FC2ブログ

まんまるののんびり日記

ピアノレッスン8年目に突入しました~。大人のピアノなのでのんびり楽しく練習しています。

2か月ぶりのレッスン


今日は雨でしたが、カッパを着て自転車でレッスンに行ってきました~。
4月5月とお休みしたので、2か月ぶりです。

今だから言いますが、実は4月のはじめに私の職場を受診した患者さんがコロナ陽性でした。
私もその患者さんに2日間、採血やレントゲンを撮るための準備をしたり(撮影ボタンは院長が押すので)してその患者さんと接触しました。
発熱があるので、ガウン・ゴーグル・シャワーキャップに手袋をつけて対応ました。
もちろん他の患者さんからも隔離して診療をしました。
やっぱりコロナの疑いがあるということで指定の医療機関に行ってもらったところ、陽性であるとの報告があって。
すぐに保健センターから聞き取り調査に来ました。
換気・装備をして対応したので、特に自宅待機などはなく、仕事もしてよいとのことで、接触してから14日間の健康観察だけを指示されました。
幸い何の症状もなく、観察期間は終了しました。

そんなことがあって、「コロナの感染が落ち着くまで私は誰ともプライベートで会ってはいけない」と思いました。
もちろん予約してた美容院もキャンセルし、レッスンもお休みすることにしたんです。
その後、教室自体お休みされることになって、6月から再開との連絡をいただいて、久しぶりに行ってきた、というわけです。

ハノン 音階 変ホ短調 和声的短音階
やっと拍感をつかんで弾けるようになり、最後のカデンツで失敗しましたが、もう1回やり直して合格…。
まあテンポは遅いんですが…とりあえず1巡しましょうってことで速いテンポは求めないことになってます(;^_^A
それより鍵盤を深く押すことと、拍感をしっかりと意識すること、です。
私は「音階を知る」ってところからですね。

Asian Sea
暗譜で聴いてもらいました。
時々ミスタッチがあったり、和音の移動がやっぱりぎこちなくなってしまい。
先生からは和音の移動、16分音符でも慌てないで確実に、少しタメる感じになってもいいから丁寧に音がばらつかないようにと言われました。
しかし全体的には流れもよくなってきているので、もう少しですね、と。

月の光
やっぱりまだ冒頭部分、拍感が安定してないということで、まずはメトロノームに合わせて拍手で確認していきました。
どうしても右手は小節の頭の音がタイでその前の小節からつながってて拍の頭がよくわからなくなってしまうんですよね。
なので、左手できちんとそれができるようにしないといけない…。
難しいです。拍感が分かってないんでテンポが部分部分で速くなったり遅くなったりしてるようにきこえます。

ブラームスOp118-2
自粛中もずっと弾き続けてきたので、聴いてもらいました。
1回目はちょっとミスをしてしまったり、暗譜が飛んでしまったのですが、それでも止まらずに弾いたのでそれは褒められました。
やっぱり問題はクロスリズムのところかな。どこかでミスってしまうという…。
暗譜をしっかりしましょう、と。
でも2回目はそれなりに落ち着いて弾けたし、1回目より表現もできたかなって気がしました。
まだ弾き続けられてるのは頑張ってる方かな。この曲は弾かなかったらすぐに弾けなくなると思うので、ここまで来たら継続していこうと思ってます。

2曲をレッスンしてて、ウォンさんのほうはだいぶ仕上がってきているということで、前回は朝ドラの「スカーレット」の曲を見てもらいましたが、今後どうするかということになり。
もう1曲、私の大好きな癒される曲、こちらをお願いすることにしました。

「こころの時代」という曲です。NHKの「こころの時代」という番組のテーマ曲です。
今でもアンコール特集で、その番組を時々放送しているのを見ます。
番組内容は  Wikipediaより
「インタビューを受ける出演者や講演者の半生に関わってきた人々の話題を中心に、経済人にあっては過去に携わったプロジェクトの舞台裏・人間模様・苦労話等々、各界の先達と呼ばれる人にあってはその地位に至るまでの失敗談などインタビュー以前には活字や各種メディアで目にすることのなかった内容がインタビュアーの質問により引き出され、堅苦しいインタビュー番組とは異なる。
著名な哲学者・仏教学者・神学者などへのインタビューの時は、高度な宗教論・神学論を語る内容になることもある。但し、初心者にも分かりやすいよう、極力平易な言葉で語られるよう配慮されている。」
なかなかいい番組なんで放送があると知ると録画して見ています。



自粛期間中、職業柄もあってとにかく外出が一切できなかった状況で心の癒しになったのはウォンさんの音楽でした。
期間中何度も生LIVEを発信してくださって、楽しませていただいてました。
私の心にググっとくるメロディーばかりです。
なので、この曲も弾けるようになりたいなあって。

頑張ります!
やっとレッスンにも行けるようになってよかったです。
2度と自粛しないといけないような事態になりませんように…。
[ 2020/06/11 22:39 ] レッスン | TB(0) | CM(2)

3月12日のレッスン


日曜日の朝、洗濯・簡単にお掃除を済ませてのんびりしてます。

久しぶりにピアノレッスンの記事です。
最近記事サボってますが、ピアノはサボってませんよ~!

いつも第2・4木曜がレッスンなんですが、2月は先生の都合で1回目のレッスンがお休みになりました。
なので、2月は1か月ぶりのレッスンでした。
振替と言っても、次の木曜、とかだと結局1週間しか間がないので、そんなに練習できないし、私のレッスンの後次の人まで時間があるとのことなので、前回と、3月の1回目のレッスンを30分ずつ延長して1時間を補てんしてもらうことにしました。

Asian Sea
2月のレッスンではまだ音の流れがぎこちないということを指摘されました。
DSC_0419 (1)

画像の上の段の後ろから2小節目からの♪ラドレーラソミドレ、とか、和音で構成されていますが、オクターブなのでどうしてもうまくつかめないので、ちゃんと弾こうと思うとブツ切れっぽくて。
まずは和音のポジション移動をしっかり覚える。ペダルを踏んでいるのでもう少し音を押さえる長さを短めにして移動する、左手の音に気をとられていると右をミスするので左手の移動もしっかり覚えてこれもペダル踏んでるんだから早めにポジション移動。

それで今回、2週間でその練習をして行ったんですが「ずいぶんスムーズになってきましたね、だいぶ練習しましたね?」と言っていただきました。目に見えて(いや、耳で聴いて)良くなっているってことであればそれはうれしいことです。
確かにだいぶ音の流れが良くなった感じがします。
それからよくありがちな強弱をつける時に、強すぎる音の指摘もあったんですが、それも気をつけて弾けるようになりました。
何しろコロナ騒ぎで職業柄、濃厚接触と言われそうなところには極力行かないようにしてるので、家→職場→近所のスーパー→家の往復の繰り返ししかしてないんです。
家でピアノ弾くか、本読むか…くらいしかない…。

今回のレッスンでは画像の1番右下の小節の最後の和音、このフレーズ何回も出てくるんですが、もっと手首を使って打鍵した後ふわっと離す・・・という気持ちで、と。
確かに私の弾き方だと音が硬いし、優しくない…。

コロナ騒ぎであちこちでイベントが中止されています。
この曲の作曲者でもある、ウォン・ウィンツァンさんのコンサートも中止になっていて、時々Webで生LIVEをされてます。
実は今日もこちらで15時~配信されるので、興味のある方は是非。
Sunday afternoon Satowa Music Streaming Concert

チャンネル登録すると、その情報も先に送ってもらえます。

ウォンさんのような美しい音で弾くのはとても難しいですが、少しでも近づけるように頑張りたいと思っています。

月の光

やっとこさ、なんとか音を繋いで弾けるようになってきました。
まだそれでも和音とか間違えちゃうので譜読みの途中、と言えますね。

先生には「この曲もだいぶ練習されましたね。」と言っていただけました。
まだまだ、曲にはなってないんですけどね。ゆっくりやってます。

20200315 (2)

今回は特に左手の16分音符を1つずつ並べた感じに弾いているので、6つで一塊、を意識すること。
これはもう、どの曲でも私はいつもそんな感じからスタートして、先生に指摘されるんです。
自分でも分かってるんですけどつい、やってしまいます。
まずは左手の塊を意識した片手練習をしっかりやって運指も意識せずに弾けるようにしないと…。

まだビフォー版をアップできるレベルにはないので、それが出来るくらいになれるよう、頑張ります。

それとブラームスもまだまだ続けています。
曲想などは自分のこう弾こう、と思うものが染みついてはいるのですが、いかんせん、暗譜が飛ぶことがよくあります。

なので、暗譜をしっかりするために、ペダルなしでゆっくり弾く、という練習をしてます。
ゆっくり弾くと、勢いに任せて弾けていたところが「あれ??」となってしまいます。
暗譜が曖昧なままに弾いてるってことなんですよね。
引っかかったところは手のポジションを確認して、何度も2音、とかから練習して、1小節、1フレーズ、とつないでいく地味な練習です。でもそうすることで、暗譜が確実なものになり、安定した演奏ができるようになる、と…。

その日によってほぼ間違えずに弾ける時と、あちこち分からなくなる時があって。
難しいですが、本当の持ちネタにするために、継続します。

ということで、久しぶりのレッスン記でした。


[ 2020/03/15 10:23 ] レッスン | TB(0) | CM(6)

久々にレッスン記


今日はレッスンでした。
あまり進展がなくて、最近記事にするのは1か月分を1回にまとめていたのに、12月のレッスン記録は書いてませんでしたので、2か月ぶりです。

ハノン 変ホ短調 和声的短音階
今日は片手ずつのみ。あんまり練習してなくて、まだあいまい・・・。

ブラームス間奏曲 Op118-2
毎回レッスンで1度は通すようにしてるんですが、12月は暗譜が飛んだり、1度間違えると戻れなかったり、先生からも「ちょっと曖昧になってきているので、ミスしたところは丁寧に楽譜を見ながら音を確認して間違えたところを繰り返し練習してください」と言われていました。
それで、後期試験が終わって時間に余裕が出来たので言われた通りやって行きました。
ちょっとだけミスをしてしまったところはありますが、先生から「今日はとてもよかったですよ」と言ってもらえました。
今の調子で、しっかりどう弾くか考えながら維持し続けるということで。

Asian Sea
この前の記事でアップした感じで弾きました。
先生からはさらに細かい曲想のつけ方を指導されました。
左手の出したい音が出ていないところを、右は抑えて左を響かせる…とか、トリルがトリルに聴こえない、とか…。
フレーズを大きくとらえ、フレーズの切れ目は少しの間を作って、焦りを感じない演奏にする、というのはどの曲でも、いつも言われることです。
先生の言われた課題をクリアしていくと更なる課題が出されていくという感じです。でもその積み重ねで少しずつ形作られていく気がします。
「前言ったことと違うことを言うかもしれませんが、演奏を聴いているとやっぱりここはこうした方が、ってなっていくので・・・」と先生。
特にクラシックとは違ってポピュラーは自分がどう弾きたいか、曲に対しでどうイメージするか、で自由度が高いと思うので、私のその時の演奏によって指導が変わるのはあるあるだと思っています。
レッスンで言われて「分かりました、じゃあ・・・」ってすぐはできないので「う~~ん、それ難しい」とか「この間はこう言われたのでこう弾きました」とか言っちゃうんですけどね~。
でもやっぱり先生のおっしゃるようにやるとさらに良くなるので、最終的にはそのように練習します。
どの曲もですが、流れが良くなってくると弾いていて楽しくなってきますね。

月の光
先月のレッスンでもなかなか譜読みが進んでいませんでした。
先生から「最初からばかりやってると後ろの方が疲れてきて余計に進まないので、後ろからも練習してください」って言われました。
なので、お正月休みあたりから、後ろから数段づつ、前に向かって練習することを続けました。
前回のレッスンでは曲の後半部分だけレッスンしてもらいました。
まだ譜読みで、「この音はタイだからもう1度鳴らさなくていいから」とか言われる段階でした。
でもそのレッスンの後くらいから少し楽譜を見て弾くのが楽になってきたんです。

今日は最初から終わりまでゆっくり間違えながらも通しました。
そしたら先生から「前回までと全然違います!ずいぶん進みましたね~。これなら弾けるようになるのも早いかも」と。
いやいや、まだまだだけど、自分が何を弾いているのか聞いていて分かるようにはなりました。
ここまで来るのが長かった(;・∀・) 何弾いてるか耳で聴きとれないレベルだとしんどい~~~。

もう少し流れよく弾けるようになるまでしっかり音を取れるように頑張ります。
あまりに譜読みが進まないので先生、「まんまるさん、やる気失くしちゃってるのかな」って思ってらしたかもしれません。
そんなことはなかったんだけど、最近まで仕事も忙しくて試験もあったし、ピアノは二の次だったし。
今仕事も落ち着いてきているので、時間に余裕が出来ました。

2曲とも癒される美しい曲なのでブラームスと共に大事に練習してきます。


[ 2020/01/23 22:37 ] レッスン | TB(0) | CM(0)

11月のレッスン


11月のレッスン2回分の記録…と言ってもそんなに進展はありません。

どうしても学校の勉強や課題が優先になってしまうので、ピアノの方はボチボチです。

ハノン 音階 変ロ短調 和声的短音階
いつもハノンでの注意事項は同じかな。
深い音を出すこと。
拍の頭を意識すること。

テンポは速くないけどとにかく全部の音階を1度はやってしまいましょうってことで今回合格。 

Asean Sea
まだ和音が上手くつかめないところがあります。
先生からテンポはゆっくりにして、とにかくまずは和音をしっかりつかんで確実に音を出せるように、と。
オクターブで間に2つ音が入ってる4つの音の和音などは手が小さい私にはとても厳しい…。
そして左手は9度、の和音もあって、両方を移動しながら確実に弾くのはかなり難しいです。
暗譜して手元を見ながらじゃないとミスタッチはなくならないかなと思います。

月の光
まだ譜読み段階です。和音でいちいち悩んだり考えたりなので、音がつながっていきません。
なので拍感も分からないままで。
でも基本の拍については教えてもらってちょっとわかりました。
「よく考えたら、この曲についてのほんとの基本の基本をまんまるさんに言ってませんでしたね!」と。
先生、前のレッスンからずっと考えて下さってたみたいで。
は同じ1拍ですからね、って。
私、それがよく分からなくなっていて(!!)
お恥ずかしい…。
この曲、私にはかなり難しいです。ま、ブラームスもそうだったので、気長にいきますね。

最後にブラームスも1回弾かせてもらいました。
一瞬音分からなくなってしまって。普通に弾けるんですけど、たまに分からなくなりますね。
やはりいつもいつでも弾けるように維持しなくては。今のところ、忘れてはいないです(笑)。

そしていよいよ、1週間後の8日はウォンさんのコンサートです。
生演奏を楽しませていただきます。
ご本人に直接お会いできるのも楽しみなので、体調を整えて、お手伝いも頑張ろうと思います。

暖かい日が続いていましたが今月に入ってから急に寒くなってきましたね。
最近、体調で気になってるのは足の浮腫です。
午前中仕事で、椅子に座ってパソコンを打っていると足が浮腫んでくるんです。
もちろんじ~っと座ってることはなくて、立ったり座ったりを繰り返したりしてるんですがそれでも浮腫んできます。
運動不足だし、足の筋肉使えてないのかなあと。
それで2週間くらい前から週4日くらい朝起きてから40分くらいウォーキングしています。
足を使わないとダメですよね。私は病棟で歩き回るような仕事をしてないので、運動不足なんですよ…。

通勤で歩けばいいとは思うのですが、1日2往復、小刻みに歩くより、まとめて歩きたいし、通勤の時に買い物とかしたいから自転車乗りたいし…なので休みの今日とか、他に仕事の日も週3日は歩いてます。
家を出る時はまだ外も暗いですが、歩いているうちに明るくなってきます。
夏より冬の方が歩くのは苦にならないし。

習慣にしたいなと思います。

あと3週間ほどで大学のテキスト履修の課題をやって(実はあと1科目)、その後は来年の1月半ばまでにネット履修科目の最終課題を提出して、テキスト履修の試験を6科目受ければ後期分の勉強は終わりになります。
まだやることいっぱいあるけど、期限に遅れないように出来るだけ頑張ります。
1科目捨てることになりそうだけど(;^_^A ま、MAX取ったからちょっとくらい捨てても大丈夫…(;´・ω・)

仕事も忙しいので、1つ1つ頑張ります!(`・ω・´)

[ 2019/12/01 17:53 ] レッスン | TB(0) | CM(11)

レッスン 振替


10月の2回目のレッスンは不注意で指をケガしていしまったので、欠席してしまい、2日前にその振替のレッスンをしていただきました。

何と、先生、来月のウォンさんのコンサートにコーラスのお仲間と一緒に行って下さるとのこと。
遠いのに…うれしい。1人でも多くの方に聴いてもらいたいから。
私がレッスンしていただいてる「Asian Sea」も生演奏聴いていただけるからな~~

ハノン 音階 変ロ短調 和声的短音階
全体に音が浅い、もっと深い音を出して、なおかつ、テンポを上げるように、と。
次回へ。

Asean Sea

だいぶまとまってきましたね、と。

左手、同じ旋律の繰り返しの部分、1音目から強すぎ。最初は静かに入って最後のスラーの後ろから2つ目の音を1番強くして、その後抜く感じ。
でも、この間和音がぶつ切りと言われてたところは何も言われなかったので、意識して直せてたみたい。
前回と同じところを言われない、別のところを言われるってことは、前回の改善点はOKってことだと解釈しています。
まだ全体的にスムーズじゃないので、もっと滑らかに美しく弾きたいです。

月の光  ドビュッシー
初ドビュッシーはいきなり憧れの月の光からスタートしちゃいました。
主となるメロディーだけ取り出して弾いて、拍感を感じてみる。
加線のついた音が多いので、まだド…ミ…ソ…って数えなきゃいけないところが多いので早く音を覚えたいです。
だいぶ音を繋げて弾けるようにはなってきました。
癒されますね、この曲も。
最初はなんだかよくわからなかったけど、少しずつ掴めてきてます、というと先生が「こういう根気良さはなかなか子供の生徒さんでは難しいんです。譜読みのしんどいところを乗り越えると楽しくなってくるんだけど、中高生でも好きな曲で、比較的弾きやすいものだとあっという間に弾けるようになるんだけど、難しい曲だと弾けるようになるまでの我慢が難しいんです」と。
まあ、私もあまり興味のない曲でひたすら難しかったら無理ですけどね~~好きだから弾けるまで頑張ろうとするだけ。
一緒なんだなあって思います。

ブラームスOp118-2
まだ時間あるから聴きましょう、と言っていただいて、通して弾きました。
この曲は本番が終わってもしつこく弾き続けているので、急に言われても暗譜は大丈夫。
先生から前回は「ちょっと力が入って頑張り過ぎかな」と言われたので、その辺気をつけて、自分の音をよく聴きながら弾いてみました。肩の力入れすぎずに…。
そしたら「今日は良かったですよ。右と左のバランスがとても良かったし、はっとするようないい音が出ていましたよ。」と。
よかった~~。
この曲はなぜか今までみたいに新しい曲に取り掛かっても飽きることないし、ピアノの前に座るととりあえず1回は弾きたくなります。
やっぱりキープしておきたい1曲ですね。月の光もそうしたいんですよね。月の光は少し短めなので、時間制限があったり、サッと軽く弾きたいときによいレパートリーになりそうな気が…。
余興的にもみんなが知ってる曲と言えば月の光の方ですよね。

2曲を持続できたらいいなと今から思っています。
ゆっくり熟成させる曲にしたいです。

今は忙しくなってきた仕事と大学の勉強に結構時間を取られるので、ガッツリピアノの練習できる時間が少ないです。
今日も仕事は1時間残業。最近本当に忙しくて。
でも、少しづつでも進んでいるので、焦ったりはしていません。
10月中に何とかレポート3つも書いて提出しました。
来月そのレポートで合格点をもらえてたら3科目5単位は認定です。
でもまだ、たくさん残ってます。履修登録した24単位のうち、1つでも多く単位がもらえるように頑張ります。
[ 2019/11/09 22:00 ] レッスン | TB(0) | CM(2)
プロフィール

まんまるお月

Author:まんまるお月
50代の主婦です。
夫と3人の息子と暮らしています。
趣味はバイクでツーリング(たまに)、キルトがありますが、最近1番ハマっているのはピアノです♪

限定記事についてはブログ上でやり取りをさせていただいている方でしたらパスワード、お気軽にお問い合わせ下さい。

●今レッスン中の曲
 Asian Sea(ウォン・ウィンツァン)
 ハノン
 ブラームス 間奏曲Op118-2
 ドビュッシー 月の光


●今までレッスンした曲
リンクにあります。

●ピアノ歴 
2011年11月からレッスンを受け始めました。
それまではオルガン・おもちゃのようなキーボードなど自分で勝手に遊び半分で鍵盤さわってました。最初はカワイのCA13というデジピで練習していましたが、2014年4月にアップライトピアノを譲っていただきますますピアノ熱が上がっています!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事表示リンク
カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
FC2カウンター