
ブレットシュナイダーという技はコバチ2回ひねりという放れ技です。

こんなの。


この動画はそのブレットシュナイダー選手の演技です。
1番最初にやってる放れ技です。
カッコイイですよね。

果たして成功するか??

後は女子個人総合で予選を村上選手が1位で通過しました。
アメリカの金メダリスト、バイルスが出場していないというのもあるんですが、チャンスです。
女子ではなかなかメダルを獲るところまでは最近いけてません。

村上選手はあの池谷幸雄(清風コンビと言われた)の経営する体操クラブで育てられた選手です。
昔から村上選手のことを池谷さんはいい選手だと言ってきましたからね。
今は日体大の学生さんです。
予選の点数は決勝では持ち越さないので決勝は決勝、なんですが、固くならずに頑張っていただきたいです。

[ 2017/10/07 00:04 ] スポーツ | TB(0) | CM(0)

引きこもっております


今日はすんごい雪ですねえ。
うちも珍しくこんなに積もっちゃって、まだ雪が断続的に降り続いています。
土日も仕事がある家族は通勤の段取りで大変。
昨夜1時に家を出た長男は長靴でいきました。
自転車で行ったんですけど、帰りはムリかもな~。

20170115 (3)-001

てことで、私は1日引きこもりでございます。

前の話になりますが、リオオリンピック。体操男子個人総合で、ウクライナのベルニャエフ選手に、5種目終えて0.9点差で負けていたのを鉄棒の演技で見事にひっくり返して金メダルを獲得したのが王者内村航平選手。

最後の鉄棒で大逆転したわけですが、あとで公式会見で記者に「あなたは審判に好かれているのでは?(だから最後に勝てたのでは?)」と意地悪な質問を受けて、逆転負けしたベルニャエフ選手が「いつも公平にジャッジされている。それは無駄な質問だ」と一蹴したという場面がありました。

でも実際、体操をよく知らない人には分かりにくかったでしょうね。
ベルニャエフ選手も落下したりなど、目立ったミスはそんなになかったですし。
最後の着地でちょっとふらついたなってくらいですから。

内村選手の演技がなぜ高得点だったのか解説の分かりやすい動画があったのでアップしておきます。



完璧に見える演技でも減点するところはあります。
肘の曲がりは私でも分かるところ。
倒立の角度とかは難しいですね^^;

ここで開設されてるEスコアというのはいわゆる「出来栄え点」で、10点満点からの減点での採点。
これに技の難度によって加算されるDスコアを足して得点が決まってるんで、D得点も上げたいけど、綺麗に出来ないとEがどんどん減点されるのでとても難しいのです。

オリンピックの時しかなかなか注目されない体操競技ですが、ちゃんと見てるとホントに面白いんですよ。

[ 2017/01/15 11:42 ] スポーツ | TB(0) | CM(2)
プロフィール

まんまるお月

Author:まんまるお月
50代の主婦です。
夫と3人の息子と暮らしています。
趣味はバイクでツーリング(たまに)、キルトがありますが、最近1番ハマっているのはピアノです♪

限定記事についてはブログ上でやり取りをさせていただいている方でしたらパスワード、お気軽にお問い合わせ下さい。

●今レッスン中の曲
 Asian Sea(ウォン・ウィンツァン)
 ハノン
 ブラームス 間奏曲Op118-2
 ドビュッシー 月の光


●今までレッスンした曲
リンクにあります。

●ピアノ歴 
2011年11月からレッスンを受け始めました。
それまではオルガン・おもちゃのようなキーボードなど自分で勝手に遊び半分で鍵盤さわってました。最初はカワイのCA13というデジピで練習していましたが、2014年4月にアップライトピアノを譲っていただきますますピアノ熱が上がっています!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事表示リンク
カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
FC2カウンター