FC2ブログ

まんまるののんびり日記

ピアノレッスン8年目に突入しました~。大人のピアノなのでのんびり楽しく練習しています。

Entries

色々落ち込んでますが…


今日は早朝からとある講座に出かけて勉強してきました。
朝6時40分の電車で2時間…遠いけど、朝早く電車に乗って出かけるのは好きです。
今日を含め、1年間に8回参加するもので。
自分自身のために行こうと思っているので、大変とかえらいとかそんなのはないです。

日々気持ちが揺れて落ち込んだりもしてるんですが、今日も他の方の話を聞く機会もあり、私だけじゃないんだなあって思って少し勇気づけられました。
大学の勉強でもこの間講義を聞いたのですが、「人生は苦である」と。
人は誰でも悩み、葛藤するし、そのことで人は成長していけるのだと。
そして「真理を知ることで心は救われる」って。
ブッダとゴータミーの話・・・こんな話でした。
子供を失くした母ゴータミーはその苦しみから、何とか子供を生き返らせる薬がほしい、とブッダに訴えます。
ブッダは「1人も死人が出ていない家のカラシの種をもらって来なさい。それが薬だ」と言います。
ゴータミーは必死でカラシの種を探しますが、誰も死人の出たことのない家なんてありません。
そこでゴータミーは「私だけがこのような苦しみを味わっているのではない、どこの家にも私のような人がいる」ということに気付きます。
自分一人何故こんなに苦しまなければいけないのか、と思うと辛いし、救われませんね。
でも私だけじゃない、みんながこの苦しみを抱えながらも生きているんだ、と思えば悲しみは消えませんが、心が救われるのではないかと。
当たり前のことなんですが、自分のことだけに目を向けているとそういうことが分からなくなってしまいますよね。

だから色々知ること、視野を広げることでもう少し心が解放されるんじゃないかな、なんて思っています。

さて、今日もその講座から帰ってきてからレコしてみました。
レッスンで注意を受けたり自分でも変だなと思ったところ、意識してみました。
少しは改善してるかなあ~?




*CommentList

レッスン172回目


この間の木曜日はレッスンでした。
木曜日は仕事が「半ドン」ですが、なんか、そうすると気が緩んじゃって、1時過ぎに仕事が終わって帰ってくると何だか気が抜けてしまいます。
しかし、そこをまた気持ちを奮い立たせてレッスンに…。行く時は「しんどい~~」って思うのですが、レッスンに行くと不思議とまたしゃきっとして楽しくなります。レッスンを始めると疲れは吹っ飛んでいるんですよね~。
気持ちの問題って大きいですね。好きな事、自分の決めた事をしているときはしんどくても元気になります。
ちなみに大学の勉強も今のところ自分のペースを守って進めてますよ~。

ハノン 変二長調 Des dur, D♭major

なんと、珍しく1回で合格しちゃいました~~。だいぶ拍を意識して弾けるようになってきました。
なんでだろう?でも先生、いつもはなかなか合格出ないのに今回は「うん、弾けてますよ」って。
わ~~い。私の好きな音階かもしれない。たまにはこういうの、うれしいですね。

ブラームスOp118-2

暗譜はだいぶ先生の前でも弾けるようになりました。楽譜を前に置かなくても、途中でミスをしても最後まで弾くことができるようになりました。
しかし、当然ですが、まだまだ色々お直しがあります。
20190413_232029.jpg

まずこの↑部分。それまでに比べてテンポが速いと。意識してなかったけど確かに…。
もともとテンポを揺らす曲ではあるんですが、私の場合、急に速くなったり遅くなったり…やるにしても徐々に…ということがなく、唐突で不自然だと。
そのテンポで弾いてると自然にそのままが身についてしまってるんですよね(;^_^A

20190413_230414.jpg

これ↑は写真の3小節目、左手のレファラレと上がって行く部分がなぜか遅くなってる。ここだけ遅くなるのはおかしい。
揺らすならレファラレの後の和音を弾くときに一呼吸置く方がよい、と。

20190413_230226.jpg

この写真の最後の小節の和音の後、ド~が短い。そしてペダルを踏みっぱなしなので和音を弾いて、ritでゆっくりのテンポをたもったまま、いったんペダルを離し、十分にドは1拍半(この続きの小節であと半拍タイでつながってる)弾く。

あとはまだ左手の音が跳ねすぎ…な部分あり。癖はなかなか抜けません。もっとレガートを意識して。

先生、「よくなってきたから他にも言いたいところが出てきたので、頑張りましょうね」と。
ピアノの成長にも終わりはありませんからね。

人間の成長も同じですから。一生、成長・発達できます。大人になってもね。というか本当の大人になるのは還暦くらいらしいです。

あとは「栄光の架橋」は音価が分かりにくいところ、先生にカウントしてもらって。
アレンジはすごくいいと思うんです。まだ弾きこなせないけど…。
休符をもっと意識して、だらだら弾かない。

発表会まで正規のレッスンはあと7回。あっという間かも~。
3か月半なんですね。
仕上がり具合はいい感じかもしれません。
あまり早く仕上がってしまうと本番にピークを持っていけないかもしれないし、遅れ過ぎても焦りが出てしまいます。
今くらいでまだもう少し、というところをあっちこっち修正しながら弾き込んでいくのに数か月を要するのは私にとってはいい頃合いなんです。

1年も弾いてるのに…ですが、私のペースはそんなものなんですよね。
譜読みから数か月で仕上げるとか無理。
弾ける曲数は少ないかもしれませんが、私なりに頑張ってます♪

*CommentList

毎朝泣いてます


4月に入って、新しい朝ドラが始まり、2週目が終わりました。

私はBSで7時15分から「おしん」の再放送を見て、その続きで「なつぞら」を見ています。

この30分間、毎日のように泣かされてます…。
おしんは説明いらないですよね。
今は「少女編」なのであの小林綾子ちゃんの名演技が見られます。
そして、意外な俳優さんがわき役で出ていたことを改めて知りました。
最初の奉公先の主人の役で平泉成が、奉公人の優しい兄ちゃん役で光石研が出ています。若い!

小林綾子ちゃんはなつぞらにも出演しています。あのおしんが今は主人公なつの同級生のお母さんの役。
まああれから30年以上経ってるんだものね~。小林綾子ちゃんはなんともう46歳なんですよ!Σ(゚□゚(゚□゚*)
時代を感じます。自分も歳をとるわけだ…。

そしてなつぞらではなんといっても草刈正雄おじいちゃんの存在感!
カッコイイのはもちろん、とても厳しいんだけど、優しい。
おじいちゃんはなつを子ども扱いしないで対等な1人の人間として接しているんだなあと思います。

亡くなった戦友の子供であるなつを連れて北海道に戻った婿養子のおじさん。その義父である草刈おじいちゃんは最初は「犬猫の子供じゃあるまいし!」と言ってなつにも冷たい態度。
なつは事情を察していて、親がいない自分はここにいるしかない、と少しでも認めてもらおうと、働かせてください、と申し出る。

それを聞いたおじいちゃん、「それでこそ、赤の他人じゃ!」って。
褒めてるのか・・・?

そして朝早く起きて牛の搾乳を見学、しばらくその様子を見ていたおじいちゃんに促され、なつも搾乳ができるように。

ある日、おじちゃんに連れられて町へでかけたなつ。
おじいちゃんが和菓子屋さんへ連れて行って、そこで和菓子屋のご主人が作ったアイスクリームを食べさせてもらいます。

その時のおじいちゃんの言葉はこうです。
「それは、お前が絞った牛乳から生まれたものだ。よく味わえ。ちゃんと働けば、必ずいつか報われる日がくる。報われなければ、働き方が悪いか、働かせる者が悪いんだ。とっとと逃げ出しゃいいんだ。だが、一番悪いのは、人がなんとかしてくれると思って生きることじゃ。人は人を当てにする者を助けたりはせん。逆に、自分の力を信じて働いていれば、きっと誰かが助けてくれるものだ」

いいセリフだなと思いました。
その後のセリフに泣かされました。 。゚(゚´Д`゚)゚。
「お前はこの数日、ほんとによく働いた。そのアイスクリームは、お前の力で得たものだ。お前なら大丈夫だ。だからもう、無理に笑うことはない。謝ることもない。お前は堂々とここで生きろ。いいな」

おじいちゃんも気づいていたと思います。
なつが一生懸命大人の顔色を窺って笑ったり、悪くないことでも「すみません」と謝ったりしているのを。

子供だからってただ世話になっているだけでは卑屈な人間に育ってしまうかもしれません。
子供であっても働くことは、自分に誇りをもって生きられるってことなのかもしれないなあって思いました。

草刈正雄おじいちゃん、本当に素敵ですね。
お父さんになってほしい。

今日の放送もよかったです。
なつの同級生の天陽くんは東京から戦時中に開拓のために家族と北海道から来ました。
でももう、良い土地はその前の開拓民たちのものになっているし、残った土地はやせた荒れ地で、簡単に作物が育たなかった・・・そして開墾のための農機具の代わりの馬も買ったのにすぐに死んでしまったのです。

生活が苦しいため、郵便局の仕事をしているお父さん、近くの農家で手伝いをして食べ物を分けてもらってるお母さん(これが小林綾子ちゃん)、とうとう、東京に帰ろうかという話に。
それを聞いたなつがおじいちゃんにその土地を何とかできないか、とお願いします。

なつの気持ちに心動かされたおじいちゃんは天陽くんの両親のところに話をしに行きます。

土地は簡単にはよくならないが、3年、5年頑張ればよくなるというおじいさんに、天陽くんは「僕はやりたい!」と。

天陽くんのお父さんは「うちの天陽がお宅のお嬢さんに何を言ったか知りませんが、それは子供の話でしょう。私たちが真剣にする話じゃない」と言い、大人には大人の事情があり、子供の言うことなんて聞いてられない、といった態度に。
おじいちゃんは「子供の事情を真剣に聴いてやるのが何故いけないのだ。子供の事情を聞いてやれ。」と。

「大人の事情で今、子供たちはどうなってるんだ!せめてこの子らが何がやりたいのか、子供だからではなく、今、きちんと聞いてやるべきじゃないのか!」と言います。
上手く書けてないんですが、泣きましたよ。朝から、出勤前から毎日朝ドラに泣かされるとは思わなかったです。

子供の気持ちをこんなに真剣に受け止めてくれる大人がいてくれたら、子供は生きる勇気、困難に立ち向かう勇気をたくさん持てるんだろうなあ。
なっちゃんの一途な思いをおじいちゃんは大事にして、動いてくれた。

それで天陽くんの土地の開墾をみんなで手伝って、9年後には立派な畑が広がっている…というところで今週は終わっています。

来週から子役さんではないのでまた雰囲気が変わるかもしれませんが、草刈正雄おじいちゃんはまだまだ出てくるようなので、楽しみです。
あまり朝から泣かせないでほしいですけどね。

珍しく動画でアップ ブラームス


今日は久しぶりにスマホで演奏を撮ってみました。

ちょっとスマホの角度がよくなかったかな。ピアノの蓋に私が写り込んでいますが、顔は写ってないのでまあいいか。
ちょっと見にくいですよね、写ってるから。

まだミスはあるんですが…。
特に和音のところ。同じところであれ?となってミスしてしまうのでここはまたしっかり暗譜が必要です。
左手の手首が下がってるなあ、というのはいつもの私の癖みたいで。

たまに撮ってみると自分の手が見えて面白いですね。弾きにくそうに見えるところもありますね。
手が小さいのでレガートで弾こうと思うと…。



今夜は夫は遊びに行っておりまして、またまたお一人様状態。
最近多いんですよ、この状況。
それなりに楽しんでおります。

明日はお休みなのでのんびりしたいと思います。
お花見は…どこ行っても人いっぱいなのでやめときます。

*CommentList

朝ドラいい!


今回の朝ドラ「なつぞら」、久しぶりに第1回目から欠かさず見ています。
その前に朝ドラを真面目に見ていたのは「マッサン」それ以降は見てませんでした。

BSでやっている7時半からの放送を見ています。その時間でないと見られないので。
しかも、BSでは7時15分から「おしん」の再放送が始まったので、続けてみています。
「おしん」は父が、当時毎朝録画して日曜の朝にまとめて見るのが習慣で、高校1年生だった私も見ていました。
昭和8年生まれの父も貧しい農村の生まれで、次男である父も父の姉たちも小学校を出たら丁稚奉公に出なければならなかったので、父は自分の子供時代を思い出していたのかなと思います。

私も何度も泣いたなあ。今、この歳になって見たらまた感じ方が違うのかな?って思って見ています。

それはともかく、今回の「なつぞら」すごくいいです。
昨日は草刈正雄おじいちゃんと主人公のなっちゃんのやり取りに朝から泣かされました。
今日も松嶋菜々子お母さんとなっちゃんのやり取りに昨日ほどじゃないけど涙出そうでした。

でもなんか、おしんいみたいにひたすら重い感じじゃなくて、とても爽やかで、優しいドラマですね。

まだ見ていないという方にもおすすめです。
私はやっぱり、草刈正雄さんが素敵だな~と思います。
厳しい中にも優しさのある素敵なおじいちゃんです。

今後、なっちゃんのお兄さん役で岡田将生くんも出るし、楽しみです♪
*CommentList

ご案内

プロフィール

まんまるお月

Author:まんまるお月
50代の主婦です。
夫と3人の息子と暮らしています。
趣味はバイクでツーリング(たまに)、キルトがありますが、最近1番ハマっているのはピアノです♪

限定記事についてはブログ上でやり取りをさせていただいている方でしたらパスワード、お気軽にお問い合わせ下さい。

●今レッスン中の曲
 旅のはじめに(ウォン・ウィンツァン)
 栄光の架橋
 ハノン
 ブラームス 間奏曲Op118-2



●今までレッスンした曲
リンクにあります。

●ピアノ歴 
2011年11月からレッスンを受け始めました。
それまではオルガン・おもちゃのようなキーボードなど自分で勝手に遊び半分で鍵盤さわってました。最初はカワイのCA13というデジピで練習していましたが、2014年4月にアップライトピアノを譲っていただきますますピアノ熱が上がっています!

最新記事

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事表示リンク

カレンダー

03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

FC2カウンター